ピクシブ百科事典

高岩成二

たかいわせいじ

JAEに所属するスーツアクター。
目次[非表示]

略歴

1968年11月3日生まれ。

16歳、真田広之に憧れてJAC(現在のJAE)の養成所に入所。高校卒業後所属となる。
養成所時代から、後楽園ゆうえんちのアトラクションでヒーローを演じたのち、1992年恐竜戦隊ジュウレンジャードラゴンレンジャー役で、TV本編のメインキャラのスーツアクターを本格的に担当。

1994年忍者戦隊カクレンジャー」でスーパー戦隊シリーズ戦隊レッドを初めて担当。メタルヒーローシリーズでのヒーロー担当を経て、1998年の「星獣戦隊ギンガマン」から3作続けて戦隊レッドを担当。

そして2001年の「仮面ライダーアギト」以降、「仮面ライダー響鬼」を除く全ての平成ライダーで主役を演じており、ファンからは尊敬を込めて「ミスター平成ライダー」と呼ばれている(「響鬼」が放送された2005年~は「魔法戦隊マジレンジャー」でマジレッドを担当している)。
また、2007年の「仮面ライダー電王」では、電王全フォームに加えてモモタロスのスーツアクターも担当しており、高岩氏はじめイマジンたちのコミカルな演技が、番組が爆発的な人気を得る原動力の1つとなった。

仮面ライダーディケイド」でディケイドが変身したクウガ響鬼を演じた事で名実共に平成ライダーシリーズ全ての主役ライダーを演じた事になった。

仮面ライダーゴーストでは第31話より敵幹部役で顔出し出演。

余談

非常にカッコイイスタイルと卓越した演技力の持ち主で、各作品ごとにきっちりと演技を分けている事で知られている。
デビューから既に20年以上経つがその格好良さは衰えることを知らずむしろ日々進化している。

同じスーツアクターである岡元次郎氏とはライバル役で組むことが多く、彼とのバトルシーンは息のあった緊迫感溢れるものが多い。年代によって高岩氏が悪役、岡元氏がヒーロー役を演じたり、その逆もしかりである。

MOVIE大戦などライダー大集合映画は原則として最新ライダーを演じているとのこと。
ただし例外としてモモタロスはどの状況でも全て高岩さんである。


仮面ライダー電王クライマックスフォーム(通称:てんこ盛り)の演技のせいなのか「2人で1人の仮面ライダー」であるWは当時、開発サイドから「高岩が絶対参加すること」との指定が来たとか・・・

関連項目

スーツアクター JAE 平成ライダー
竹内康博・・・JACの同期。
永徳 岡元次郎
中屋敷哲也 - 元祖「ミスター仮面ライダー」

pixivに投稿された作品 pixivで「高岩成二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123057

コメント