ピクシブ百科事典

高町式交渉術

たかまちしきこうしょうじゅつ

「魔砲少女」高町なのはによる全く新しい交渉術のこと。
目次[非表示]

「高町式交渉術」の定義

管理局の白い魔王」こと「高町なのは一等空尉」が用いる…というか「彼女にしか成し得ない」交渉術である。定義として端的にまとめると以下の通り。
敵対している人物に対し、まずは対話での解決を試みるが、相手が聞いてくれないのでやむを得ず実力行使を行う
この場合の「実力行使」は「素手による暴力(近接格闘)」ではなく「銃火器(使用者の場合はインテリジェントデバイス魔法)などの飛び道具の類」である。
結果的にオーバーキルになっている場合もあるが副次効果もあり、無印では「ライバルだった金髪の魔法少女」と、A'sでは「やたらハンマーを振り回す真紅の騎士」と、StrikerSでは「自称「凡人」のオレンジ髪のツインテールの人」と「信頼関係」を築かせる事に成功している。

ちなみにこの術を使った最初の相手は釘宮ボイスのツンデレクラスメイトである。

「お話し聞かせてほしいだけなのに…」

ただし本編においては、なのははあくまでも対話(本来の意味でのお話し)による解決を望んでいた。
しかし、折角話し合えそうになった時もその都度横槍で妨害されたり(無印)、相手が全く話を聞いてくれなかったり(A's)したため、結果として魔法戦で決着を付けなければならなくなってしまったというのが実態である。
さらに「StrikerS」以降の場合時空管理局正規職員(おまけに幹部)の職務として犯罪者あるいは被疑者である相手と対することになるため、お話しする余地自体がなくなってしまった。

もっといえば「とらいあんぐるハート」におけるなのは(「なのちゃん」)は完全非暴力主義者である。

ついでに付け加えると、先述の成功率50%のネゴシエイターも常に暴力を振るっているわけでなく、相手が話を聞かない輩ばかりなだけである。

関連タグ

なのはさん 魔砲少女
ロジャー・スミス:同じく実力行使に出やすい御仁。しかもこっちはネゴシエイター(交渉人)を生業としている。そして今日も響き渡る、「ビッグオー、ショーターイムっ!!

pixivに投稿された作品 pixivで「高町式交渉術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53449

コメント