ピクシブ百科事典

魔女(魔法少女まどか☆マギカ)

まじょ

『魔法少女まどか☆マギカ』に登場する敵キャラの総称。 
目次[非表示]

※ここから先は本編および外伝作品に対するネタバレが含まれています。

概要

魔法少女まどか☆マギカ』における「魔女」と呼ばれる存在。
タグとしては単に「魔女」を付けられることもある。

祈りから生まれる魔法少女に対し、呪いから生まれる存在。彼女らは異次元に結界を作って閉じこもり、自分たちのやりたい事をやっている。
魔女に目をつけられた一般人は魔女の口づけを受け、自殺や交通事故などへ駆り立てられる。結界に迷い込んだ場合にどうなるかは魔女によって異なるが、いずれにせよ生きては帰れないようだ。

魔法少女は、願いを一つ叶える代わりに魔女と戦う使命を課される。
魔法少女は魔力を使用するか、絶望を感じるたびにソウルジェムが濁っていくので、魔女を倒して得るグリーフシードに穢れを転嫁しなければならない。
それができず、ソウルジェムが濁りきった場合は、過酷な結末が待っている。

外観

Welcome to our Halloween !


デザインは劇団イヌカレーによるもので、一部動きの激しいものを除いて、多くがコラージュを多用した多関節アニメによって作られている。
その多くは人型ではなく、様々なモチーフがキメラ的に組み合わさった異形の姿をしている。
モチーフの多くは女性的であるものの、「魔女」という言葉の持つ(現在とは逆とも言える)本来のイメージ通りの不気味な姿で、怪物や妖怪の類に近い。しかし、公式の魔女図鑑による説明文や劇中の動きなどに、コミカルさや可愛らしさが見て取れる場合もある。

魔女名

魔女は固有の魔女名を持っている。
画面上に登場するときに、独特の魔女文字(通称まどか文字)でテロップが表示される。
女性名であることが多いが、中にはUhrmannのように姓である場合や、Candeloroのように男性名、ワルプルギスの夜のように本名が不明という場合もある。

魔女の名前は独自のルーン文字(魔女文字)で表記されているが、読み方は公式に発表されていない。下記の一覧におけるラテン文字転記は有志の解読による非公式のものである。但し公式設定画像やキャラクター商品の関係で、名前が公表されている魔女もいる。
魔女文字に関してはまどか文字参照されたい。

外伝作品での魔女名

魔法少女おりこ☆マギカ

巻末の魔女図鑑に記載されているが、まどか文字ではなく、カタカナ表記。

魔法少女かずみ☆マギカ

巻によって命名規則がバラバラになっている。

1巻の魔女はコールサイン『プロローグ』という変則的な名前。

2~3巻の魔女は、本編と同様まどか文字表記のドイツ語名。しかし一般名詞であり、他の作品のように人名ではない。
この際ウムラウトは無視され、エスツェットはSSで表現されている。
Pixpedia記事では、ウムラウトをeで、エスツェットをssで代用し、空白は詰めるものとする。
例えばWeiße KöniginはWeisseKoeniginで記事を作成するものとする。

4巻以降に登場した魔女は5巻でまとめて魔女名が公表された(4~5巻登場の魔女は、「○○の××」という形の日本語名)。
ただし数コマで倒された魔女には名前がついていないものも多い。

魔女一覧

読み方に太字は公式で公開済みの物。
名前はまどか文字のラテン文字転写である(ワルプルギスの夜除く)。

名前読み方(一例)プロフィール(性質・役割など)初登場話
Gertrudゲルトルート薔薇園の魔女。その性質は不信第2話
Charlotteシャルロッテお菓子の魔女。その性質は執着第3話
Suleikaズライカ暗闇の魔女。その性質は妄想未登場
H.N.Elly(Kirsten)ハンドルネーム:エリー(キルステン)ハコの魔女。その性質は憧憬第4話
Giselaギーゼラの魔女。その性質は自由第7話
Elsamariaエルザ・マリアの魔女。その性質は独善第7話
Uhrmannウァマンの魔女。その性質は渇望未登場
Oktavia_Von_Seckendorffオクタヴィア・フォン・ゼッケンドルフ人魚の魔女。その性質は恋慕第8話
Isabelイザベル芸術家の魔女。その性質は虚栄第10話
Patriciaパトリツィア委員長の魔女。その性質は傍観第10話
Kriemhild_Gretchenクリームヒルト・グレートヒェン救済の魔女。その性質は慈悲 第10話
Robertaロベルタ鳥かごの魔女。その性質は憤怒第10話
?????(Walpurgisnacht)(ヴァルプルギスナハト)舞台装置の魔女。その性質は無力第1話
Homulillyホムリリィくるみ割りの魔女。その性質は自己完結劇場版(新編)


この他にも第8話グリーフシードのみ登場している「オランダの魔女」がいる。

外伝作品の魔女

魔法少女かずみ☆マギカ魔法少女おりこ☆マギカ・ドラマCDなど、本編に登場しない魔女たちはここに掲載する。
名前が不明なものも多いが、その場合は名前に代わるものを括弧書きで表記する。

名前読み方(一例)プロフィール(性質・役割など)初登場話
(不明)-牛の魔女ドラマCD Vol.3、TDS
(不明)-蛸の魔女ドラマCD Vol.3
Paola Bonaパオラ・ボナゴムの魔女。その性質はエントロピー弾性CM82限定ドラマCD・前売券付属カード
ローザシャーン-玩具の魔女おりこ
シズル-趣の魔女おりこ
バージニア-鎧の魔女おりこ
ステーシー-猫の魔女おりこ
(MARGOT)(マーゴット)(呉キリカが変異した個体)おりこ
コールサイン『プロローグ』--かずみ
Nie Blühen Herzenニー・ブリューエン・ヘルツェン(開花することのない心)属性は自己否定。弱点は薬毒かずみ
Arzt Kochenアルツト・コッヒェン(料理する医者)属性は献身。弱点は必要とされない事かずみ
Weiße Königinヴァイッセ・ケーニギン(白の女王)弾丸の魔女。かずみ
Hungrige Pumpeフングリッヒ・プンペ(腹ぺこポンプ)古代の海の魔女。かずみ
(不明)-(和紗ミチルが変異した個体)かずみ
なきむしの鎧なきむしのよろい性質は臆病かずみ
あすなろの昴あすなろのすばる性質は姉妹愛かずみ
双頭の邪翼そうとうのじゃよく性質は豪奢かずみ
ヒュアデスの暁ひゅあですのあかつき性質は破滅かずみ
Albertineアルベルティーネ落書きの魔女。その性質は無知ポータブル
Itzliイツトリ忘却の魔女。その性質は復讐ポータブル
Quitterieキトリーの魔女。その性質は敬愛ポータブル
Candeloroキャンデロロおめかしの魔女。その性質はご招待ポータブル
Opheliaオフィーリア武旦の魔女。その性質は自棄ポータブル
Homulillyホムリリィ此岸の魔女。ポータブル
(不明)-(教会を襲った魔女)TDS
(不明)-(冷気を操る魔女)TDS
(不明)-(扉と扉の間を行き来する魔女)TDS
姉妹の魔女・姉-ピンクッションの魔女。TDS
姉妹の魔女・妹-ピンの魔女。TDS
裁縫の魔女--Mobage(29話)
春の魔女--Mobage(30話)
キリンの魔女-去っていった恋人を想い続ける少女は、この街で彼との再会を願ったMobage(31話)
鳥になりたい魔女-叶わない夢を無心で追い続けた少女の成れの果てMobage(34話)
カエルの魔女--Mobage(38話)
セルの魔女--Mobage(40話)
歌姫の魔女--Mobage(42話)
夢の魔女--Mobage(44話)

魔女の結界

魔女たちが異空間に創りだした根城。彼女らにとっては自己実現の場であるとともに、魔法少女達から身を守るバリケードでもある。

こちらも劇団イヌカレーによるコラージュ作画で、魔女を象徴するモチーフが乱雑に置かれた空間となっている。これらのオブジェクトは魔女が現実世界から拾い集めたものが多く、それを空間内で自分好みに作り替えるという。

結界内は大きく分けて二重構造となっている。外側はできた場所の物体がイヌカレー作画になった状態でそのまま置かれており、内側は魔女の性質を表すオブジェクトで満たされている場合が多い。
また、Oktavia von Seckendorffの結界を見る限り、生まれてばかりの魔女は内側の結界を持たず、外側の結界だけのようだが、時間とともに魔女の心象風景が投影されていくようである。

空間内にはまどか文字が多く書かれるが、英語ドイツ語ラテン語日本語も多く、場合によっては現実世界の文字とまどか文字が混淆している場合もある。一般に、結界の深部に行くほどまどか文字率が高くなるようだ。

魔法少女は魔女の結界の場所を察知し、入り口をこじ開けることができる。それに対し、一般人は移動した結界にいつの間にか入り込んでいる場合が多い。

公式ガイドブックの資料や初期メモでは結界内は基本球体だったが、結界内の一部のみに使われたのみになっている。

魔女の使い魔

魔女の手下たち。魔女の自己実現をサポートするとともに、魔女を魔法少女達から守る存在。
詳しくは使い魔(魔法少女まどか☆マギカ)参照。

魔女の出自

魔女が生まれる経緯は、現在以下の3通りが示されている。

落ちているグリーフシードが孵化する

穢れを多く吸ったグリーフシードからは、再び魔女が孵化する。
魔法少女が使用したものについては、これを防ぐためキュゥべえが回収する。
劇中では、Charlotteが病院の壁に突き刺さったグリーフシードから誕生していた。

グリーフシードがそのへんに落ちている理由は不明だが、利己的な魔法少女がポイ捨てしてしまう説、キュゥべえが回収したグリーフシードを再びばらまいている説などがある。

使い魔から魔女に成長する

人を多く(佐倉杏子曰く5~6人)喰らった使い魔は、魔女に成長する。この場合、親の魔女と同じ姿になる。
ただし、単独で登場した使い魔はすべて魔法少女によって倒されたため、アニメ本編でこの経緯から生まれた魔女は登場していない。
ゲーム『魔法少女まどか☆マギカポータブル』では成長し、魔女となった使い魔が登場する。

濁りきったソウルジェムから誕生する

絶望や魔力切れによってソウルジェムが濁りきったとき、外殻が砕けて中からグリーフシードが現れる。現れたグリーフシードは直ちに魔女へと孵化する。
この際、大量の感情エネルギーが放出される。これこそがキュゥべえの真の狙いであり、魔女はその結果生み出される産業廃棄物といえる。

一旦魔女になったら元の人格は失われ、親しい者の呼びかけにも応じなくなり、ただ自分の性質を満たそうとするだけの存在になる。
暁美ほむらの言によれば、「ソウルジェム最後の秘密」であり、「魔法少女にとって逃れられない運命」である。

グリーフシードに穢れを転嫁すれば寿命を延ばすことはできるが、やがてグリーフシードが足りなくなって魔力が切れるか、願いの結果が裏目に出て絶望に陥り、魔女になってしまうようだ。

二次創作での扱い

多くは劇中で倒されるだけだが、メルヘンホラーな世界観やよく見れば可愛いと言えなくもない姿から、カルトな魔女ファンも存在する。
魔女図鑑やまどか文字の解析から判明する裏設定があまりにも多いため、その正体について様々な考察が存在している。

個別の魔女についてみると、可愛さと劇中のインパクトからCharlotteがダントツの人気を誇る。次点は本作のラスボスであるワルプルギスの夜。少女の面影を残すH.N.Elly(Kirsten)Patriciaなども比較的人気が高い。

擬人化

(元)魔法少女


人外キャラお約束の擬人化絵であるが、本作には二通りの意味がある。
一つは、他作品と同じく魔女本人を人間風に描いたもの。
もう一つは、魔女に変貌する前の魔法少女の姿を想像したものである。
後者の場合、先代魔法少女タグが同時に付く場合がある。

魔女擬人化絵がどちらであるかを判別するのは難しく、生前予想のつもりで描いたものの擬人化を名乗っている例もある。

嵐のように哀れに愛をこめて
WITCH 10 : KriemhildGretchen


正体が判明しているものについても擬人化風のイラストは存在する。大抵は元の魔法少女に魔女風の衣装を着せたものだが、さらに異形の姿に寄ったものもある。

正体考察

第8話美樹さやかが魔女化したことにより、今までに登場した魔女達も元は魔法少女であったことが判明した。そのため、ファンの間では、彼女の例を元に他の魔女についても"生前"の姿が考察されている。
一部の魔女については本編や外伝作品で魔女化したり、公式ガイドブックやプロダクションノートに生前の様子がメモ書きされたりしている。

なお、使い魔から魔女に成長する例もあるが、その場合は親である魔女と同じ姿に成長する。そのため、魔法少女から誕生した大元の魔女がいることにかわりはない。

魔女化

杏子魔女。
もしマ○さんが魔女化したら


逆に、本編で魔女化しなかった人物の魔女化を描いたイラストもある。
本編ではいわゆる生存組が該当。3人とも強靭な精神を持つが、いずれも魔女化に匹敵する絶望を味わった経験があるため、「あの時魔女化していたら…」という仮定のもとでイラストが描かれる。
外伝作品も同様だが、こちらの場合はそれに加えて「外伝作品の登場人物が、本編で魔女化して登場しているのでは?」という考察も存在する。有名なのは千歳ゆまUhrmannなど。
なお『魔法少女まどか☆マギカポータブル』では本編で魔女化しなかった人物の魔女化を見ることができる。

絵師の魔女化については、【絵師魔女化】を参照。

魔女同士の集合絵

(魔)女子会


劇中の魔女は単独で登場するが、もし交流があったらどうなるか、という仮定で描かれた絵もある。魔女は本人だけ見ればそれなりに楽しくやっているものが多いので、基本的には和気藹々としている。
カップリングというか百合的な絵も少ないながら存在する。多くは、魔法少女時代にすでにカップリング対象になっていたものである。→オフィオククリホム

魔法少女と魔女のカップリングもある。ダントツで多いのは巴マミCharlotteである(マミシャル/シャルマミ)。次点はOktavia von Seckendorff佐倉杏子だが、こちらは正体が美樹さやかであることを踏まえた安定のさやかネタであることが多い。

美樹さやか


元の魔法少女と一緒に描かれている絵も多い。彼女らが背負った業や悲劇をモチーフとしたイラストとなっている。

本編未登場魔女

使い魔のみ登場し、魔女本体が本編に登場していない魔女もいる。
彼女らは名前と解説のみ魔女図鑑に記載されるが、イラスト欄は大きなのみで、公表されない。
そんな未登場魔女を想像して描いたイラストも、少数ながら存在する。
ただし、傾向としては魔女本体よりも、擬人化先代魔法少女姿のもののほうが多い。

なお、SuleikaUhrmannについては、公式ガイドブックでデザインが公表された。
残るAlbertineはガイドブックにもプロダクションノートにも掲載されていないが、『魔法少女まどか☆マギカポータブル』にて新規描き下ろしで登場した。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔女 悪堕ち まどか文字
魔女図鑑 先代魔法少女 魔女化
使い魔(魔法少女まどか☆マギカ)
【絵師魔女化】
WITCHES_COLLECTION いとしのエリー

関連リンク

魔女図鑑(公式サイト)

以下、叛逆の物語のネタバレ注意














ネタバレ

再編後の世界での魔女

本編の最終話で鹿目まどか「全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい」と願ったことで世界が再構築され、ソウルジェムが濁りきった魔法少女はアルティメットまどかに導かれ、円環の理の一部になることになった。

再編後の世界では円環の理は認識されないため、見た目上この世界に魔女は存在しない。
しかし、円環の理になった魔法少女は魔女化した時の記憶を取り戻すらしく、世界に干渉できないものの魔女と魔法少女の姿を切り替えたり魔女体を召喚したりすることができる。また、使い魔は魔法少女時にもつき従う。

これまでは魔女の真名は魔女文字のテロップ解読から行われていたが、叛逆の物語では「魔女は真名を語らない」という設定が追加される。Charlotteは巴マミから別の名前で呼ばれている。

魔女化直前のソウルジェム浄化はまどかが手動で行っているため、まどかが認識できない空間にソウルジェムを封印すれば、魔女化させることが可能である。
そのことに気づいたキュゥべえは、ある人物を実験台にするが…?

悪魔による再再編後の世界では、救済後の魔法少女の一部が再編に巻き込まれて円環の理から切り離されたことで魔女の力を奪われ、普通の魔法少女に戻ってしまう。
とある魔法少女は魔法少女であった頃の記憶を失うと共に魔法少女ではなくなってしまい、とある魔法少女はそれでも魔女体を召喚しようとしたが記憶が消えるに伴って魔女体が消失したような演出が存在する。
それは戦力を失ってしまうということだが、同時に世界からの消滅はなかったことになり、その世界の友達と普通に過ごすことができるという複雑な状況である。

pixivに投稿された作品 pixivで「魔女(魔法少女まどか☆マギカ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 867590

コメント