ピクシブ百科事典

魔法少女アイ参

ごらんのありさまだよ

魔法少女アイ参とは魔法少女アイシリーズの第三作である。                              クソゲーオブザイヤーinエロゲー板2008年大賞受賞作でもある。
目次[非表示]

2008年12月19日にミルキーレーベルより発売された18禁ゲームらしき何かであり
魔法少女凌辱ものとしては名作である魔法少女アイシリーズの第三作である。

発売までの経緯

数年前にcolorsの業績悪化などから魔法少女アイシリーズの権利が
colorsからミルキーレーベルに移ったこともあり
多くのシリーズファンからは3はどうなるのか、という不安が多かったが
流石に同ブランドを代表する作品ということもあってか
colorsの開発スタッフをミルキーレーベルに移籍させてでも開発しようという意向があったようである。

この作品そのものは2004年に既に発表はされていたのだが
発売近くまで情報が一切無かったことからファンの間には不安が広がっていた。
そんな中で発売日が決定しファンも一先ず安心をしていたようである。この時点までは……。

ごらんの有様だよ!

しかしながらフラゲをした人柱から情報が入ると
期待していたファンは絶望に陥りお葬式状態になることとなった。
そのフラゲ情報の一例が以下の通りである。

  1. エロシーンが真っ暗でありCGがない
  2. それどころか前作の使い回しCGもある
  3. 更に性器などの描写さえない
  4. 容量1.5GBと表記されているのにもかかわらず実際は500MB

まず、1~3についてだが確かにストーリー重視のエロゲというものも世の中には存在する。
泣きゲーなどのようにストーリー重視のものであれば
逆にエロシーンは不要、とされる作品もあるほどである。
しかしながら上述のように魔法少女アイシリーズは
魔法少女が敗北触手などで凌辱される、という部分がウリであり
ストーリー<エロシーンという構図であるのは間違い無い作品である。
そんな中でエロCGなし、特に3の「性器描写さえもない」という状況についてはエロゲという根本を覆している、と言っても良い。

また、2は確かに数枚程度であれば問題無いかも知れない手法であるが
元々CG枚数が少ない中で使い回しがされている、というのは
ユーザーからして馬鹿にしていると言わざるを得ないだろう。
多くのプレイヤーはセリフももちろんだがイラストで興奮すると考えれば
猶更使い回しが多いのは許されないといえる。

4については若干の容量の水増しというのはエロゲであればよく行われる事である。
とはいえ、実際にエロCGが明らかに少ないというのは容量が少ないという以前の問題であり
前述した内容すべてと合わせて購入ユーザーのニーズにそぐわないと言えるだろう。
時期はズレるが2013~14年時点でのネット上のエロゲユーザーコミュニティ(エロゲ版クソゲーオブザイヤー)によれば、
この価格帯の標準的なCG枚数は差分を除いて約80枚であり、同40枚程度の作品がその少なさで批判を受けている。
対して本作は使い回し含め10数枚とされている。

これらの惨状にも関わらず値段は9240円というフルプライス。
そんな中パッケージ裏に書かれていたフレーズの一つ「ごらんの有様だよ!」というのが
作品の出来の悪さを自虐するかのように書かれており、ネット上でネタにされることとなり
ゆっくりAAに「ごらんの有様だよ!」と言わせているもの等が出てくる事となった。

そして発売日には早速大幅な値崩れを起こす店も登場、
また中古ショップでは発売日にもかかわらず買取不可という店も登場する始末となった。

この事態に公式ホームページパッチの製作が発表されたが
30分もしないうちに告知ページが消滅、再び告知されたがまた消滅と
多くのファンが混乱に陥れられる事となった。

結局アペンドディスクという形で発送される事が決定したが
そもそもアペンドディスクでもほとんどシーン追加がなされずむしろシーンが消える有様であり、
結局アペンドディスクを含めても過去の栄光を取り戻す程の出来にはならなかったと言えるだろう。

そのことからネットでは魔法少女アイ参の参を惨と改変して魔法少女アイ惨と呼ぶ事もある。

余談

余談だがOVAも製作された。
こちらは評価はそれ程高いわけではないがゲームと比べれば断然評価は良い。

関連タグ

colors 魔法少女アイ ごらんの有様だよ!
加賀野愛  メグ 触手 クソゲーオブザイヤー

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法少女アイ参」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7578

コメント