ピクシブ百科事典

魔王と下僕の物語

まおうとげぼくのものがたり

魔王と下僕の物語とは、現在pixiv上で第6話まで公開されている、マサオ氏作の、はわわ~な物語である。先の展開等をたまに2~3択にて読者に問うという特殊な手法を取っている。  可愛すぎる――故に残酷すぎる物語。
目次[非表示]


↑彼女が、魔王アリシアール(後述)



登場人物・魔物側


魔王アリシアール

 デスタワーの100階にいるという魔王。
 人間の襲来を心待ちにしているのだが、一度も人間に会った事も見た事もない。
 日々暇を持て余し、ベクトル達を巻き込みのほほんとした平和な日常を過ごしている。
 ちなみに、非常に弱い。
 巨乳でワガママだが基本的に素直で部下の信頼も厚い。プリン大好き。

ベクトル

 魔王アリシアールの下僕。魔王の前では、
 はわわーとしているが、実は99階に君臨する最強の魔物。
 99階まで到達した人間をすべて抹殺してきた。
 なお、過去の戦いの末期に、同族に舌を抜かれ喉を潰されているため
 喋る事と魔法の使用が出来ない。
 心底魔王が好き。

ジョージ

 デスタワーに住むスライム。プリンのような形状の体躯をしている。
 戦闘モードはイケメン。過去にベクトルと一戦交えた。
 何気に絵が巧い。
 栗の花のニオイがする変態紳士。

登場人物・人類側


勇者オルレアン

 クリスタルタワーに眠る勇者。
 100年に一度世界が闇に包まれる度に世界を救ってきた。
 しかし、何度も人工的に復活されられたため精神が崩壊している。
 どうやら復活後の活動時間に限界があり、其れが過ぎると消滅する。

エリオット・チェスター

 勇者のママ(♂)。
 勇者に付き従う今代の四戦士の長にして青の騎士。

リルア・チェンバース

 過去の代の勇者復活時に立ち会い、その後も付き従った魔法使いの少女。
 (四戦士の一人だったかどうかは不明)
 既に人とは言えない存在となっていた勇者に対し恐れるでもなく
 自然に接していた明るい少女。
 自称、大魔法使い(に成る予定)。
 当時の大戦に於いてオルレアンの腕の中で戦死している。
 4・5話時にちょっとだけ冥界からネタの為だけに帰還。
 アリシアールに負けず劣らず巨乳。

飛龍王リチャード4世

クリスタルパレスの王。フルネーム:リチャード・フェイリック
先代の四戦士の1人。
森人との混血で、先の大戦後100年の間デスタワーの封印を守っていたが
第6話にて壮絶な悶死を遂げデスタワーの封印は解かれてしまった。
有る意味この物語で最も悲惨な死に様の人。
 

関連リンク

マサオ

pixivに投稿された作品 pixivで「魔王と下僕の物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1412247

コメント