ピクシブ百科事典

魔界大帝フェルナンデス

まかいたいていふぇるなんです

魔界大帝フェルナンデスとは、サンソフトの格闘ゲーム「わくわく7」のラスボスである。
目次[非表示]

プロフィール

出身アブソリュートデス
身長縦横無尽デス
体重自由自在デス
性別ないデス
年齢忘れたデス
好き暴飲暴食暴力暴言暴動暴発デス
嫌い痛いことデス


概要

英語表記は、Fernandeath。(『デス』の部分が死を表す『death』になっている。)
アブソリュート(絶対的存在)より生まれた漆黒にして異形の悪魔。
わくわくボールを全て集めたプレイヤーの前に現れる最終ボス。身長・体重ともに自由自在で、封印開放時にはビルよりも巨大な姿となり、プレイヤーも妖精の力で巨大化して戦うことになる。封印が解けると黒い稲妻を纏う闇の球体が出現、巨大化してゆくが、本来の姿も球体のまま同心円状の円らな眼、三日月状に裂けた口、球状の手足、小さな蝙蝠の羽根が付いただけである。格闘ゲームの最終ボスの中でも屈指のふざけた外見を持つが、判定が大きい上に全て吹っ飛ばし特性を持つ技の数々や溜め時間のほとんどないハラハラアタックなどは、最終ボスならではの凶悪な威力を誇る。

語尾に常に「デス」を付けて喋り、受け答えも非常にふざけている感がある。システムボイスによるキャラクターコールの際も、必ず「魔界大帝フェルナンデス」と肩書きを付けて呼称される。また、足の裏には肉球が存在し、常に薄笑いを浮かべた口は時として鋭い牙が並ぶ。

ギャラクシーファイトのラスボス、フェルデン・クライスの弟である。
他にフェルバチョフという親戚がいるらしいが、詳細は不明である。

キャラクター独自の特性として「ハラハラアタック、スーパーモードの発生が異常に早い」がある。

なお、同社の前作『ギャラクシーファイト』最終ボス、フェルデン・クライスのプロフィール家族欄には、弟としてフェルナンデスの名前があり、出身地も共にアブソリュートとなっているが、フェルデンは人型を取った炎のような姿で、フェルナンデスとは外見が全く異なる。一方、スラッシュのエンディングでは、殆ど同じ黒い球状の姿で、頭部の装飾(蝙蝠の羽根部分)のみ異なる大量の魔物が現れる。


関連イラスト

絵チャお疲れ様でした!
どう見てもフェルナンデス



関連タグ

わくわく7 格闘ゲーム ラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「魔界大帝フェルナンデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66198

コメント