ピクシブ百科事典

魔界都市

まかいとし

魔界都市とは、菊地秀行作の小説。及び菊池の作品群に登場する《新宿》の通称である。
目次[非表示]

作品としての『魔界都市』

美貌の人捜し屋(マン・サーチャー)、秋せつらを主人公とした怪奇アクション小説。正式表記としては『魔界都市ブルース』が正しいのだが、Pixivのタグとしてはこちらがよく使われる。
せつらの呼び名から通称マン・サーチャー・シリーズとも呼ばれる。短編と長編で出版されている。

あらすじ

繁栄を誇った新都心・新宿は謎の大地震・魔震(デビル・クエイク)に遭ったことが原因で妖獣が棲み、異能の犯罪者集団や暴力団の巣食う『魔界都市《新宿》』へと変貌した。
そこで老舗煎餅屋『秋せんべい店』を営む美青年・秋せつらは、本業の傍ら人捜し屋も経営していた。せつらの指先から妖糸が繰り出される時、彼は悪を断つ"非情の魔人"に変身する。彼が見た『魔界都市』に住む人々とは・・・・

舞台としての『魔界都市』

あらすじに記した魔震(デビル・クエイク)によって壊滅した東京都新宿区が復興した後の呼び名。
数々の怪奇現象と魔術、最新の科学技術が混在する。深い亀裂によって他の地域とは隔離されており、早稲田西新宿四谷の三ヵ所にあるゲートと呼ばれる橋が往来の手段となる。
外部から訪れる観光客は帰りのゲートで禁制品(武器や薬品、呪いの品など)を持ち出していないか厳重にチェックされ、発見されると直ちに没収される。
著者のデビュー作『魔界都市〈新宿〉』が初出。以降、本項の『魔界都市ブルース』をはじめ、菊池作品の複数のシリーズにわたって登場する。

登場人物紹介

秋せつら(あき せつら)

闇の住人


本作の主人公。「影さえも美しい」「再現不可能」とされる絶世の美貌を持つ青年で、四季を問わず黒いコートを着ている。通称漆黒の天使
西新宿の老舗煎餅屋「秋せんべい店」を営む側、副業に人捜し業「秋ディスカバー・マン(DSM)センター」を営んでいる。
武器は細さ1,000分の1ミクロンのチタン合金製の糸で、通称:妖糸(ようし)
『僕』『私』の人格を持つ二重人格者。

ドクター・メフィスト

〈魔界医師〉――ドクター・メフィスト


旧新宿区役所跡に建設された「メフィスト病院」の院長で通称魔界医師。白衣の代わりなのか常に白いケープを着用している。
せつら同様美貌の持ち主である(本作ではせつらが天使の美貌ならメフィストは神の美貌と称されている)が、敵に対して性格は冷酷そのものなのでしばしば白い悪魔と称される。
せつらとは旧知の仲であり『依頼』に度々協力しているが、間接的に敵対する事もある。
彼を主人公とする外伝小説『魔界医師シリーズ』もある。漫画化作品が月刊コミックジーンにて隔月連載された。

夜香(やこう)

夜香


戸山住宅にある吸血鬼達の長。年少時から倫敦に留学していたが、中国系の吸血鬼である。
背中に蝙蝠の翼を持ち空を飛ぶ事ができ、人のそれとは違う「気」(鬼気)を打ち込んでダメージを与える「魔気功」の技を操る。通称青の貴公子
せつら、メフィストと共に《新宿》を(事実上)統べる「三魔人」の1人。
外伝小説では屍とコンビを組んでいる。

屍刑四郎(かばね けいしろう)
凍らせ屋(スパイン・チラー)の異名を持つ新宿署の刑事。ドレッドヘア、刀の鍔の眼帯、花柄のコートという風体をしている。
改造拳銃「ドラム」と古武術「ジルガ」を操る。実力は三魔人に次ぐとされる。
彼を主役とする『凍らせ屋シリーズ』がある。

外谷良子(とや よしこ)
〈新宿〉一のネットワークを持つ「ぶうぶうパラダイス」を経営する情報屋。
知らないことはないと言われる。50貫(200キロ)とかなりのデブ

ガレーン・ヌーレンブルグ
高田馬場の魔法街に住むチェコ随一(世界随一)の魔法使い。高田馬場魔法街の指導者的存在。
ある事件でせつらを庇い、死亡。

トンブ・ヌーレンブルグ
姉であるガレーンを頼って新宿へと訪れる魔法使い。自称「チェコ随二(世界随二)の魔法使い」
姉が亡くなった後は魔法街にそのまま住み着く。外谷に負けず劣らずのデブ

人形娘
ガレーン・ヌーレンブルグが作り上げたアンティークドール風のオートマトン(自動人形)。
製作者に似てやや潔癖のきらいがある。せつらを慕っている。

大鴉
ガレーン・ヌーレンブルグによって作り上げられたエーテル体のカラス。
人語を解し、常に人形娘と行動を共にする。

関連タグ

菊地秀行 新宿 ホラー アクション SF

pixivに投稿された作品 pixivで「魔界都市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51845

コメント