ピクシブ百科事典

ちん

中国の伝承に登場する猛毒の妖鳥。

ぬらりひょんの孫』の登場人物は別ページで解説。⇒鴆(ぬら孫)

概要

緑色の羽毛と真っ赤な嘴を持つ妖鳥。大きさはサギほどで姿はやサギ、キジフクロウなどの鳥類に似ていると言われ、定説は無い。

オスを特に「雲日」(うんじつ)、メスを「陰諧」(いんかい)と呼ぶ事もある。

毒蛇や砂子虫など毒のある生き物を好んで食す。
肉は勿論、骨や羽毛に至るまで全身に猛毒を持っている。その威力は鴆が飛んだ跡は作物が全て枯死し、獲物を咥えれば唾液に含まれる毒で獲物が溶け、排泄物が石にかかれば石が砕け散る程で、口に含めば五臓六腑が爛れて死に至る。
その毒気のあまりの威力から毒の代名詞とされ、「鴆殺」と言えば毒殺、「鴆を市する」と言えば毒物の闇取引、「鴆杯」と言えば毒を自ら呷る事を指した。
毒羽を酒に浸す等の形で、暗殺に利用されることもあったという。

ちなみに、ニューギニア島で羽毛に毒を持つ、ピトフーイという鳥が発見され、ピトフーイがモデルなのでは?と考えられている。

pixivに投稿された作品 pixivで「鴆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 532808

コメント