ピクシブ百科事典

鴇羽巧海

ときはたくみ

鴇羽巧海とは、アニメ『舞-HiME』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:高橋裕吾
1-J組在籍。13歳。
鴇羽舞衣の弟。小さい頃に母親を亡くしてからは、常に舞衣に守られてきた。心臓に持病を持ち、そのため舞衣に負担をかけていることに引け目を感じていた。
舞衣と離れて寮で暮らすようになってからは、少しずつ舞衣から自立しようとすると同時に舞衣の優しさを重荷に感じるようになる。

寮ではと同室。晶が忍者の家系であることや、男装しているなどの彼女の事情を知るようになって距離が縮まっていき、また晶の「巧海に生きていてほしい」という想いを知りそれを受け止め、生きたいと思い始める。
だが20話で石上紫子の策略によって晶が脱落することとなり、晶の大切な人になっていた巧海は消滅してしまう。この時のお姉ちゃんの怒りを知ったら彼はどう思うだろうか・・・。
最終回で無事復活し、手術を受けるため晶と共にアメリカへ渡航。DVDの特典映像では晶と共に船の上にいることから、無事手術は成功した様子。

舞-乙HiME

東方のジパング国将軍家の嫡男「鴇羽巧海頭忠頼(ときは たくみのかみ ただより)」として、護衛役の晶と共に登場。
先天性の胃弱を患っており1日3回の薬の服用が欠かせない。
マシロの見合い相手としてヴィントブルームへ来訪、ただしヴィントブルームの現状を知るために晶に影武者を頼み、自身は正体を隠して街の散策に出た。
偶然にもマシロも見合いを逃げ出していて偶然出会い散策するが、マシロの政策に関しては苦言を呈しており「この国の女王はやるべきことがある」とマシロに告げている。
マシロは巧海に惹かれるも、晶とのディープキス(ただ薬を口移ししただけ)を見て玉砕している。
行方知れずとなった姉・舞衣を捜していて、失踪原因となった乙HiME制度を良く思っていない。
アルタイのヴィント侵略時はエアリーズに協力し、資材を提供している。
戦後は舞衣と再会し、ヴィントブルームの式典来賓席で並んで座っている。

両作品共に晶とのカップリングが人気で、公式人気投票では2作品共に静留&なつきに次ぐ第2位にランクインしている。末永くお幸せに!
2013年6月現在、キャラデザイン担当の久行氏の公式サイトのトップページにて、高等部に上がった二人のイラストが見られる。
http://www.dendoh.com/

関連タグ

舞-HiME 舞-乙HiME 病弱
鴇羽舞衣 尾久崎晶

pixivに投稿された作品 pixivで「鴇羽巧海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52266

コメント