ピクシブ百科事典

鴨川源二

かもがわげんじ

鴨川源二とは、「はじめの一歩」のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:内海賢二飯塚昭三(アニメ版)、宮野真守(戦後編)
CV:辻村真人(ドラマCD版)

1917年1月15日生まれ / A型

日本チャンピオンを擁する鴨川ボクシングジム会長。
頑固一徹に根性論や精神論を説きながらも、科学的根拠に基づいたボクシング理論の的確な指導により、幕之内一歩鷹村守の素質を見抜き、数多くの優秀なボクサーを育て上げた。70歳をとうに過ぎて尚、その秘めたセンスと実力は錆びついていない。試合ではセコンドをつとめており、カットマンとしても超一流の技術を持っている。

短気で怒りっぽい”頑固ジジィ”ではあるが、人一倍人情に厚く義理堅い男である。物事を客観的に見ようと心がける真摯な人物であり、選手に無理をさせないボクシングを心がけている。

口では根性論を唱えつつも、実際の指導は科学的で理に適っている所はマイク・タイソンを育て上げた名トレーナーであるカス・ダマトに通じるものがある。

ボクサー歴

ボクシングがまだ日本では拳闘であった頃から熱心にボクシングを研究するバンタム級のボクサーだったが、運悪く第二次世界大戦で徴兵されたためボクサーとしての盛りを逸してしまう。
終戦後は既に二十代後半でありボクサーとしては下り坂であったが、それでもボクシングの第一線で粘り続けた。アメリカンスタイルを取り入れた近代的なボクシングを武器としており、技巧派のアウトボクサーである。
親友猫田銀八の選手生命を奪ったラルフ・アンダーソンとのマッチで辛勝するも拳を壊してしまい、程なく一線からは退いたようである。
得意技は対アンダーソン戦のために拳を鍛え上げて生み出した強固な”鉄拳”であるが、しこたま拳を痛める諸刃の剣であり、先述の通りアンダーソン戦にて拳を粉砕骨折する結果と成ってしまった。当時の医療技術では拳を完全に治すことは出来なかったため、これが鴨川の選手人生に終止符を打つことと成った。

なお、上述の形で現役ボクサーとしては一線を退いたものの、トレーナーになり鴨川ジムを立ち上げてからもボクサーとしての鍛錬は怠っておらず、一歩が東日本新人王のタイトルを獲得してからの飲み会で鷹村と喧嘩になった際も(若干酒が入っていたとはいえ)あの鷹村のパンチをキッチリ回避した上でカウンターパンチを叩き込み、一歩・鷹村・青木・木村を連れて猫田のペンションに合宿に行った際は、ほんの数瞬だが現役である弟子たちが絶句するような拳の応酬を猫田と繰り広げ(どちらの件も『70過ぎの老人がする動きじゃない』と評されている)、一歩の新型デンプシーロールをミット打ちで受けてみた後は、新型デンプシーの変幻自在さと威力に自分がトレーナーとして万全に対応できるように、一人で猫田のペンションに赴き山篭りを行っている。

関連タグ

はじめの一歩 戦後編 浜団吉
八木晴彦 篠田 青木勝 木村達也 板垣学


丹下段平

pixivに投稿された作品 pixivで「鴨川源二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58182

コメント