ピクシブ百科事典

鵺野鳴介

ぬえのめいすけ

「地獄先生ぬ~べ~」の主人公、ぬ~べ~の本名。
目次[非表示]

「俺の生徒に手を出すな!!」
CV置鮎龍太郎、実写ドラマキャスト:丸山隆平

概要

年齢25歳。
童守小学校5年3組の担任教師。『ぬ〜べ〜』は主に5年3組の生徒たちからの愛称であり、ほかの教師からは普通に「先生」や「鵺野先生」と呼ばれている。(あえて「先生」と呼ぶ人たちもいる)

普段はおおらかな熱血教師だが、その正体は人の世に巣くう魑魅魍魎から子供たちを護る霊能力教師であり、生徒たちに危機が迫れば命をかけて守り通す"正義の人"である。

外見

ぼさぼさの髪に特徴的な生え方をしたゲジマユ、顔はけっこう男前だが普段は温厚で滅多に怒りの表情を見せることはない。ただし凄んだり真剣になると強面になり、本気で怒れば怖い。(テストで0点とりまくりの広に対し「もっと真面目に叱って」と響子に言われた際には鬼の如き怒りの表情を見せかけている)
服装はワイシャツに黒いスーツ(ほぼこれだけ)、そして左手に黒い手袋を常につけている。
ワイシャツは腕まくりしていることが多い。

性格

普段は温厚で気さく。真面目だがユーモアもあり、なにより子供たちをはじめ、弱い者の立場になって物事を考えられる優しさと正義感を持つ。正義感も強いがゆえに頑固になりやすくもあるが、最終的には様々な事に気づいて納得する柔軟さと自身の考え方の過ちを改める誠実さも持ち合わせている。
真面目なときはイイ男なのだが、ドジをかなり踏んで三枚目なことをしていることが多い。
欠点としては優柔不断なこととスケベなこと。特に自身の女子問題などでは、優しさゆえに相手を傷つけまいとして優柔不断になり、余計にあたふたとしていまうことが多い。

能力

霊能力

非常に強力な霊能力をその身に宿す。
霊感知、霊視、経文や術具による攻撃、更には密教や修験道の様々な奥義の修得など、並の霊能力者を凌駕する霊力量と資質を兼ね備える。ピンチになると、通常以上の強力な霊力を発揮する。

少年期は高い霊能力をコントロールできず頻繁に霊障にかかっていたため、学校でも迫害されて孤立しており、孤独な幼少期を送ってきた。
自分と同じ境遇を経験してきた恩師・美奈子先生の支えで心を捻じ曲げることなく真っ直ぐに成長し、自分を悪霊から守って命を落とした彼女の遺志を継いで「子供を守る霊能力教師」を志すようになった。

ちなみに、連載初期は、除霊の腕前は普段は30%程度の実力だが、生徒が有事に見舞われた際には常に100%の力を発揮するという設定になっていた。
連載が進むに連れて子供以外にも守るべき対象が広がっていったこともあってか、比較的速い段階でその設定は消滅し、腕利きの霊能者というキャラクター像が確立していった。

鬼の手

鵺野先生



ぬ~べ~の代名詞ともいうべき最終兵器。
過去におこなった除霊で対峙した地獄の鬼をその左手に封じており、自身の霊能力だけでは対処できない強敵が出現した場合に、その封印を一時的に解放する。(鬼の力の一部のみで、鬼そのものの封印を解いてしまうわけではない)
形状は自身の手より一回り大きく、筋肉の繊維ような紋様と腱のような筋が走っており、爪は濃いシアン(もしく緑)である。

その威力は凄まじく、たとえどれほどの妖怪であろうと、ほぼ一撃で消滅させることができ、よほど堅牢な外殻や神クラスの相手でないかぎりは確実なダメージを負わせることが可能である。

こうした攻撃面以外にも、相手の記憶を読み取る人間同士の記憶や思いを伝え合うという応用が可能。妖怪などの霊的な存在に霊力を分け与え、彼らの傷や体力を癒すこともできる。

ただ、それ自体は悪しき力を持つ鬼そのものであり、当人の霊力が落ちて封印が緩くなり、何かしらの原因で鬼の力が強まると、暴走して肉体を浸食しはじめる

一方でそれを利用して攻撃力や霊力を強化もでき、無限界時空が除霊に手間取った悪霊をわざと憑依させ部分的に力を解放させ吹き飛ばす荒業を見せた。他にも左手に封印した鬼、覇鬼の弟、絶鬼に完全に追い詰められた際には、わざと肉体を完全に浸食させ、精神力の強さで鬼の意識を支配し、肉体を乗っ取って逆転勝利を掴むなど、まさに彼にとって諸刃の刃とも最終奥義とも言える武器である。

また、玉藻によれば、戦いの際に度々発露するぬーべーの霊能力の上昇は「人々を命を懸けても守り通す」というぬーべーの強い意思と精神力が鬼の手の妖力を霊能力に変換することで発生する現象であるという。
(ただし、鬼の手がまだなかった時代にも、霊能力の上昇を発生させている描写があるため、ぬーべー自身の意思の強さこそがその源となっているのだろう)

その後、覇鬼が残酷だが情に厚く人間味のある憎めない性格だったことに加え、ある事情から敗北を認めて二度と人を殺さないことを誓ったことで、原作の終盤では封印の必要がなくなった。

本来の左手は鬼を封じたときの除霊の際に食らった強烈な一撃でぶっ飛んで喪失している。(アニメ版では健在)
普段つけている黒手袋はこの異形の手を隠すためのもの。
鬼の手は霊体であるため常人には手首から先だけが見えず、封印を解く事で実体化し誰にでも視認できる状態になる。

運動神経

前述の霊能力や鬼の手に比べると、話題にあがらないが運動神経が抜群に良い。鉄棒ではトカチェフを決めるほどで、スキーの腕前はプロ級。水泳では強い相手と戦いたいと願う水泳選手の霊と自分を高校生レベルに落とした生霊を戦わせて勝利するなど、とにかくスポーツがダメな描写は全く無い。

その他

貧乏

ぬ〜べ〜といえば"貧乏"というほど、幼少期から貧乏(両親がいた頃はまだマシな方だったが…)。
社会人となってからも変わらず、主な原因は事件解決後に生徒たちラーメンちゃんぽんをおごるクセがあるため。他にも鎮魂碑の建立などといった除霊のアフターケアも実費であるため、貯金の残高が3000円というのも珍しくない。ついでにパチンコも好きなので、興遊費として浪費することも少なくない。

ようするに金銭面がかなり無計画なのである。
服装が常にワイシャツと黒のスーツなのはこの貧乏が原因(ただし、ブキミちゃんの回では大量の手袋とワイシャツを干している描写がある)であり、主食は基本的に安くて腹にたまるということでカップラーメンがほとんどである。

ただし、パチンコに関しては、基本的に必要最低限の生活物資を確保するためで、必要以上に儲ける事はしていない。
霊能力で人助けをする際も完全なボランティアであり、人助けを理由に金銭を要求したことは一切ない。これは同じ霊能力者である父との確執が大きく影響している。

ものすごい機械オンチ


どれくらいかというと、

自動車はハンドル握って1分持たずに事故る

家庭用ゲームの格ゲー開始1秒で自分から場外K.O.

RPGでもフィールドでまともに前にも進めないなど…。

描写としては少ないものの、本人も嫌というほど自覚はしているようである。
原作三年後の九州赴任時には、何とか携帯電話を使えている模様(ただしヒビをテープで補修したりしている)。

モテない

外見は男前だが全然モテない。
これについて当初は読者側からの批判もあった(ぬ~べ~は一貫して作品の読者人気をほぼ一身に受けていた)が、作者曰く「幽霊の話ばかりするのでモテない」という解説がなされた。
事実、女子をデートに誘おうとしたりするシーンでは、大抵ろくな口説き方をしていない。
ついでに、デリカシーもあまりない。

ただしオカルト話に動じない女子や妖怪には人気があり、ゆきめ、速魚、まみなど何気に数々な女子を虜にしている。
また日常生活では律子のハートを射ようと彼女を口説こうする鳴介だが、オカルトや怪談話ばかりをして彼女を怖がらせ、彼女の豊満な胸と尻を締まりがない顔で覗いたり、彼女の前でドジをかなり踏んで三枚目なことをやらかすなどの振る舞いから決定的に嫌われていた。
その後、妖怪に襲われた彼女を救ったことでようやく見直され、遅まきながら恋心を寄せられるようになるが、最終的にゆきめとゴールインしている。

家族への憧れ

ぬ〜べ〜を語る上でもう一つ重要になるのが、家族愛への憧れであろう。
鵺野一家は貧乏ながら幸福な家庭で、父親もぬ〜べ〜と同様にやさしく有能な霊能力者であった。

しかし、あるとき妻が病気を患ってしまい、一切金を要求しないと言う善意が皮肉にも仇となり治療費に困窮してしまう。お金を少しでも貸して貰えるよう今まで手助けしてきた人々に頭を下げたものの、手のひらを返すように冷たくあしらわれ、妻を救うことはならなかった。
結果、妻の死後、父親は家を出奔。ぬ〜べ〜は幼くして孤独な身の上となってしまった。
高額な除霊費を請求する金の亡者と化してしまった父とは長い間仲違いしており、ゆきめをめぐる騒動の最中にようやく和解できたが、直後に死別してしまう。

こうした経験から、表には滅多に出さないものの、家族への憧れは人一倍強い傾向にある。
そして文庫版書き下ろしの後日談で、憧れていた家族愛に恵まれた生活をしている(経済面はゆきめがアイスクリーム販売事業で成功したおかげで解決)ことが明かされた

その後

葉月いずなを主人公にしたスピンオフ作品『霊媒師いずな』で登場(物語上は原作終了から3年後)。最初は原作内エピソード「まくら返し」同様に重傷を負った姿でいたが、いずなが過去を変えることに成功した事で原作同様に九州に転任。未だに九州に居続けている。
玉藻との通話において、ヒビの入った携帯電話(ガラケー)を使っていた。

また、グランドジャンプPREMIUMに連載される原作最終回から十数年後を描いた『地獄先生ぬ~べ~NEO』においては童守小近辺にいるようで、新任教師となった稲葉郷子と共に悪霊・妖怪が起こす騒動に立ち向かっていく。

外部出演

「ジャンプアルティメットスターズ」に出演。サポートのみ。
2コマでは白衣観音経による「白衣霊縛呪」で行動不能+必殺魂減少。
3コマでは「鬼の手」による攻撃でダメージ+必殺魂2減少。
作品の関係で掛け合いなどは無い。
恐山アンナと隣接させると補正がかかる。「すごいな キミは霊に好かれているようだね」

後に「Jスターズビクトリーバーサス」にプレイアブルキャラとして出演。
性能としては相手を拘束し、スタミナを奪う術に長けたサポートキャラ。鉄壁の防御技を持つためノーリスクで突撃する事が可能であり、一部キャラはこれだけで完封できてしまうほどに防御力が高い。
反面リーチが短く火力も低い。超必殺技もさほど強くないため、中間距離からけん制しつつじっくり戦うことが求められる。

Jアドベンチャーでは中盤に現れ、主人公の船に強引に乗りつけて除霊をしようとする。
最初こそ誤解されて敵対するものの、後に主人公の仲間二人が悪霊に取り憑かれぬ~べ~と共に脱出。
イベントアイテムを回収した後は取り付かれた悪霊を除霊する為に操られた仲間を倒し、鬼の手で悪霊を両断。
主人公に仲間になる事を薦められるが、「生徒達を放っておけない」とその場で別れる。
ちなみにぬ~べ~と同席している期間中にしか見られないマップ上の会話もある。キャストが同じトリコからはおごってもらう約束をしたり。

戦闘前の掛け合いでは事情は違えども同じ教師である殺せんせーに共感され、スケット団とはバトルに関する授業を始めようとしたり、アラレを座敷わらしと勘違いしたり。
桐崎千棘には内面の美しさが大事だと教授し、山田太郎を人の身でも欲深で妖怪になるのだろうなとしみじみしたり、両さんを「策を弄するヤロー」と断じたり。
ネウロとは味方時と敵対時の二通りの掛け合いが用意されている。

関連タグ

少年ジャンプ
地獄先生ぬ~べ~
主人公 霊能力者 鬼の手
陽神明

pixivに投稿された作品 pixivで「鵺野鳴介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1421988

コメント