ピクシブ百科事典

黄妃己

こうひめか

東方宝天京5面ボスキャラクター
目次[非表示]

「ふん、そんな足の痛いカンフーなんざしないよ!」

概要


黄妃己(こう ひめか:日本名)は、東方宝天京の登場人物である。
宝天京では「媛禍」と名乗っているが、これは天音によって力の性質を歪められたからである。

出現位置は宝天京では5面ボス。また、戦闘になると地が出て話し方も違う。
服装が宝天と杏旻座では大幅に違う。

阿天みねるとの出会いが原因で、東方杏旻座へと繋がる事になる。

もう少し詳しい設定


東方宝天京でのヒメカ


ステージ5B


『八卦の封印』


(遺跡内部・石窟深部)


   道中曲:アカデミア・トークン



○5面ボスB 片翼の太歳
  黄 媛禍(こう ひめか)
  Kou Himeka
  黄 妃己(こう ひめか) 中国名:黄 妲己(だっき)
  Kou Himeka :fon Dakki


種族:太歳星君(元種族:九頭雉鶏精(きゅうとうちけいせい))
能力:示す方向に災いを発生する程度の能力
     占星術を操る程度の能力(主に月星座と風水64八卦)


幻奏曲:計都羅業の祝殷 ~ Taisui Xingjun.

万華に仕える妖怪仙人。
天使の様な羽を片方だけ持つが、これは戦争の時にちぎれた為。


宝天以降のヒメカ


 「吉凶方向の社」
 (天界のオアシス)

 
 道中曲:アカデミア・ルナダンストークン
 
  
 
 ○片翼の占星風水士
  黄 妃己(こう ひめか) 中国名:黄 妲己(だっき)
  Kou Himeka :fon Dakki

  種族:九頭雉鶏精(きゅうとうちけいせい):元人間
  能力:占星術の力を使える程度の能力(主に月星座と風水64八卦)

  幻想曲:守護月天フライデー ~ シックスフォーライン

  宝天京では万華の従者をしていた占い師。
  今回は、禍々しい力がなくなったので名前が元に戻った。
  その代わり、天音に占いの力が強化されており、普通の妖怪では倒せない。

  九頭雉鶏精(きゅうとうちけいせい)が今の彼女の種族であるが
  片翼しかないため、時間退行能力はない。
  ダッキと呼ばれるのを嫌がっているため、日本名でいるが悪女ではない。


スペルカード


東方宝天京


怒業「黄甲逝嵐」E/N
怒劫「鬼門封じ・焔」H/L
災符「兵乱の陣」E/N
災符「万物の墓」H/L
吉凶「方位循環」E/N
吉凶「方位凶星」H/L
風水「クローズドパスト」E/N
風水「閉鎖空間」H/L
八卦「ラウンドエクステンション」E/N
八卦「ラウンドインフィニティ」H
八卦衆「天の冥王星」L

その他


風水「刀北西の鎗」E/N
風水「星難淨の風」H/L
八卦「明星ストライク」E/N
八卦「ラウンドセッション」H/L
月星座方角「双子と蟹の奏曲」E/N
太陽星座表「丑と射突の擬装」H/L
64八卦方角「八将神の導き」(全難易度共通)

能力設定


宝天京での能力


示す方向に災いを発生する程度の能力とは、主に地形に対する災いであるが、天音によって八将神の力を無理やり注ぎ込まれているので、人体にも影響がある。

宝天京以後での能力


占星術の力を使える程度の能力とは、その運気を自分が使えるようになる能力。
ただし運気は直ぐ変動してしまうので毎日の能力の力差が激しい。
宝天での異変?で天音による能力修正&強化を施されており、並大抵の妖怪では倒せないようになった。
これについて、元々戦士として生きてきたヒメカにとっては良いことらしい。
僅かにだが、九頭雉鶏精(きゅうとうちけいせい)の力も残っており、今まで神殿が崩れなかったのも、種族的な影響である。

実はこの翅、いつでも復活できるのだが・・・それをしないのは元の体主である「ヒメカ」との約束である。

背景設定的な話。



 彼女は主人である万華と共に眠りについたが、能力のおかげで
軍事戦争後でも自分達が住む神殿が崩れる事はなかった。

数百年経った頃、自身の能力を掻い潜って神殿に来る存在を感知。
そこに行ってみると、万華が傷だらけで倒れていた。
どうやら、人間に攻撃されたらしい。
彼女は、万華を助けようと、ある神様に頼んでみた。それが盤古だった。
最古の神である盤古は万華の傷を修復する代わりに、彼女にある条件を出す。

それは、太歳になる事だった。
万華が決してなってはならないと誓ったものであった。
しかし万華を助ける為仕方なく太歳天翅になる事を容認した。

計都と羅睺の力を持つ事になったが、災厄等は起こさずに
この遺跡から妖気だけを放出した。


全ては、盤古を倒すために。

杏旻座での背景設定


能力を強化された彼女は、占い士としてゆっくりだが回復を始めていた。
その時、とある神と出会い、その神の友人がプラネタリウムを建てたいと言う。
占星術師に興味があったヒメカだが、とりあえず風水で何処に立てれば良いか占ってみた。
プラネタリウムが視れる場所として最高の場所=全天を示す六十四卦だったが、そのあと画面が真っ黒になり占いが不可能となってしまう。
(恐らく異変の予報だったからであろう)

その後の夏、自分が言ったとおり「庵閔座」という座が建てられ、異変を起こしている事を王貴人也から聞き、反省の意味をこめて異変解決に行くのであった。
その途中、同じく異変で困っていた(方向音痴で迷っていた)鉱社に出会い、共に異変解決に向かう。


関連タグ


東方オリジナル 東方宝天京 東方杏旻座

コメント