ピクシブ百科事典

黄昏のオード

たそがれのおーど

1996年にトンキンハウスがPSで発売したゲーム。

たそがれ-の-おーど【黄昏のオード】


1996年にトンキンハウスからPSで発売したゲーム。
ジャンル名はシンフォニックRPG。
「歌魔法自動作曲システム」という、主人公が使う歌魔法の歌詞をプレイヤーが作り、
その主人公が歌詞の通りに声を出して歌うという斬新なシステムが搭載されているのが特徴。
しかし、エンカウント率が高い、戦闘時の仲間の行動がイカれている、
オープニングムービーが酷すぎる(主人公の顔が怖い、大して荒れてないような海で舟が転覆する)
取ってつけたようなシナリオの流れ(舟が転覆した理由を根拠もないのにラスボスのせいにするなど)
エフェクトが少ない、BGMが単調、敵も味方も通常攻撃がミスりやすいetc...
そして一番の売りであるはずの歌魔法の音声が、あまりにも(邪)神懸ったものであったために、
クソゲーを超えた「比類なき神ゲー」と称えられる怪作である。
なお、このゲームのプレイヤーは悪の手先と呼ばれる。

(RPG大辞典倉庫LV.4(仮) より)

関連語

悪の手先

pixivに投稿された作品 pixivで「黄昏のオード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3912

コメント