ピクシブ百科事典

黄梅院

おうばいいん

黄梅院(天文12年(1543年) - 永禄12年6月17日(1569年7月30日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。
目次[非表示]

概要

武田信玄と正室である三条の方(三条夫人)の長女で、北条氏政の正室。武田義信は同母兄、武田勝頼は異母弟。

生涯

甲斐国の生まれ。今川家・武田家・後北条家の甲相駿三国同盟のために、天文23年(1554年)12月、12歳で北条氏康の嫡男・氏政の元に嫁ぐ。その輿入れ行列は、一万人ものお供の者が付き従い、大変豪華であったと伝えられている。また、信玄は彼女のために弘治3年(1557年)の11月には、安産の神である「富士御室浅間神社」に安産祈願をしており、子煩悩であったことが覗える。

弘治元年(1555年)に男子(名前不明、夭折)、その翌年末に女子を産む。永禄5年(1562年)に、嫡男氏直を出産し、8年に氏房、その後直重、直定を産むなど夫婦仲は良好で、彼女の生涯は順調かと思われた。しかし、永禄11年(1568年)12月13日、父の信玄の駿河国進攻により三国同盟は破綻(兄・義信はこの過程で信玄に廃嫡される)。信玄の駿河侵攻に激怒した氏康は黄梅院を甲斐に送り返した。その際氏政からは堪忍分として16貫文余を与えられている。

夫・氏政と離縁し、しばらくは鬱々とした日々を送っていたと思われるが、甲府の大泉寺の安之玄穏住職を導師に、出家したとも言われる。そして永禄12年(1569年)6月17日、27歳で死去した。

戦国大戦において

両親である信玄・三条夫人と同様に、武田家の武将として「1570 魔王上洛す」から参戦。
ゲーム上では、『器の小さい男ね』(計略使用時)や、『こんなもの?残念だわ』(虎口攻め成功時)という台詞から気の強いイメージが取れる。

スペックは、コスト1 武力1/統率4(Ver1.1x「魔王上洛す」までは武力2/統率3)の槍足軽で、特技は「魅力」。
母親同様、武田のコスト1帯を支える一人である。

持ち計略である「挑発」は、範囲内に居る敵軍を、「黄梅院に向かって誘導させる」ように仕向けられる。
恭雲院とはまた違った方向性で敵軍の超絶強化をいなしたり、行ってほしくない方向(自城や大筒)に敵軍が向かうのを防ぐのに一役買ってくれる。

「器の小さい男は、お呼びじゃないの」

pixivに投稿された作品 pixivで「黄梅院」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23494

コメント