ピクシブ百科事典

黒夜海鳥

くろよるうみどり

とある魔術の禁書目録のキャラクター。
目次[非表示]

概要


絹旗と同じく『暗闇の五月計画』の被験者となった少女。
学園都市の暗部『新入生』の一人。

浜面を脅したり、能力を使ったりするときなどは一方通行と同じく
小さい母音と『ン』がカタカナになる。

年齢は十二歳。大能力者(レベル4)。

初登場時は一方通行や浜面仕上相手に強力な能力を振るい
フレメアを攫った後に残虐に殺そうとするなど、相当な悪役だった。
一方通行と浜面に加えて、駆けつけた上条当麻によって打ちのめされた後は、番外個体のイタズラのメインターゲットとなり、一転、かわいそうな悪役になっている。(詳しくは後述)

能力と機械化

彼女の能力は『窒素爆槍(ボンバーランス)』。
絹旗と同じく窒素を操る能力だが、彼女のそれと違うのは
『窒素を撃ち出せる』という点。

その威力は強力なもので、人間がまともに食らおうものならひとたまりもない。

そしてさらに凶悪なのは能力だけではなく
彼女自身が『サイボーグ化』されているということ。
正確には自ら望んでしたらしいので、されたではなく『した』かもしれない。

通常、人の手は二つしかないので、この能力で撃ち出せる窒素の槍も
同時で二つしかないということになるが
外付けで『腕』を追加することによって、大量に槍を撃ちだせるようになる。

ただし、一方通行たちに敗れてからは『腕』は全て没収されてしまったため
彼女は現状、かなり弱体化している。
それでも戦力としては十分すぎるのだが。

そしてこんなことになった

前述のように彼女自身が自らをサイボーグ化させたのはパワーアップが目的だった。
しかし、上条当麻に敗れた後、風呂場で上条に外付けのパーツに『ネコミミ』があるという事実を知られてしまい、こんなことになった。

なに想像してンだよ!!
黒夜ちゃん×浜面×番外


サイボーグ化した上にネコミミがアタッチメントのパーツとして存在したことをネタにした番外個体に『クロにゃん』などと呼ばれて(悪い意味で)可愛がられ、
最終的に番外個体の弄り方が、あまりにもあんまりだったために泣き出してしまったりと
現状、あまりいい扱いを受けていないかわいそうな悪役になっている。

・・・ある意味ではパワーアップと言える。
しかし、ベクトル違いで「強くなる」ではなく「かわいくなった」。
いや、この場合、「かわいそうになった」というべきか。
どっち?

pixivに投稿された作品 pixivで「黒夜海鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255534

コメント