ピクシブ百科事典

黒柳亮

くろやなぎりょう

黒柳亮とは、『焼きたて!!ジャぱん』の登場人物。

概要

CV:子安武人

松代健の元弟子で、「パンタジア」本店勤務。血液型AB型。大学飛び卒の24歳。
輝かしい業績を持ったエリートであるが、性格はとても自己中心的かつ非情で非常識。

自らが評価するに値しないと感じたパンはゴミの様に扱ったり、気に入らない人物に対してはまさに悪魔のように冷酷になる。
「カス」や「クズ」などと平気で言い切るなど、パンに関係する事柄に関しては一切の容赦も妥協もしない。一方、これこそはと認めたものは素直に賞賛し褒め称えるなど見る目は確かであり、その評価はあくまでも公明正大。

ハーバード大学出身の秀才科学者で19歳で卒業した。職人としての腕もあり、留学中や帰国後もパン作りの公式戦ではパンタジア新人戦まで100連勝を誇っていたが、パンタジア入社後、松代との勝負に敗れて挫折。後に松代に弟子入りするが、弟子入り初日にして松代のパンの分量を0.1g単位で、発酵時間・焼き時間を秒単位で見抜いてしまった。

松代は黒柳をパン職人ではなくプロの味覚審査員にしたくなり、黒柳自身も職人兼科学者より審査員兼科学者の方が向いているのではないかと考え、合格者10人に1人と言われる程取得が難しい味覚審査員の資格の取得に踏み切り、パン職人対決の審判を務める。

ジャッジの際のリアクションに命をかける等、情熱を入れ込む方向を完全に間違えており、彼がどんなリアクションをするのかが、本作の見所の一つである。モナコカップの際は、その役割をピエロ・ボルネーゼに奪われ、欲求不満気味だった。

リアクションが激しすぎて死にそうになろうとも、うまいパンを食べたいがために命を懸けるという常人離れした思考を持つという、ある意味究極の独善家で、松代からは「パンの亡者」とまで評された。

パンタジアが乗っ取られた後は、サンピエールのオーナー・霧崎雄一の勧めでパンタジアを退職し、フリーの味覚評論家に転じ、「焼きたて!! 25」(アニメ版では「焼きたて!! 9」)の司会兼審査員を務める。

現在24歳と若いのだが、老人以上に豊富な知識と説教臭い所やグチる事が多い等から年齢以上の年増に見られることが多い。
しかし、それを言われると本人が悪いにもかかわらず異常なまでに怒り、パンタジア本店採用試験では和馬から「おっちゃん」と呼ばれただけで彼のスコアを2減点にするというエゴイスト振りを見せる。

河内からは「黒やん」、からは「先輩」と呼ばれる。

人に対して極めて厳しく、本店採用試験ではデブ・不細工・汗臭いなど清潔感が欠如しているという理由で採用希望者を失格にしたことがある(アニメ版では鼻毛が出ている、出川哲朗であるから、等)。

何度も遅刻する和馬に対しては、初めは減点などの処置をとっていたが、途中であきらめたようである(だが八つ当たりで発散する)。

原作漫画においての黒柳
富士の樹海で東達の突破口を開くためヒューパンを食べ、自らもヒューパンと化すが、食への飽くなき欲求からそのままヒューパン達を食らい続けた。
魔王が消滅した後も、ヒューパンの体が都合がいいという理由で人間に戻らなかった。
その後は全世界の美味い物を探す旅に出て、世界各地でリアクションをとり続けている。

関連タグ

焼きたて!!ジャぱん

堂島銀:アニメ版での声優と、劇中での役回りが共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「黒柳亮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5559

コメント