ピクシブ百科事典

黒河内夢路

くろこうちゆめじ

サムライスピリッツシリーズの登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

■生年月日:明和五年(1768年)六月二十二日
■出身地:江戸
■身長:五尺七寸
■体重:十一貫目
■血ノ型:AB型
■武器銘:自作・無銘
■流派:神夢想一刀流
■好きなもの:南蛮菓
■嫌いなもの:だんご
■コンプレックス:……妄りに語ることではありません
■尊敬する人:兇國日輪守我旺様
■剣の道について:一度、手を血に染めれば最期まで……
■特技:直立の姿勢で眠れる
■平和を感じるとき:刀を置き、茶の湯に興じているとき
■好みのタイプ:全てを受けいれてくれる包容力のある人物
■CV:斎賀みつき

概要

橘右京の師、黒河内左近の子。
右京などと共に剣術を教わり、徐々にその才能を発揮するが、15歳の時に身体的な問題で父の怒りに触れ、家を追われる。3年後、兇國日輪守我旺に心酔して臣下となり、以来我旺のためにますらお探しに東奔西走していた。
『天下一剣客伝』では一介の剣客として幻術を封印した上で御前試合に参加する。
『零』の羅刹丸のエンディングでは、覇王丸の姿に変身して羅刹丸の首を刎ねた。このため羅刹丸からは私怨を抱かれている。
流派の神夢想一刀流、父親の黒河内左近はそれぞれともに実在したものであるが、夢路自身はあくまで架空の人物である。
その声や容姿(さらに父親に勘当された理由)からして女性とも思えるが、プロフィールの関係および『零』のストーリーにも掲載されている生い立ちなどからして、性別不詳となっている(スタッフは「皆様のご想像通りです」と女性とも取れる発言をしている)。

関連タグ

サムライスピリッツ

pixivに投稿された作品 pixivで「黒河内夢路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112432

コメント