ピクシブ百科事典

黒田官兵衛(戦国無双)

くろだかんべえ

ゲーム『戦国無双』シリ-ズの登場キャラクター。
目次[非表示]

※ 史実における黒田官兵衛孝高についてはコチラを参照。

概要

CV:高塚正也
武器:妖気球+鬼の手

戦国無双3』からプレイアブルキャラクターとして登場。
豊臣秀吉に仕える軍師

史実上で豊臣秀吉自身が自分にとって代わるかもしれないという恐れたイメージと、関ヶ原の戦いの際に九州地方で不穏な動きをした…などの、野心家のイメージとが合わさってデザインされている。

その為ストーリーモードでは他人にとっては狡猾的に映り、周囲に不信感を植え付けている。
特に関ヶ原の戦い終結後には加藤清正の反感を買っている。
そんな彼の人間性は竹中半兵衛とのやり取りのみで垣間見ることが出来る。

性格

天下泰平の為に邁進するが、人間的な情や倫理的観念は薄く、その手段は問わないなど力こそすべてと考える。
その為なら主君である豊臣秀吉をも利用して、切り捨てる事も出来る感性を持ち合わせている一方で、
史実や他社のゲームの当人のような天下への野心はなく、『3』のEDでは死を目前にして「自身もまた、天下泰平を脅かす火種の1つだった」と呟きながら息を引き取った。

また「自分が死ねばまた代わりを立てるのであろう」と話す秀吉に対し、「死なれては困る」と答えたり、清正らの不満を自身が引き受ければ主である秀吉は恨まれずに済むと考えている旨を病床の半兵衛に語ったりと、豊臣家ではなく秀吉個人の人柄に対しては好感を持っていた様子。

4』では新たに小早川隆景が参戦したため、竹中半兵衛の他に彼とのやりとりもシナリオの主になっている。性格面でも後半は僅かながら変化があり、先立った友人たちの影響を受けてかかなり丸くなった描写が見られるようになった。

外見

黒田官兵衛


史実において頭部に大きな痣があったという説に倣い、顔の左半分に醜い瘡を患っている。
髪は短く、メッシュのように部分的な白髪が目立つ。
肌は血の気が引いたように色白で、目元はクマで黒く変色している。
その不気味な容貌から周囲からは畏怖され、たちからはからかわれ、主君の妻からは食生活を心配され、異世界の病人には「お迎えが来た」と勘違いされたりしている。

衣装は、史実の官兵衛がキリシタン大名であったことを意識してか、クリスチャンのローブのような黒い僧衣を着用している。

なお『戦国無双4』では初回購入特典DLCとして、発売当時に放送されていたNHK大河ドラマ軍師官兵衛』とのコラボ衣装が配布された。

バトルスタイル

自身が直接相手を攻撃することはせず、禍々しい妖気を放つ水晶玉を使い、妖気球や亜空間から呼び出した鬼の手を使用したエキセントリックな戦い方をする。妖気球はチャージによってその個数を増やすことが出来、数の分だけ攻撃の威力が上昇する。

余談

OROCHIシリーズを含め、軍師・謀略家といった人物と交流を深めているが、半兵衛や元就のような面倒くさがりに手を焼いており、彼らがサボろうとすると「駄目だ、働け。」ときっぱりと断言する流れがお約束となっており、その保護者っぷりから「おかんべえ」と呼ばれることも。

また、鬼の手を使うことから某漫画の主人公との関連性が指摘され、「地獄軍師かんべ~」とネタにされる例も極稀に存在する。

その他として『銀河英雄伝説』のパウル・フォン・オーベルシュタインとの共通点を見出すファンも多い(本作での毛利元就がヤン・ウェンリーをモデルにしていることも影響しているが)。

一般武将時代

木材の余りで天梯車を作らせておきましたぞ」(戦国無双2)
CV 高塚正也(2) 武器 刀(1)、槍(2)、薙刀(2empires)

1作目から登場していて、1では石川五右衛門の無双演武で五右衛門が徳川家康を倒すと世が再び戦国乱世になると予想し撤退するという野心的な一面を見せた。
2では小田原西側の攻城戦で穴太衆を呼んで余った木材で天梯車を作るのを見て天梯車のおっさんと覚えた人もいたとかいないとか…

関連イラスト

はんべかんべ
【お礼絵】三軍師


官兵衛殿とねこ
スーパーカンベエタイム


関連タグ 

戦国無双シリーズ 戦国無双3 戦国無双4 無双
両兵衛 三軍師
竹中半兵衛 毛利元就 小早川隆景
おかんべえ ご隠居

派生関係ツリー

史実戦国無双ポケナガ

pixivに投稿された作品 pixivで「黒田官兵衛(戦国無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46736

コメント