ピクシブ百科事典

黒羽盗一

くろばとういち

黒羽盗一は『まじっく快斗』の主人公・黒羽快斗の父親である。
目次[非表示]

概要

CV:池田秀一

世界的有名な天才マジシャンで、「東洋の魔術師」と謳われていた。

妻は黒羽千影、息子は黒羽快斗。師匠は、世界的マジシャンのジェームス・ホッパー。

弟子に工藤有希子シャロン・ヴィンヤードベルモット)がおり、変装術を教えていた。初代怪盗キッドで、キッドとして工藤優作と対決し、互いにライバルと認めていた。

10代の頃から世界中を飛び回り、弱冠20歳でFISM(マジック協会国際連合)でグランプリを獲得するほどの腕前だった。しかし、8年前のマジックの最中に亡くなる。不慮の事故死とされているが、実際は伝説のビックジュエル・パンドラを狙う組織によって殺害された。

黒の組織との関連説

以下の理由から、一部のファン達の間では、生存している上に、名探偵コナンの敵役である「黒の組織」のボス「あの方」の正体ではないかと囁かれている。

  • 黒羽」という苗字が、黒の組織を象徴する鳥類である『カラス=黒い羽』を連想させる。ちなみに組織が使う専用着信音もカラスを題材とした『七つの子』である。
  • 黒の組織が、死者の蘇生や不老不死に関する研究を行っている可能性があり、盗一の追っていた宝石のパンドラにも、不老不死に関する秘密が隠されていた。
  • 変装術の弟子の一人であるシャロン・ヴィンヤードが、黒の組織のメンバーになっている上に、「あの方」からは特別扱いされている。その正体が師である盗一だとすれば、特別扱いされても不自然ではない。

現在、黒の組織の正式名称は「公表するとボスの正体がばれる」という理由から判明しておらず、黒羽盗一がボスであった場合、正式名称はおそらく「クローバー」であるとされている。

関連項目

まじっく快斗 初代怪盗キッド 黒羽快斗 黒羽千影 怪盗キッド 名探偵コナン

pixivに投稿された作品 pixivで「黒羽盗一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 552969

コメント