ピクシブ百科事典

黒電話

くろでんわ

昭和期に大活躍したダイヤル式電話。日本における代表的なレトロアイテム。
目次[非表示]

概要

昭和の家庭によく置いてあった、ダイヤルを回す方式の電話

当初、電話は国による専売事業(逓信省→電気通信省→(郵政省傘下)電信電話公社)だったため、国によって制式化された電話機だけが使用可能だった。

日本で電話機が普及し始めた頃、(当時としては)高性能普及型電話機として、アメリカのAT&T社のデザインを真似て設計・採用された「3号自動式電話機」「3号共電式電話機」が以降、制式電話機の雛形になった。これの塗装が黒だったため、一般に家庭用制式電話機が「黒電話」と呼ばれるようになった。(もっとも、今の基準で言ったら真似たというよりも、パクリと捉えられるかもしれない。当時の日本は、現在よりも商標権に関する意識が低かったのでこれは仕方がない)
その後、下膨れの4号電話機をはさんでシェイプアップしたような600形、601形で単機能電話機としての完成を見る

しかし1985年、電気通信事業の民営化が行われると、端末自由化によって電話機は末端ユーザーの財産であることが前提へと180度変わり、「電話加入時に送ってもらうもの」から「家電店で購入するもの」になった。
その結果、電話機は煩雑なダイヤル式から(制式化電話でもすでに存在した)プッシュホン式が定石になり、留守番電話コードレスホンファックスなどが一体化した多機能電話機が一般化していく。

黒電話として有名な機体のうち、3号はちょうど戦時期をはさんでいるため、制式化相当とされたメーカーの私物電話機が送り込まれていたり、木製だったり、敗戦後の復興期にアメリカから送ってもらったものがあったりする。アメリカから送ってもらったものとはつまり3号のモチーフのAT&T用電話機に日本のダイヤルを取り付けたものということになる。

最も普及した600形とそのマイナーチェンジ版の601形は形こそほぼ同じものの、呼び鈴の音は明らかに違う音になっている(呼び鈴部の機構は600形(まで)がお椀形の鋳物ベル、601形はドアチャイム同様の鳴動板形ベルになっている)。

なお黒電話は使えなくなるということはない。「黒電話が使えなくなる」と言ってくる悪質な詐欺行為も存在するので要注意。通話機能さえあればいいのなら黒電話でも問題ない。ただし新規レンタル契約は打ち切られているので欲しければネットオークションなど中古機を探すか、継続レンタルされている電話機を見つけて譲ってもらうしかない。

現在の電話機は携帯電話に普及に伴って通話の機能を軽視しているものが多い(自身の送話器の音が受話器に流れ込む側音防止機能が弱いことが多い)ので、通話をメインに考えているなら黒電話のほうが高性能なことも。

国内に流通しているIP電話端末のほとんどがダイヤルパルスにも対応しているので、黒電話があるのならIP電話機として活用すると快適かもしれない。

最近では、操作が単純で簡単なこと、耐久性が高く頑丈なこと、災害時においても使えることなどから、その価値が見直されつつある。東日本大震災後の計画停電において黒電話が活躍したことも話題になった(電話線から供給される電力を利用しているため、災害時の停電下でも問題なく機能する)。逆に、現在の携帯やスマホなどは災害時の停電に弱いとされている。
いざというときに役立つ辺り、アナログの底力を見せたと言える。

利便性以外にも、その独特なレトロデザイン、強く印象に残るベルの音に魅せられる人も少なくなく、「昭和のレトロアイテム」としての人気も根付き始めている。

なお、近年では公共の施設などにおける電話のロゴマークとして、黒電話がモチーフとなることが多い。

関連画像

そうじゃない
昭和のお姉さん(^O^)
茶グノム
勤労感謝の日



関連タグ

電話 家電 携帯電話 スマートフォン

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「黒電話」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1131434

コメント