ピクシブ百科事典

龍虎王

りゅうこおう

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルロボット。
目次[非表示]

概要

初出はスーパーロボット大戦α
古代中国の遺跡から発掘された超機人の一種。龍王機虎王機が合体した姿。
「的殺の彼方より来る羅喉神(Gods of calamity)と戦うこと」を使命としている。
発掘時には機能の大半を失っており、機能の欠陥部分をグルンガスト参式で補っている。 そのためコクピットは参式の仕様のままで、「T-LINKシステム」もそのまま使用可能。
中国戦国時代に発掘され、改修時にラ・ギアスの練金学士との接触によって練金学の技術も導入されたとされる(ただし第2次α以降のシリーズではその設定は用いられていない)。
合体の掛け声は「必神火帝、天魔降伏、龍虎合体(虎龍合体)」。

自律思考回路により自らの意思を持っており、その性格は理知的で穏やか。しかし、喉元の「逆鱗」装甲に攻撃を受けると、我を忘れるほど怒り狂う。
空中・水中での戦いを得意とし、法術による遠距離攻撃を得意とするが、最大の攻撃は「龍王破山剣」による剣戟。

α・OGにおいてはグルンガスト参式のパーツを取り込んでいるため、形式番号と一部武装が同じ。
第2次スーパーロボット大戦αでは最終決戦の地であるバラルの園が崩壊する中、クスハとブリットを脱出させてその機体は消滅するが、続く第3次スーパーロボット大戦αにおいて雀武王雀王機武王機)のパーツを取り込んだ真・龍虎王となった。

パイロット

メイン:クスハ・ミズハ龍王機パイロット)
サブ:ブルックリン・ラックフィールド虎王機パイロット)

※αでは主人公全員が後継機として乗る為、彼らがパイロットを務めた。
クスハ専用機になったのは、第2次α以降。
また、漫画「龍虎王伝奇」ではリシュウ・トウゴウの祖先、稲郷隆馬がパイロットを務めた。

スペック

分類:四神超機人
形式番号:SRG-03D(αシリーズ)
全長:49.9m
重量:158.0t
動力:永久機関「五行器」
補助MMI:T-LINKシステム
装甲:護符
所属:ロンド・ベル隊→αナンバーズ(αシリーズ)、テスラ・ライヒ研究所預かり(OGシリーズ)

武装

スケイル・バルカン
ラスタバン・ビーム
ドラゴン・ナックル
龍王破山剣

マウンテン・プレッシャー(龍王移山法)
マグマ・ヴァサール(龍王炎符水)
爆雷符(龍王爆雷符、雷撃の術)

必殺技

龍王破山剣・逆鱗断
龍王破山剣・天魔降伏斬

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦α 龍虎王伝奇
クスハ・ミズハ
真・龍虎王 虎龍王 龍王機 虎王機 超機人
グルンガスト参式

pixivに投稿された作品 pixivで「龍虎王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26960

コメント