ピクシブ百科事典

105系

ひゃくごけい

105系とは、日本国有鉄道が製造した地方線区向け直流通勤型電車である。
目次[非表示]

概要

地方の電化線区で運用されていた旧形国電を置き換える目的で1981年に登場。
大都市圏の通勤型電車の標準形式であった103系をベースに、1M方式を採用するなど短編成を組めるように設計された。
新規製造の3扉車0番台、103系1000番台改造の4扉車500番台(クハ103→クハ105については0番台)と2つのグループに大別される。

JR化後

分割民営化後は仙石線に投入された改造車4両以外の全車がJR西日本に継承された。
JR東日本に継承された4両は引き続き仙石線で活躍していたが、1998年に廃車。
その後訓練車に改造されるも2008年には完全に消滅している。

JR西日本車は延命工事(改造車)や体質改善工事(新造車)などが施行されており、いつしか改造車は自身を置き換えた203系よりも長生きしている。
しかし、広島地区運用の車両に関しては227系の大量投入による置き換え対象となり、2016年3月のダイヤ改正で4扉車は運用を離脱し廃車された。

運用線区と配属車両基地(2014年8月現在)


関連タグ

鉄道 電車 末期色
103系1500番台 107系:似たような顔。
119系:近郊形バリエーション。

:「私の恋人は105系」

鉄道模型

pixivに投稿された作品 pixivで「105系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26845

コメント