ピクシブ百科事典

14番目の標的

じゅうよんばんめのたーげっと

『名探偵コナン 14番目の標的』は劇場版名探偵コナンの第2作目。1998年4月18日公開。
目次[非表示]

概要

『名探偵コナン 14番目の標的』は1998年4月18日に公開された日本のアニメ映画で劇場版名探偵コナンシリーズの第2作目。配給は東宝。カラー、ワイド、ドルビーデジタル。上映時間は99分。

本作は、ヒロインの毛利蘭と父親の毛利小五郎が中心に展開している作品である。

また、レギュラーキャラクター目暮警部白鳥刑事の本名が初めて判明している。
(目暮十三)・(白鳥任郎)
その他、小五郎の射撃技術が初めて判明するなど多くの謎が分かっている。

ストーリー

湖のほとりで、母の英理を見つける毛利蘭。思わず駆け寄ろうとする蘭だが、英理は大声で蘭を止める。どこからともなく銃声が聞こえたかと思うと、英理が地面に倒れこんでしまう。そんな夢の中から焦るように抜け出した蘭は不安になり、英理に電話をかける。それを笑う英理だが、蘭が「夢で見た母は今より少し若く見えた」ということを伝えると、なぜか英理は表情を曇らせる。

一方、江戸川コナンは少年探偵団とともに航空博物館に向かうことになり、阿笠博士を待つ間、歩美は占いのゲーム機でコナンとの恋を占うが、表示された結果は「Aの予感」。古い隠語で"A"はキスを意味する。

1週間後、公園をジョギングしていた目暮警部が何者かにボウガンで狙撃される。現場には西洋の短剣らしきものが残されていた。その後、今度は英理がチョコレートを食べた途端に苦しみだし倒れるが、すぐに胃の洗浄をしたため命に別状はなかった。そして今度は事務所の郵便受けに紙製の花が入っていた。阿笠博士の家で、今回の事件について考えるコナンだが、突然、玄関のガラスが割れ、外を見に行った阿笠博はバイクに乗った何者かにボウガンで狙撃される。コナンは犯人を追うが寸前のところで逃げられてしまい、現場からは剣のようなものが発見された。

コナンは、数々の遺留品がトランプの絵札に関連していること、そして犯行の数々がコナンや小五郎を取り巻く人物を狙ったものだということを突き止める。一方で目暮警部も、犯人は仮出所したばかりの村上丈であることを突き止めていた。帰りの車中、コナンと蘭は白鳥刑事から、村上丈の取り調べの際トラブルが起きて、小五郎が英理を拳銃で打ったという事実を語られる。

目暮警部は、「十」のつく弘樹に事件のことを知らせ忠告するが、辻はヘリコプターのフライトをやめようとしない。小郎と目暮警部も同乗することを条件にフライトに許可を出し、コナンも潜入に成功する。その後、飛び立ってまもなく辻が目の不調を訴え墜落の危機を迎えるが、コナンの助けを借りて不時着を決行し惨事を免れた。

次に狙われるのは「八」のつく人物ということで、ソムリエの沢木公平を尋ねたコナン一行。沢木はこれから海洋娯楽施設「アクアクリスタル」に行くのだと語り、コナンたちはそこで「九」のつく勝義の名前を目にする。そして、コナンたちも「アクアクリスタル」に向かうことになり、到着後、そこで同じく招待されていた小山内奈々科稔、戸永明、ピーター・フォードと会することになる。しかし彼らもまた名前に数字を持っていた。

ゲストキャラクター

名前声優職業
村上丈鈴木英一郎元トランプ賭博のディーラー
科稔鈴置洋孝料理エッセイスト
ピーター・フォーアンディ・ホリフィールドニュースキャスター
小山内奈々岡本麻弥人気モデル
戸永明内海賢二カメラマン
沢木中尾隆聖ソムリエ
勝義なしアクアクリスタル・オーナー
弘樹谷口節プロゴルファー


関連項目

名探偵コナン 毛利小五郎 沢木公平 宍戸永明 ピーター・フォード 劇場版名探偵コナン

pixivに投稿された作品 pixivで「14番目の標的」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28715

コメント