ピクシブ百科事典

17歳教

じゅうななさいきょう

17歳教とは、声優・井上喜久子を教祖とする新興宗教・・・らしきモノである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 声優・井上喜久子を代表とする声優業界の任意団体。
  2. ライトノベル『俺のかーちゃんが17歳になった』に登場する架空の宗教団体。

実際の17歳教

宗教ではなくギルド(組合)らしい。入ると、実年齢に関係なく「永遠の17歳」と名乗ることができる。
「○○○○、17歳です」のように、名前のすぐ後に「17歳」を続ける場合が多い(聞き手側は「おいおい」と軽くツッコんだり、「そうですね~」と軽く流すのが、お約束である)。
また出身地を「(○○(出身都道府県の)の)お花畑」とすることが可能となる。

代表(教祖)は声優の井上喜久子。ちなみに教祖は「井上喜久子、16歳です!」を経て永遠の17歳になったという。
田村ゆかり(現在は脱退)や、その田村に誘われて野川さくらも入るなど、着々と声優業界内での地位を確立しつつある。
ドモホルンリンクルが気になり始めた頃」が入り時らしいが基準はあいまいである。
原則女性だけだが入会希望男性声優は非常に多い。

若本規夫は井上に直接申請したが「青春の甘酸っぱさがない」と断られた経緯がある。
榊原ゆいは井上が入会を勧めたが「仕事の都合上18歳未満にはなれないんです」と断られた。が、そのいきさつがあってか「永遠の19歳(ナインティーン)」と名乗るようになった。
水樹奈々も井上から勧誘されたが、その後有耶無耶になったまま30歳を迎え、さらに歌手としてメディアで取り上げられる度に年齢を公開されている(本人曰く「事務所が隠さない」)ため、入会する意味がほぼ失われている。これに対し、井上は水樹のFCイベントにて、入会させなくて良かったと発言している。
久川綾は入信はしないことを公言し、更に井上のラジオにゲスト出演した際「17才教に求めるものは何? メルヘン? それともロマンス? 逃げてんじゃん!!」とツッコミを入れている。
浅野真澄は会員の実年齢をバラすなどの行為をよく行うため天敵扱いである。

実は「17歳」ではなく「17才」と書くのが正しいらしい。
無論、永遠の17歳達は文字通り17歳なので「17歳○○○ヶ月」が正しい表記と思われる。

なお、教祖の井上他、17歳教信徒が担当したキャラたちで、明らかに17歳より年が上の方々が教徒と同じく「永遠の17歳」になることがままある。
これは教団活動というよりは、主に教団の存在を知っている原作者・ディレクター・監督のしわざである。

信者

野川さくら
佐藤利奈
堀江由衣
石田燿子
松澤由美
こやまきみこ
岩男潤子
石黒千尋
池澤春菜

元信者

田村ゆかり(2016年、事務所移籍のついでに脱退)

ラノベでの17歳教

弘前龍によるライトノベル(イラストはパセリ)『俺のかーちゃんが17歳になった』に登場するリアルな宗教団体。なお、このラノベ、1巻発刊の折に井上喜久子から帯にて推薦文を貰っているので、実際の17歳教と無関係というワケでもない。

作内描写上では1998年に設立され、神奈川県に本部を置く宗教団体とされている。

そして教団の特殊な儀式により、これを受けた会員は本当に17歳往時の肉体を手に入れ、その後、肉体年齢を取る事が無くなる。ただし儀式を受けた代償として自らの寿命から17年分が差し引かれるため、寿命が17歳よりも少ない人間が、この儀式を受けたら17歳の肉体を得た、その瞬間に死亡する。

名実ともに永遠の17歳を得る事を教義の主軸としているが、他にも教義上、魚類などの海産物を敬ったりするらしい。

井上喜久子の娘が17歳でしかも瓜二つである事から、実は娘ではなく儀式を受けた17歳教の教祖自身ではないかとも囁かれている・・・とか。

関連タグ

17歳
永遠の17歳
ババァ無理すんな
年下のお姉さん
俺のかーちゃんが17歳になった

pixivに投稿された作品 pixivで「17歳教」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 378726

コメント