ピクシブ百科事典

20系

にじゅっけい

鉄道車両の形式のひとつ。
目次[非表示]

国鉄20系客車

1958年に登場した寝台客車。「あさかぜ」号で初めて採用された。当時は「走るホテル」と称された。→20系客車

国鉄キハ20系気動車

キハ20系を参照。

国鉄20系電車

1958年11月に営業運転を開始した特急形電車。最初に投入された列車愛称から「こだま形」と称されている。高速運転をする関係上、前灯が一個と定められていた当時において、安全のため特例で3つ設置されている。その後151系に改番された。また、1959年当時の狭軌最高速度を樹立したクルマであることはあまりにも有名。

九州鉄道20系電車

現在の西鉄天神大牟田線である九州鉄道が1937年から導入した電車。ガソリンカーのような車体が特徴の当時としては珍しい軽量車体の電車であった。後に200形と改称され1989年まで活躍した。

大阪市交通局20系電車(初代)

1973年に登場した第3軌条方式電車では初の電機子チョッパ制御電車(4両編成の試作車)。
当初は谷町線で急行運転(最高速度100km/h)する計画で製作されたが、諸事情により急行運転計画が中止となり、1974年に御堂筋線に4両編成のまま移籍したが、中間車を4両増結して営業運転にこぎつけるまでには1976年までかかった。営業運転開始により10系第1編成となったが、特徴のあった先頭車は9連→10連化改造の陰で、中間車は30000系置き換えにより廃車となった。

大阪市交通局20系電車(2代)

日本の高速電気鉄道用車両(第3軌条方式)では初のVVVF車両で1984年に登場した。アルミ車体で御堂筋線の10系に似たスタイルで大阪市営地下鉄中央線谷町線に投入されたが、後に近鉄けいはんな線開業により全車中央線に集結した。なお、けいはんな線内ではワンマン運転を行っている。制御機器改造により、日本の第3軌条電車では最速を誇る車両となった。(初代の100km/hには及ばないが、95km/hまで出せるようになった)

大阪市交通局新20系電車

1990年に登場した車両。アルミ製20系とは異なりステンレス車体で登場した。
新20系

pixivに投稿された作品 pixivで「20系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28689

コメント