ピクシブ百科事典

2000形

にせんがたまたはにせんけい

鉄道車両の形式の1つ。
目次[非表示]

2000形とは、鉄道車両の形式のひとつ。「2000形」を冠する代表的な車両は以下の通り。なお、特記ない限り読みは「にせんがた」である。

1. 小田急電鉄の電車。同形式を名乗る車両は2代目であり、本項ではこれについて述べる。初代は特急車両であった(→1900形を参照)。
2. 京浜急行電鉄の特急形電車。現在は通勤型に転用。本項で紹介する。
3. 西日本鉄道の特急形電車。「にせんけい」。詳しくは当該記事【天神大牟田線(過去の車両の項目)】を参照。
4. 京都市電の電車。連結して2両編成で急行運用にも就いた。廃止後は1両を除き伊予鉄道に譲渡された。形式は2000形のまま変わらず。
5. 札幌市営地下鉄南北線2000形。引退済み。
6. 横浜市営地下鉄2000形。ホームドア導入が仇となり引退済み。
7. 神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)2000型。
8. 住宅・都市整備公団2000形電車。(現在は北総9000系と名乗る)当初2000系とデビューしたはいいが、京急線直通するときにすでに2000系が所在してたため9000と名乗ることになってしまったのだ。詳しくは9000形より
9. 遠州鉄道2000形。「にせんけい」。同社1000形と共に遠州鉄道の主力で、現在も増備中。
10. 名古屋市営地下鉄2000形。名城線名港線の車両。
11. 帝都高速度交通営団2000形。銀座線の先々代。
などがある。本項では1については一部を、2、11についてはくわしく解説する。

小田急電鉄 2000形

小田急2000形


1995年より、2600形の置き換えを目的に投入。車体は1000形を基本に設計を小変更して設計されたが、足回りは小田急初のボルスタレス台車を、制御方式も小田急初のIGBT素子によるVVVFインバータ制御となった。また転落防止幌の設置も小田急初である。8両固定編成。
現在は各駅停車を中心に運用されている。

小田急2000形

京浜急行電鉄 2000形

京急蒲田上り線高架完成


1982年より、初代600形の置き換えを目的に登場した快速特急向けの電車。また、京急では初採用となる両開き扉と、日本国内ではあまり例のない「集団見合い式」と呼ばれる座席配置が特徴であった。1983年にブルーリボン賞を受賞。800形を角ばらせてスマートにしたような前面デザインから「だるまのお兄さん」とも呼ばれた。製造時期から考えるとこっちのほうが弟なのだが。

ちなみにこのデザイン、800形の開発段階で提案されたが国鉄による圧力で取り下げられ、当形式の構想時に副社長の発言で採用された、という逸話がある。2100形が登場するまで、近隣社局から見ても圧倒的な看板列車として、近年ではあまり例を見ないほど多種多様な特別塗装やラッピングを纏って運用されてきた。

1998年より後継車両となる2100形が投入されると、主役の座はあっさりとそちらに移り、次第に持て余されるようになった。そのため、2000年よりロングシート・3扉化が実施されて一般車両へ降格となった。ただし足回りは高速性能重視であるため加速度が他の車両に比べて低く、このため近年はラッシュ時の長編成特急やエアポート急行等の優等車を中心に活躍している。

試作車の2011編成を除いて多くが平成直前に製造されたにもかかわらず、2012年より順次廃車が進められている。理由としては

  • 長年の高速運用、頻繁な塗装替え、加えてトドメとなった3扉化改造により、車体の劣化や老朽化が進んでいる。
  • とんがった先頭車が標準の18mよりも長いため、大師線などの狭隘な路線では徐行しなくてはならず、また連結するとドア位置が大きくずれ、ホームからはみ出す駅もある。
  • 京急車としては加速性能に乏しく、旧1000形1500形基準で作成された各駅停車運用につくのが難しい。
  • 前面に非常扉を供えていないため、地下鉄直通はおろか泉岳寺駅にさえ入れない。
等のネガティブな条件が近年特に顕著となったためだと思われる。

かつてのフラッグシップであった痕跡は、車端部に残るボックスシート、横引のカーテン、カバー付き照明、特急車並に(と言うか元特急車)低いギア比とモーター回転速度、そして京急車随一の静音性などに残されている。現在は新1000形の増備により廃車が発生し、先は長くないかもしれないが、今からでも2000形の再評価には十分間に合うだろう。

帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 2000形

営団銀座線用の電車。もともと銀座線は戦後の高度成長に合わせて五月雨式に新車を投入していったため、製造年月・形式はバラバラで、また性能は旧型車に合わせて製造される傾向にあり、丸ノ内線で私鉄高性能電車の口火を切ったとは思えない有様だった。昭和34年、この状況を「少しでも」改善すべく登場したのが2000形である。編成の両端を2000形で揃え、旧型車を中間に押し込んで、見栄えを多少よくした。

銀座線の抜本的体質改善は昭和59年の01系への置き換えを待つことになった。この01系への置き換えも、戦前から駆動方式しか進歩していない旧型車を叩き出し、比較的近代的な2000形と1500N形のみの組成になったところでいったん01系増備を止める。バブル崩壊後、銀座線のバイパス線としての半蔵門線の建設・延伸工事を一時凍結し、当面銀座線のダイヤカットで凌ごうということなり、サービス面で2000形・1500N形の存在がネックとなったため、すべて01系化されることになり、1993年、営団での運用を終了した。

一部が日立電鉄銚子電鉄に譲渡されたが、両者とも地上の架線式の鉄道なので、パンタグラフを搭載し集電方法の変更を行っていた。現在は両者とも引退済み。

銀座線の「顔」だったイメージは根強く、2012年から01系置き換え用として新製開始された東京メトロ1000系(2代目)のデザインイメージに取り入れられた。なお、一部は丸ノ内線方南町支線でも運用された。

関連タグ

2000系 小田急電鉄 京浜急行電鉄 営団
鉄道 電車 鉄道車両の形式の一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「2000形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34912

コメント