ピクシブ百科事典

209系500番台

にひゃくきゅうけいごひゃくばんだい

JR東日本209系電車の番台区分。車体は後続のE231系電車とほぼ同じものになっている。
目次[非表示]

概要

209系500番台は、JR東日本通勤形電車である。209系の派生番台という位置づけだが、車体幅を広げたため車体見付けに関しては後継形式であるE231系とほぼ同一である。

中央・総武緩行線

先行して営業に就いていた209系950番台(後のE231系900番台)の成果をもとに三鷹電車区(→三鷹車両センター)および習志野電車区(→習志野運輸区)に配置され中央・総武緩行線にて運用。もともと同線区はE231系量産車を投入する予定だったが、103系の老朽化が進行して故障が頻発していたため、これらを置き換えるべく950番台の車体構造に0番台の足回りを組み合わせて急遽製造されたのが500番台である。そのため209系からE231系への過渡的な存在であり10両編成17本のみの製造にとどまった。なお、2003年の習志野電車区廃止に伴い現在同線で運用されている編成はすべて三鷹車両センター所属である。中央・総武緩行線用の帯色は黄1号(カナリアイエロー)である。
同線区ではE231系と共通運用であり、外見は酷似しているものの、以下の点において差異が見られる。

209系500番台E231系(0・900番台)
6扉車の連結なしあり
前頭部カラー白色銀色(常磐線の場合は白)
設計最高速度110㎞/H120㎞/H
制御素子GTOIGBT
パンタ方向肘が中央側(1次車は菱形)肘が連結面側(900番台除く)

京浜東北線

2000年から、京浜東北線のデジタルATC化にともなう車両不足を補うべく2編成が浦和電車区(→浦和車両センター)に配置・運用された。このときに帯色は青22号(スカイブルー)となっている。この2編成はその後も浦和に残存したため、代替として三鷹電車区にはE231系が投入された。

2005年から2006年にかけては1編成(ミツ515)が浦和電車区に貸し出され青22号の帯に変更となった。その後一旦は三鷹電車区に返却されたが、このときの黄帯はなぜか本形式標準の黄1号ではなく、103系と同一の黄5号であり、ややくすんだ黄色の帯であった。

2006年から2007年には、209系試作車(←901系)を置き換えるためにさらに3編成が転属。この中には先述のミツ515編成も含まれており、同編成にとっては2度目の浦和転属であった。
かくして5編成が運用されていたが、E233系の投入に伴う入れ替えにより4編成が京葉車両センターに転属、1編成は三鷹車両センターへと「里帰り」し消滅した。

京葉線・武蔵野線

京葉線には上記京浜東北線からの転入車が2008年以後投入され、201系10連固定編成を置き換えた。帯色は赤14号(ワインレッド)である。しかしE233系5000番台の投入によって、一部は8両に減車の上武蔵野線へ転属した。余ったサハは廃車。2016年現在では京葉線の10両編成は1編成のみ。

エピソード

登場当初、この車両は停車直前に凄まじい金属音がしていた。この為、一般の乗客等からの苦情が殺到した。その後の調査で、ブレーキに何らかの欠陥が発見され、ブレーキ部品の交換・改修をしてこの凄まじい金属音はしなくなった。

関連項目

JR東日本 209系 E231系 E217系

pixivに投稿された作品 pixivで「209系500番台」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18449

コメント