ピクシブ百科事典

2800系

にせんはっぴゃくけい

鉄道車両の形式の一つ。イラストは近鉄。
目次[非表示]

阪急2800系

【HD阪急08-R】京都線特急、中興の祖【2800系】


1964年に登場した京阪神急行電鉄(後の阪急)京都線の特急用車両である。2300系をベースとして、2ドア転換クロスシート車として登場している。

当時沿線の人口増加が激しく、利用客も増えたため、車両の供給が追いつかなくなり、それまで使用してきた特急用車両710系や1300系(初代)では不足し、また京都線や千里線の延伸に伴う運用数増加もあり、新しく製造されたものである。

料金不要の特急車としては当時随一の存在であり、京都線の主役となったが、特急としての活躍は10年たらずで1975年には後継の6300系が登場。2800系は3扉ロング車に改造の上、急行、普通運用に就くことになった。しかし冷房改造したのが早く、また3扉に改造したこともあって車体の老朽化が進み、1988年より廃車が始まり、1995年には編成として2300系より早く全廃している(一部中間車が2001年まで2300系に組み込まれ残存)。引退運転ではそれまで運転しなかった神戸、宝塚線にも入線している。

関連タグ(阪急)

阪急電鉄 6300系:後継車両。
京阪電気鉄道 3000系:初代。同時代のライバル。
国鉄 153系:同時代のライバル。新快速

近鉄2800系

近鉄素材3


1972年に登場した近鉄名古屋線近鉄大阪線用の4ドアロングシート車。落成当初から冷房装置を搭載。2015年4月現在、4両固定編成10本、3両固定編成5本、2両固定編成2本が在籍。

3両・2両固定編成は伊勢中川・宇治山田方先頭車がいわゆる「前パン車」になっている。主に名古屋線で運用。4両固定編成は2811編成、2813編成、2815編成を除く7編成が主に大阪線で運用される。一方、2811編成、2813編成、2815編成は、L/Cカーへ改造されて主に名古屋線で運用される。

2610系は4両固定編成のみでトイレ有りなのに対し、2800系は製造当初からロングシート・トイレ無しであり、また2・3・4両固定編成とバラエティに富んでいる。なお、L/Cカーへ改造された2800系はトイレが追加されている。

関連タグ(近鉄)

近畿日本鉄道
2610系8600系6200系:同世代の近鉄の車両。

関連項目

電車 鉄道 鉄道車両の形式の一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「2800系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4051

コメント