ピクシブ百科事典

30系

さんじゅっけい

形式30を名乗る鉄道車両

国鉄気動車「キハ30系」についてはキハ30キハ35を参照。

国鉄30系電車

国鉄モハ30型


1926年から1928年にかけて鉄道省が製造した、車体長17m級3扉ロングシートの旧形電車を便宜的に総称したもので、鉄道省が製造した最初の鋼製電車である。

大阪市営地下鉄30系

30系SUS車


1967年から1984年にかけて製造された大阪市営地下鉄の車両。御堂筋線(9両)、四つ橋線(5両)、中央線(6両)、谷町線(6両)に投入された。あまりの簡素な外見から、当初は走る弁当箱などと揶揄されたが、その後改良された。アルミとステンレスの2タイプがある。非冷房だったため、元号が平成に変わるとほとんどが新20系に置き換えられる。前後して一時的に千日前線(4両)でも使われた。

6両編成13本については冷房化改造されて生き残ることになり、谷町線で使われていたが、2009年から後継の30000系の登場で2013年までに全車引退、廃車となった。

1967年に登場した車両は当初「7000形・8000形」を名乗っていた。電気指令式ブレーキを日本で初採用していた。

pixivに投稿された作品 pixivで「30系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2758

コメント