ピクシブ百科事典

313系

さんびゃくじゅうさんけい

JR東海の近郊形電車。
目次[非表示]

JR東海 313系電車

1999年より営業運転を開始したJR東海(東海旅客鉄道)の直流近郊形電車。当初は東海道線新快速用、および中央線103系165系置き換え用に投入された。その後も東海道線新快速の輸送力強化、および最後まで残った113系115系123系119系117系の老朽化に伴う置き換えのために増備が続けられ、15年以上の増備の結果、東海管内のほぼ全ての国鉄型車両を置き換えている。

JR東海の在来線電化区間における標準形車両となっており、1999年~2015年まで仕様変更を加えながら増備が続けられていた。(後に気動車にもキハ25形という当形式がベースとなっている車両が開発される。)
JR東海の体質を揶揄したジョークに「そのうちJR東海はN700系N700系を置換えて313系で313系を置き換え始める」というものがあるぐらい。

JR型車両の中では本線系統の快速列車からローカル線のワンマン列車、果てには有料快速列車など様々な線区に対応するためか、様々なバリエーションが製造されている。番台区分の数では民営化後に製造された車両の中ではぶっちぎりで多い。

番台区分

第1次車・第2次車

0・300番台

0番台は4両編成。300番台は2両編成。大垣車両区に4両編成15本と2両編成16本が配置されている。主に東海道線掛川-米原間普通列車を中心に一部の快速列車、武豊線で運用される。転換クロスシートを主体にドア脇と車端部に固定クロスシートを配置している。

1000番台・1500番台

1000番台は4両編成。1500番台は3両編成。神領車両区に4両編成3本と3両編成3本が配置されている。主に中央線名古屋-中津川間と関西本線名古屋-亀山間で運用される。転換クロスシートとドア脇固定クロスシートの配置は0番台と同じだがクハのトイレ脇の座席を除き車端部がロングシートに変更されている。
クハは大垣配置の0番台と仕様が同じため0番台を名乗っている。
ちなみに313系で最初に登場したのがこのグループである。

3000番台

2両編成。大垣車両区に16本、静岡車両区に12本が配置されている。ワンマン運転に対応した設備を持っており、座席配置もボックスシートとロングシートを組み合わせたセミクロスシート。座席モケットの色も青系から緑系になっている。静岡車両区配置車は御殿場線身延線が運用の主体、大垣車両区配置車は飯田線中央線東海道線美濃赤坂支線が主たる活躍の場となっている。
なお大垣車両区配置車は以前は神領車両区に配置され中央線、篠ノ井線、関西線で運用されていた。

8000番台

有料快速列車セントラルライナー用に投入された番台区分。これのみ第2次車があるが仕様は第1次車と同じ。373系に近い車内デザインで車端部以外すべての座席が転換クロスシート。塗装も大きく異なる。2013年3月でセントラルライナーは廃止されたが、車両はそのまま一般快速列車や普通列車、ホームライナーに使われている。

第3次車・第4次車

共通の仕様変更

  • 行先表示器と前照灯をLEDに変更
  • 車内トイレのスペース拡大(これに伴いトイレ脇の座席が廃止)
  • ブレーキシステムの変更

1100・1600番台

1000番台、1500番台の仕様変更版。1100番台は4両編成3本が神領区に、同じく4両編成7本(第5次車として3編成追加投入)が大垣区に配置されている。1600番台は3両編成4本が神領車両区に配置されている。

1300番台

第4次車で登場した2両編成。1100番台の2両編成版と考えてもいいが、ワンマン運転対応設備や寒冷地対応設備が設けられているのが特徴。ただし編成番号がB40Xの8本はワンマン運転対応設備や乗客用ドア開閉スイッチが準備工事になっている。神領車両区に2両編成24本が配置されている。
ワンマン車は3000番台に代わって、中央線・関西線で運用されている。

1700番台

3両編成。1600番台に寒冷地と列車本数過疎線区対策の装備を盛り込んだバージョン。神領車両区に3編成配置されているが飯田線と中央線で運用され、1編成が神領に常駐している以外は基本的に豊橋運輸区や伊那松島運輸区に常駐している。
快速「みすず」として長野まで乗り入れる運用もある。

2500・2600番代

3両編成。2500番台が17本、2600番台が10本それぞれ静岡車両区に配置されており東は御殿場まで、西は豊橋まで幅広く運用されている。オールロングシートで18切符ユーザーからの評判は悪いが、静岡地区の211系にはトイレが一切なく、それと併結させる運用を増やすことでトイレの確保に努めている。

2300・2350番台

2両編成。2300番台と2350番台の合わせて9本が静岡車両区に配置されている。2300番台と2350番台に大きな仕様の差はないが、2350番台はパンタグラフを2基搭載している。御殿場線や身延線で運用されているが、ローカルでのオールロングシートのため鉄ヲタには評判は良くない。

3100番台

2両編成。3000番台の仕様変更版で静岡車両区に2本が配置されている。ロングシート地獄の静岡なだけあって、ある意味出会えたらラッキーな車両である。

5000番台

6両編成。大垣車両区に6両編成17本が配置されている。新幹線で培われた技術をフィードバックし、乗り心地は在来線トップクラスと言われている。座席も全て転換可能。

5300番台

第4次車で登場した2両編成。5000番台の2両編成簡略版と言った具合。2両編成5本が大垣車両区に配置され300番台と共通運用を組んでいる。

第5次車

武豊線電化開業用に増備された28両。

仕様変更点

  • 車内照明をLEDに変更

1100番台

第3次車として登場した番台区分。大垣車両区に配置。

1300番台

第4次車として登場した番台区分。こちらは神領車両区に配置。

編成記号一覧

編成記号番台所属
Y00番台大垣
Y30300番台大垣
Y1005000番台大垣
Z5300番台大垣
R1003000番台大垣
J1100番台大垣
B01000・1100番台神領
B1001500・1600番台神領
B1501700番台神領
B2008000番台神領
B4001300番台非ワンマン車神領
B5001300番台ワンマン車神領
T2500番台静岡
N2600番台静岡
W2300・2350番台静岡
V3000・3100番台静岡

関連イラスト

美濃赤坂線
夕暮れの富士を背に



関連タグ

東海道本線 中央本線 関西本線 身延線 御殿場線 飯田線
113系 115系 311系 373系 キハ25
新快速 セントラルライナー

同時期に製造された他社JR型式
E231系 223系 813系 731系

車両のご案内(JR東海公式ページ)

pixivに投稿された作品 pixivで「313系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97826

コメント