ピクシブ百科事典

5000系

ごせんけい

鉄道車両の系列の一つ。
目次[非表示]

鉄道車両の系列の一つ。
日本国内の複数の鉄道会社にこの系列を付与された車両が存在する。

東京急行電鉄 5000系(初代)

かえる電車


1954年から1986年まで東京急行電鉄(東急)東横線などで運用された通勤形電車。同社初の高性能車である。塗装とその前面の形から「青ガエル」とも呼ばれた。長野電鉄を皮切りに全国各地の中小私鉄に譲渡されたが経年等により順次引退へ。
2016年2月、熊本電気鉄道を最後に全車両引退となった。

なお、松本電気鉄道(→アルピコ交通)、岳南鉄道(→岳南電車)、上田交通(→上田電鉄)、熊本電気鉄道でも「5000系」を名乗っていた。

東京急行電鉄 5000系(2代目)

Tokyu 5000


田園都市線仕様

東急5050系4000番台【とある用事で】


東横線仕様
2002年から東京急行電鉄(東急)田園都市線他で運用されている通勤形電車。現在の東急の標準形車両と位置づけられている。東横線用の5050系、目黒線用の5080系のバリエーションがある。JR東日本E231系と一部部材を共通化している。

東急5000系

西武鉄道 5000系

レッドアロー


1969年から1996年まで西武鉄道(西武)で運用された特急形電車。同社秩父線の開業に合わせ運転を開始した有料特急用に投入された同社初の特急専用車両である。愛称「レッドアロー」。一部が富山地方鉄道に譲渡され現在も同地で運行中である。

帝都高速度交通営団→東京メトロ 5000系

東京メトロ東西線5000系の異端児


東西線仕様

東京メトロで一番人気な路線KI☆T☆A☆YA☆SE支線


北綾瀬支線仕様
1964年から帝都高速度交通営団(営団、現東京メトロ)で運用されていた通勤形電車。東西線及び千代田線、北綾瀬支線で運用され、東西線撤退後も長らく北綾瀬支線用に残存していたが2014年6月に運用を離脱した。一部は廃車後にインドネシアに輸出され現地で活躍中。

京王帝都電鉄(→京王電鉄) 5000系(初代)

京王線 アイボリーの名車 5000系


京王帝都電鉄仕様

雪夜のホーム


一畑電車仕様

正面画 伊予鉄道700系


伊予鉄道仕様

正面画 高松琴平電鉄1100形


高松琴平電気鉄道仕様
1963年から1996年まで京王帝都電鉄(現・京王電鉄)で運用された通勤形電車。廃車後、一部が富士急行一畑電車高松琴平電気鉄道伊予鉄道に譲渡された。
一畑電車に譲渡された編成のうち2両編成2本は「5000系」を名乗っている。また、銚子電気鉄道の3000形電車は、伊予鉄道にいたもと京王5000系をを再譲渡したものである。

駆動方式は吊り掛け駆動とカルダン駆動の2種類、台車は12種類とバリエーションが豊富であった。

京王電鉄 5000系(2代目)

京王5000系(2代) イメージ図


2代目の5000系。
2018年春より運用が予定されている通勤型電車。デビューと同時に運行開始される予定の座席指定列車への使用を目的に製造される。座席指定列車への充当を考慮し京王では初のデュアルシート(マルチシート)を採用した車両となっており、座席指定列車運用時はクロスシート、それ以外の運用ではロングシートで運用される。前面デザインもそれまでの車両とは一線を画したデザインとなっている。10両編成5本が製造予定。

名古屋鉄道 5000系(初代)

【鉄道擬人化】名古屋鉄道5000系


1955年から1986年まで名古屋鉄道(名鉄)に在籍した汎用型電車である。
名鉄では初の新性能電車で、いわゆる「SR車」の元祖である。
後に改良型の5200系、大衆向け車両では初の冷房化を実現した5500系が登場した。

名古屋鉄道 5000系(2代目)

朝の通勤電車


2008年から名古屋鉄道で運用されている通勤型電車。
特急列車運用の見直しで廃車された1000系パノラマSuper」全車特別車編成の台車・機器を流用して車体のみを新造したリサイクル車両である。
今までの名鉄には考えられないステンレス車体に赤いラインが入っただけの車両。
しかも室内はオールロングシートで、一部ファンからは「パノラマSuperがこんなツメコミ電車になってしまうなんて」と嘆く声も。

京阪電気鉄道 5000系

封筒用イラスト2


旧塗装

正面画 京阪5000系


新塗装
1970年から京阪電気鉄道(京阪)で運用されている通勤形電車。ラッシュ時対応のため編成全体が5扉車となっていることが特徴。昼間などはうち2扉に座席を降ろして閉鎖し3扉車としても運用できる。7両編成。一部編成に廃車が発生している。
京阪5000系

阪急電鉄 5000系

阪急・三ノ宮駅


1968年から阪急電鉄で運用されている通勤型電車。阪急神戸線初の1500V専用車として設計された。現在は全編成がリニューアルされている。リニューアル工事の際8両編成に揃えられたが、近年では6両編成化されて阪急今津線へ転属している編成が出ている。

山陽電気鉄道 5000系

【勝手に】須磨舞子さんを【描いてみた】


1986年より山陽電気鉄道が運用している通勤形電車(3扉セミクロスシート)。当初は普通電車用として投入されたが現在は阪神電気鉄道への直通特急を始めとした優等列車中心に使われている。派生形式に5030系がいる。

JR四国 5000系

瀬戸内のギャバン


2003年よりJR四国瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」で運用している近郊形電車。
普通車自由席用車両とグリーン車・普通車指定席用合造車(2階建て)があり、普通車自由席用車両はJR西日本223系を、グリーン車・普通車指定席用合造車はJR東日本E217系グリーン車をベースとして設計されている。
JR西日本の223系5000番台はほぼ同型で、全車普通車の自由席用車両。

東武鉄道 5000系

東武鉄道で1979年に登場した7800系の車体更新車。吊り掛け駆動のまま、車体を8000系と同等のものにした。派生系列として5050系5070系があり、特に5070系は東武鉄道最後の吊り掛け車として2004年まで活躍した。

大阪府都市開発→泉北高速鉄道 5000系

【5000系】泉北高速鉄道【鉄道擬人化】


1990年運行開始の泉北高速鉄道の車両。直通先の南海電気鉄道で唯一の8両固定編成・非貫通車である。5編成在籍。現在はリニューアル工事が進む。

湘南モノレール 5000系

サンクリ本・元絵


2004年登場の湘南モノレールの車両。3両編成7本が製造され、編成ごとに帯の色が異なる。
登場順に、赤、青、緑、黄色、紫、黒、桃色

神戸電鉄 5000系

正面画 神鉄5000系


神戸電鉄2000系の改良型で、VVVFインバータ制御になった。4両編成10本を製造し、全電動車方式でワンマン運転

秩父鉄道 5000系

5000系


もと都営地下鉄三田線6000形。3両編成。秩父鉄道で1999年に導入。

伊豆箱根鉄道 5000系

大雄山線 5000系 (四種)


伊豆箱根鉄道大雄山線専用車両として1984年登場。第1編成は普通鋼製、第2〜第7編成は軽量ステンレス製、そのうち第5~第7編成は転換クロスシート、第7編成のみスカート・車内案内表示器設置と、バリエーションが豊富。

関連タグ

5000形 鉄道車両の形式の一覧 電車

pixivに投稿された作品 pixivで「5000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84698

コメント