ピクシブ百科事典

55番

ごじゅうごばん

55番とは日本のプロ野球界では長距離打者をイメージする打者の背番号に使われる番号である。

概要

1990年代になるまで、本来50番台の背番号はレギュラークラスからは遠い若手や2軍選手がつけており、プロ野球選手ならほとんどが若い番号を望むのが常識となっていた。

誰が最初につけたかはともかく、この番号が長距離打者のイメ-ジとして定着させた選手は間違いなく松井秀喜である。1992年に読売ジャイアンツに入団した際、王貞治のシ-ズン55本塁打を越えるようにという願いからつけられている。松井の成功以降、松井にあやかって背番号55をつける者が続出した(現在でもT-岡田など)。

松井以前にも1989年に中日に入団した大豊泰昭(王と同じ台湾出身)が松井とほぼ同じ理由で背番号55をつけている。

実際に55番をつけている選手

2015年10月現在、以下の選手が背番号55番を背負っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「55番」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 447

コメント