ピクシブ百科事典

ACLR

あーまーどこあらすとれいゔん

『フォーミュラフロント』を除いた『アーマード・コア』シリーズ10作目 『ARMORED CORE LAST RAVEN』の略称。
目次[非表示]

概要


NX』系の最終作であり、PS2最後のアーマード・コア
特に『NX』とは関連が深く、登場人物の多くが引き続き登場する(『NX』の数ヶ月後の世界が舞台になっているが、ここまで劇中の時間の間隔が短い続編はシリーズでも稀)。
プレイヤーはバーテックスが予告した襲撃時刻までの間に数々のミッションをこなし、その過程で取った行動により、ストーリーの結末が分岐していく。

本作は難易度が高いことで知られる『アーマード・コア』シリーズの中でも屈指の高難易度であり、『NX』や『NB』のプレイデータをコンバートしたり、ミッション失敗ゲームオーバー)時にそれまでの資金やパーツを引き継いだ状態で最初からやり直す救済措置があるとはいえ、シリーズ初心者には勧められない作品である。

また、被弾箇所のダメージに応じて各部パーツの性能が低下する部位破壊システムの導入によって一部のパーツがまるごと産廃と化しており、対戦時におけるバランスは悪い。(『サイレントライン』の武器破壊システムとは異なり、オフにする事も不可能)
更に破損したパーツは使用不可となり自動的に破棄されるため、新たに買い直さなければならない。

『NX』で問題視されていた熱量の上昇はマイルドになり、ブースターの出力も向上したため、それまでの作品に比べてACの移動速度は上昇している。

特攻兵器による災厄で数多くのレイヴンが死亡し、レイヴンズアークも崩壊したため従来のアリーナは事実上消滅。
それに代わり、賭け金を支払って仮想空間上での対戦を行うVRアリーナが導入されている。
ストーリーを1度クリアすることでゲーム中に登場する21人のレイヴンと対戦可能なEXアリーナも追加される。

2010年3月4日にはPSP版が発売。
若干AIが弱く調整されているものの、PSPのボタン数の都合上、操作性が悪化しており、やはり難易度は高い。
ちなみにこのPSP版には予約特典として『ACV』用のプロダクトコードが付いていた。

ストーリー

NXの最後の惨劇から数か月、世界は絶望的なダメージを受け、レイヴンズアークは機能を停止した。
生き延びた企業は互いの権益確保を謀り、統治組織として「アライアンス」を結成。
瞬く間に崩壊した世界を統治していった。

それから半年後、新しい秩序が生まれようとしていた矢先にある声明が発表され、世界は震撼した。
ジャック・Oリーダー組織された武装集団「バーテックス」が ”「アライアンス」の打倒とレイヴンによる新たな秩序の創出” を旗印に、24時間後にアライアンスに対して総攻撃を行うことを予告したのだ。
アライアンスとバーテックスの戦局の行方は生き延びた21人のレイヴンに委ねられ、22人目のレイヴンであるプレイヤーにも決断が迫られていた。

登場人物

プレイヤーの周辺人物

  • シーラ・コードウェル
  • エド・ワイズ


アライアンス


バーテックス


独立武装勢力


関連タグ

アーマード・コア カスケードレインジ ラストジナイーダ ドミナント AMIDA パルヴァライザー

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ACLR」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141032

コメント