ピクシブ百科事典

AH-1

こぶら

米国ベル・エアクラフトが開発した世界で初めての実用攻撃ヘリコプター。愛称は『コブラ』。またはほかのコブラとの間違いを避けるために『ヒューイ・コブラ』とも。
目次[非表示]

概要

AH-1はUH-1を基本として開発された物で、外観上の共通点は二枚のローターブレードとテール部分の形状くらいだが内部のパーツには互換性が有る(当機が改修される際はUH-1も同時に改修されているケースが多い)。非常に細い胴体を持つタンデム式の二人乗り。機の操縦は視界が開けている後席が行い、武器の管制、使用は前席(ガンナー、ガナー)が行う。

ベトナム戦争において、ヘリボーン戦術が確立されるに従い、ヘリコプターによる上空支援は地上部隊にとってなくてはならないものになりつつあった。武装を施したUH-1”スリック”などで対応していたアメリカ軍だったが、重武装化による機動性の低下、UH-1は機体が横に広く被弾面積が大きいというデメリットが露呈することになる。そこで、胴体を細くし被弾面積を小さくし、なおかつ大火力を持つ地上攻撃専門の攻撃ヘリコプターの必要性が出てくることになる。

はじめ米軍はロッキード社のAH-56Aシャイアンの採用を決めたが、当時の製造技術では実用に耐えられず、、当時進行中のベトナム戦争への投入は不可能とされた。そこで、再び米軍はベトナム戦争へ投入する暫定的な攻撃ヘリを必要とすることになった。そこで採用されたのがベル社のベル209。先の選定でAH-56に敗れたヘリコプターだった。
選定の結果、ベル209はAH-1として採用され、コブラまたはベース機UH-1の愛称を足したヒュ(ー)イコブラの愛称を得てベトナム戦争へと投入されるにいたる。

なお、米軍のヘリコプターの多くはアメリカ先住民族の部族名が取られている。AH-1の元となったUH-1もイロコイ族からイロコイの愛称が与えれているし、AH-56Aシャイアンもそうなっている。AH-1は暫定採用であったため、コブラという部族名とはまったく関係のないものになっている。

実線を経て高い評価を得たコブラは、その後各国の軍隊でも採用されている。自衛隊でもAH-1Sを採用。現在のアメリカ陸軍では後継のAH-64が登場したため退役しているものの、海兵隊では発展型であるAH-1W スーパーコブラを採用し、現在さらなる発展改修機のAH-1Z ヴァイパーに順次改修されて活躍している。海兵隊は今度20年間も使用すると宣言しており、まだまだバリバリで働かせるつもりらしい。
また、バリエーションとして、細身の機体設計はほぼそのままに、武装を装備しない民間型ベル209が米国で森林警備用に使用されている。民間型から武装ヘリへの改造機は多々あれど、機体基本設計が戦闘ヘリのまま民間用として使用されているのは他に例を見ない。

ちなみに、もともとの競合相手だったAH-56は開発遅延により量産が見合わせとなり、晴れてAH-1が正式な攻撃ヘリコプターとして採用された。

ヒューイコブラの映画

G.I.ジェーンのラストでは、航空支援にAH-1Wが登場しているほか、主に脇役として多く登場している。さすがに主人公が搭乗しているなどの見せ場は少ないものの、「無いわけではない」例はある。

「アパッチ(1990)」の冒頭では、陸軍のAH-1として珍しくAH-1Qが登場している。AH-1QはAH-1GにTOW運用能力を追加したもので、機首の銃塔がミニガングレネードランチャー仕様であること、スタブウィングにTOWランチャーを搭載していることからそれとわかる。とはいえ、登場はこの回想シーンだけで、しかもこの映画、AH-64よりディフェンダー(ロケット弾・ガンポッド仕様)の軽快な飛行っぷりの方が目立っているように思えてならない。

つまりコブラはAH-64のための「かませ犬」に過ぎなかった訳で、不憫な立ち位置には変わらない様子。海兵隊では現在も運用が続いているが、今となっては陸軍のコブラとしての名誉回復は見込めない。やっぱり不憫である。

関連タグ

ヘリコプター UH-1 AH-64
AH-1W(海兵隊向けAH-1)

pixivに投稿された作品 pixivで「AH-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43107

コメント