ピクシブ百科事典

AKM

えーけーえむ

ソ連製アサルトライフル。
目次[非表示]

AKMとは


1956年に開発されたAK47の改良型。軽量化と生産性が向上し、フルオート時の射撃性も改善されている。また生産工程と精度が向上しておりAKの第二の基礎を作った銃ともいえる。

使用弾薬は7.62x39㎜(M43)

バリエーション

AKMS - 垂直方向への折りたたみストックモデル
AKMSU - AKMSのカービン仕様である。AKS-74Uのベースになった銃。
RPK - 分隊支援火器・軽機関銃モデル

同口径の現代発展型はAK103/AK104

主な改良点


機関部

手間と工作精度の要求される削りだしレシーバーを前後に分割したトラニオンと凹状にプレスしたシートメタルで構成されたレシーバーに置換し生産性が大幅に向上している。

アッパーカバー(トップカバー)には補強のリブモールドがプレスされ、コッキングハンドルスロット部はセイフティ/セレクターの一部を覆う様に縮小されている。

トリガー機構には「レート・リデューサー」と言うハンマーを起こす際に抵抗となるカム機構が設けられ、発射速度の上昇を抑えてフルオートの制御性を向上させている。

銃身周り

銃口部には斜型カットのマズルブレーキが取り付けられ、AK47と同じく取り外すことで他のマズルオプションが取り付けられる。

AK47同様に銃が右上に跳ね上がる事を防ぐように、右斜め部分に斜部が来るようにセットされている。

フロントサイトはAK47と比較して、機関部側の傾斜が急な形状となっており、高さは変わらないもののやや小型化している。

ガスブロックにはバヨネット・ラグが追加され、専用銃剣を取り付けることでAK47よりも確実な着剣が可能となっている。

また、AK47時代にはガスチューブ側にあったガス・ブリード・ポートがガスブロックのカップ部に移され、ガスカットオフタイミングをやや早めに設定している。

AK47ではガスブロックにあったスリングスロットがAKMではハンドガードの前側押さえに移動している。
押さえの金具と一体化していることからAK47のように金具がガスブロックに当たり、金属音を立てる事がなくなっている。

銃床

前部銃床(ロアハンドガード)にはハンドリング向上を目指してリブが追加され、射撃時の過熱を防ぐ目的で金属ライナーが追加されている。

グリップは初期の物でAK47と同じ木製のグリップが取り付けられていたが、後に濃いプラムブラウン色のベークライト製グリップが付けられた。

後部銃床(ストック)は直銃床化され、ストックを止めるネジも2本から1本へと減らされている。折り畳みモデルも同じく直銃床化されると同時に、ストックの腕部分をプレスとすることで生産性が向上している。

固定ストックモデルはストック内にクリーニングツールを収容することが出来る。

AK-47III型ではレシーバー左後方にあったスリングスロットが銃床に移動されている。

関連イラスト

USSR AKM


イジェマッシ・AK103



関連タグ

AK47/AK-74

pixivに投稿された作品 pixivで「AKM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193928

コメント