ピクシブ百科事典

Be-1

びーわん

日産自動車が1987年に販売した乗用車である。 初代日産・マーチにレトロなデザインを与えた小型車であり、「パイクカー」と呼ばれる分野の先駆けとなった。
目次[非表示]

概要

1982年に発売された初代マーチ(K10型)のシャーシを利用して開発され、日本国内でのみ販売された。限定販売という触れ込みで発売されたものの非常な人気を得、その後の日産自動車「パイクカー」シリーズの第1弾となった。また、現代の自動車にレトロ・デザインを応用した最初の例であり、1980年代当時主流であった「四角い」カーデザインを、「丸く」する端緒ともなった。

経緯

1980年代前半、ホンダ・シティが人気を得ており、日産自動車では自社の小型車マーチを用いての対抗企画を検討していた。本来は「新型マーチ」の企画であった。提案された、服飾デザイナー坂井直樹によるコンセプトが評価され、その試作車が1985年の東京モーターショーに出展された。坂井の企画は当初「市販車として不適切」と社内評価されていたものの、同ショーでの好評を受けて、市販化が決定した。
1987年1月、パンプキンイエロー、ハイドレインジアブルー、トマトレッド、オニオンホワイトの4色のラインナップ、限定10,000台という設定で販売が開始、発売されるや約2カ月で予約完了する好評を得、月産400台の生産計画が600台に増強された。
Be-1のフロントフェンダーや前後バンパーの材質には、世界で初めてフレックス樹脂パネルが用いられていた。 フレックスパネルの材料組成は、耐衝撃性の高い変性PPO(ポリフェニレンオキサイド)と耐熱性の高いPA(ポリアミド、通称ナイロン)などから成り、両者の優れた特性をあわせ持つ熱可塑性樹脂であり、以下のような特徴を持っていた。

形状自由度が高い

射出成形により成形されるため、ヘッドランプ周りなど鋼板では成形が困難な部位も成形できた。

塗装品質が良い

耐熱性に優れ、鋼板と同時に140 - 160度で焼き付け塗装ができるため、経時変化による退色の差もなく、長期間にわたる高品質な塗膜の維持や鋼板と同等の塗装の鮮映さを確保できた。

耐衝撃性に優れる

従来の塗料はパネル変形時の伸びに追従できず亀裂を生じたが、フレックスパネル用の特殊なプライマを採用し、材料の持つ高耐衝撃性を活かすことができた。軽微な衝突ならば容易に復元するものだった。
生産は委託生産により1986年から高田工業において行われ、その製作は半ば手作業であったという。

年表

1985年10月

東京モーターショーで公開

1987年1月

販売開始

1987年3月頃

電動キャンバストップ付仕様を追加

1988年5月

生産終了。

pixivに投稿された作品 pixivで「Be-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4516

コメント