ピクシブ百科事典

C62

しーろくじゅうに

国鉄C62形蒸気機関車に関するイラストにつけられるタグ。現車のほか、「銀河鉄道999」に999号牽引機として登場した姿を描いたイラストも多い。
目次[非表示]

主に国鉄C62形蒸気機関車の事を指す略称。本項でもそれについて記述する。

概要

C62形蒸気機関車(しーろくじゅうにがたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道国鉄)の旅客用テンダー式蒸気機関車である。

戦後、具体的には1948年から1949年にD52形蒸気機関車の改造名義で49両(日立製作所21両・川崎車輛(現・川崎重工業)15両・汽車製造13両)が製造され、東海道本線山陽本線等主要幹線の優等列車牽引に使用された。(2014年現在)日本最大最強の旅客用蒸気機関車である。通称シロクニ

誕生までの経緯

 終戦当時、国鉄(当時は運輸省)は貨物用機関車が大量に在籍していた。これは第二次世界大戦の軍事輸送のために国策として作られたものであり、終戦と共に大半が余剰となった。
 しかしそのあおりを受けて旅客用機関車はかなり不足しており、戦争終了による経済活動の変化(買い出しとか)により旅客用機関車はさらに不足するようになった。しかし占領軍の方針により機関車の新製が認められることは困難であった。

 そのためGHQ側担当将校デ・グロートの助言に従い、余剰となっていた貨物用機関車のうち一部の車両のボイラーを旅客用機関車に転用することとし、ボイラー以外の部分は既存の旅客用蒸気機関車の設計を流用して組み合わせた機関車を『改造』名義で製造することになった。
 これにより『改造』されたのはD51形からC61形、D52形からC62形である。C61形は、C57形相当の乙線規格の機関車であり、それに対してC62形はC59形に代わる特別甲線での特急列車急行列車の牽引を目的としていた。

 本形式の製造は、治具や生産ライン、それに在庫の仕掛り部材の関係で、C59形の製造に携わった日立製作所笠戸工場(1 - 21号機)、川崎車輌兵庫工場(22 - 36号機)の2社が当初指定され、これに続いて汽車製造大阪製作所(37 - 49号機)がC61型が需要の関係でキャンセルされたことに対する救済措置で追加指定された。

構造

 この車両は、全長21.48m(炭水車含)。車重145.2tであり、ベースとされたC59形を基本とし、動輪の直径はC59形と同じく1,750mmであった。軸配置は、従来の2-C-1(先輪2輪+動輪3輪+従輪1輪の意)のパシフィック形では軸重が特甲線の上限を超過してしまうため、従輪を2軸とした2-C-2ハドソン形として、動軸の軸重を許容上限である16.08t以下に収めた。
 さらに、従台車の支点の位置を変えて先台車のバネ定数を変更することで動軸の軸重を甲線対応の14.9tへ引き下げることが可能であったため、軽軸重化は新製時から軽軸重型として製造されたものおよび完成後の配置機関区の変更の際に軽軸重化されたものとを合わせて26両に施工された。これら軽軸重型は白河以南の東北本線や、仙台以南の常磐線で使用されたものや、のちに電化の進展で余剰を来たした通常型を軽軸重型に改造の上で、軽軸重型の需要があった函館本線に転用している。
 弁装置は国鉄制式機の通例通りワルシャート式であるが、動力逆転機が標準装備されていた。
 ボイラーは前述のとおりD52形からの転用であるため缶胴寸法は同一で、煙管長は5,000mm、燃焼室付きである。
 炭水車は当初C59形の戦後形に用いられたものと同一の、全溶接構造の船底形車体に、石炭10tおよび水22tを搭載可能とする10-22形が連結されていた。2 - 4号機で旧満鉄向け機材の転用による自動給炭機(メカニカルストーカー)装備試験を行った結果、好成績が得られたため、5号機以降でこれが制式化され、炭水車も10-22S形(Sはストーカーを意味する)に変更された。
 本形式その仕様により大直径の動輪の上に破格の大型ボイラーを搭載したものであり、車両限界への抵触が心配された。そこで、煙突は太く短めのものとし、ドームも幅広で扁平なものとなった。また、汽笛は限界に収まるよう、後方に傾斜して取り付けられている。

保存機

 現在一両が動態保存され、4両が静態保存されている。

動態保存

 京都府京都市下京区にある京都鉄道博物館(2015年までは前身に当たる梅小路蒸気機関車館)に2号機が動態保存されており、西日本旅客鉄道梅小路運転区に車籍を有している。蒸気機関車館の開館当初には京都 - 姫路間で臨時列車SL白鷺号」を定期的に何度か牽引していた。
 しかし同機は、蒸気機関車館保存後の1974年(昭和49年)8月から9月にかけ国鉄長野工場(現JR東日本長野総合車両センター)で全般検査が実施された後には「SL白鷺号」等の本線自力走行や本線走行のために必要とされる検査は今日に至るまで一度も実施されていない。このため法令上、この車両は構内展示走行のみ可能な状態である。

静態保存

 また、トップナンバーである1号機は1967年7月14日の除籍後、保存を見越したためか広島機関区や小郡機関区において長らく保管され続け、1976年3月、国鉄職員の研修施設であった広島鉄道学園敷地内で静態保存されるとともに同年3月31日付で準鉄道記念物に指定された。しかし国鉄改革の際に同学園が閉鎖され、その後同敷地内に放置されていたが1994年梅小路蒸気機関車館に移動、2016年開館の京都鉄道博物館でも引き続き展示されている。通常は外付けの標識灯を端梁に埋め込むなど山陽本線で運用されていた本形式独特の改造を施された姿を今に伝えている。また大阪府大阪市港区の交通科学博物館で静態保存されていた26号機も京都鉄道博物館に移動しこちらはプロムナードで展示されている。

 三号機は小樽市総合博物館に静態保存されている。この車両に関しては動態保存されていた時期もある(後述)。

他に愛知県名古屋市港区のリニア・鉄道館に日本の蒸気機関車最高速度記録保持機である17号機が静態保存されている。

部品展示

東京駅丸の内側地下コンコース「動輪の広場」には15号機の動輪3個とメインロッド、それにサイドロッドが組み付けられて保存展示されている。

そのほか

  • 占領軍(GHQ)のインフレ抑制政策、すなわちドッジラインはこの車両のロールアウトのあとに出されており、直接の関係はない
  • この車両は給炭機を使う前提での燃焼率600kg/m²時の最大出力は1,620PSで、日本国内では歴代第2位(ちなみに一位はD52)である。さらに動輪周馬力で比較すると、本形式はC59形に比して1.2倍以上という圧倒的な高出力を実現しており、実際に新造開始直後に山陽本線糸崎 - 八本松間(瀬野八)で実施されたC59形との性能比較試験では、同一条件下で石炭消費量が20パーセント以上節約されるという好成績を収めている。
  • この車両の設計は試作機としての役割を持つ1 - 4号機を担当した日立製作所の意見が強く反映されており、日立製量産機と川崎車輌製はこれに準じて製造されたが、汽車製造が担当した37号機以降は、基本的には36号機以前と共通設計である者の前後で同一形状のボイラードームケーシングや、弁装置の調整など、技術陣の美意識によって、先の二社とは異なる個性の強い外観であるとされる。
  • 17号機は廃車後、名古屋市千種区の東山総合公園で静態保存されていたが、東海旅客鉄道が開館予定のJR東海博物館(当時の仮称)での保存対象となることが2009年7月に発表され、2011年3月14日の開館に先立ち搬入整備の上同館シンボルゾーンにおいて公開されている。なお、26号機は交通科学博物館が2014年4月に閉館し、そのまま放置されているが、京都において梅小路蒸気機関車館を発展させて作られる予定の京都鉄道博物館に収蔵されることになり、同型式3両が同地に集うことになった。ただし1,2号機は扇形車庫だが、26号機はプロムナードでの展示である。
  • 1986年10月3日小樽市の北海道鉄道記念館(現在の小樽市総合博物館)に静態保存されていた3号機が旧手宮線経由で小樽築港機関区に運び込まれ、有火状態への仮復旧が行われた。1987年3月31日から同年4月1日にかけての国鉄分割民営化イベントへの仮復旧状態での参加の後、同年4月より苗穂工場で徹底的な修繕が実施され動態復元車籍復帰が実施され、翌年の1988年から函館本線小樽 - 倶知安間で、快速「C62ニセコ号」として復活運転を開始した。後に運転区間は小樽 - ニセコ間に拡大され、ニセコ駅には専用の転車台(新得機関区に以前あったものを転用)も設置された。しかし本機の運転を行っていた北海道鉄道文化協議会が全般検査費用の資金が確保できず(のちに解散する)、また走行に必要な費用の確保もままならなくなり、さらに1995年に軸受を焼損する事故まで発生。やむを得ず同年11月3日をもって廃止され、3号機は将来の復活の可能性に備えて北海道旅客鉄道(JR北海道)苗穂工場に保存されることとなり、しばらくの間車籍を保持していたが、JR北海道は小型で汎用性が高く運用コストの低廉なC11形を運用することにし、同車両は2000年に除籍され、静態保存に戻った。
  • 32号機はかつてEmuから発売されたアダルトゲームRailway~ここにある夢~にナンバープレートを外した状態で登場。なおナンバープレートがないのに32号機と特定できたのはゲーム中で「昔は最好調機と呼ばれていた」のセリフと舞台が北海道だったためである。なおこの32号機は現実でも「ほかの調子悪い車両潰してナンバープレートだけこれと取り替えようぜ」と現場で言われたほど調子が良かったと言う。


関連イラスト

C62 ゆうづる
C62 2



関連タグ

国鉄 鉄道 蒸気機関車
銀河鉄道999:48号機(原作・劇場版アニメ版)/50号機(TVアニメ版)が"銀河超特急999"の牽引機として登場している。
ゼルダの伝説 大地の汽笛:作中に「シロクニ」という人物が登場する。スマブラ3DS/WiiUのフィギュア名鑑でも触れられている通り本機が名の由来。

参照

wikipedia国鉄C62形蒸気機関車

pixivに投稿された作品 pixivで「C62」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34354

コメント