ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1)大元のネタは巨大画像掲示板「ふたば☆ちゃんねる」発祥のキャラ。
ふたばの落書き板にて描かれた、吉野家の絵に描かれた謎の生き物が出典。
名も無いこの奇妙な生物が、暇をもてあまして吉野家に向かい、牛丼を食っている客の横でそれを
じっと見つめているという実にシュールな3コマ漫画が突然貼られた事が始まりである。
そのあまりのインパクトに、ふたばの各板にこの絵が次々と転載されていく中、二次元裏板でのスレにて何の脈絡もなく、
「これはCV.若本だな…」 (CV.= C haracter V oice)。
というコメントが付き、ちょうど若本氏演じるビクトリームがアニメで活躍していた時期とも重なっていたころから、
じわじわとその呼び名が定着し、そのままキャラ名「cv若本」となった。
驚異の怪生物「スプー」の創造主であるNHKうたのおねえさん「はいだしょうこ」がドラえもんを描いたら?という発想から生まれたコラージュ……というのは、誤り。
たしかにそういうコラは存在するが、スプー騒動はcv若本が発祥地以外にも浸透して、しばらく経ってからの事である。

体長は1mくらいで色は紫色。いびつな体にちょこんと手足が生えている。
とくに何かをするわけでもなく、牛丼を食べる客をただじっと見つめるだけという謎の行動をとる。
毛は生えておらず柔らかめのゴムのような触感で、そっと撫でると「ぶるゃぁぁ・・・」と気持ち良さそうな声を上げて喜ぶ。
複数個体が存在し、生息する店舗によって色が異なる。
吉野家以外では天やとおでんの屋台で存在が確認されており、地味に営業妨害し合うという。
なお、cv若本は別段若本語を喋っているわけではなく、聞く者にそのように聞こえているだけに過ぎない。
またサブ設定では、某コンプゲー共演キャラの、とある鬱気味のメイドさんが彼に対して片思いの好意を持っている。
そしてほんの一瞬なのだが、『ボボボーボ・ボーボボ』のアニメにて、当時のスタッフの遊び心なのか、
背景モブとして、「檻に入れられているcv若本」が描かれていたという事もあったりした。

2)若本規夫氏が演じた、または演じている設定のオリジナル絵等に付けられるタグ →CV:若本規夫


関連イラスト

天からお塩!
CV若本
iPod MUGEN



関連動画



関連タグ

若本規夫 CV

pixivに投稿された作品 pixivで「CV若本」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301989

コメント