ピクシブ百科事典

目次[非表示]

Cheetah3D は、Martin Wengenmayerが開発・販売している三次元のモデリングやレンダリング、アニメーションを簡単に習得できる、Macのための 3D 統合アプリケーション。他の 3D アプリケーションと違って、Cheetah3D は Mac OS X のために1から開発されている。

モデリング   

Cheetah3D は作業に必要な様々な機能を備えていることが分かっているので、安心してポリゴンとサブディビジョンサーフ ェスモデリングのためのツールのフルセットを使用して、製作者は作業に集中できる。機能を追加できる JavaScript API や、スプラインツールのセットも搭載しており、Cheetah3D は3D モデリングを初心者にも、また経験者にも楽なものにしている。

アニメーション

キャラクターのリグ付けは、Cheetah3D のアニメーションシステムのシームレスな部分であり、そこでは、オブジェクトのすべてのプロパティはアニメー ション可能。

レンダリング

レイトレーシング・グルーバルイルミネーション・HDRI を使用した IBL・コースティクスなど、進化したテクニックを使用して Cheetah3D は画像やアニメーションを作成できる。

ファイル互換性

静止モデルやアニメーションを、他の 3D プロダクションが使用する一般的なファイルタイプ(FBX, STL, 3DS, OBJ など)にインポート/エクスポートする事で、Cheetah3D で作成したコンテンツを共有する事が可能。Cheetah3D で作成された画像やアニメーションは、広く一般に使われている画像やアニメーションのファイルタイプ(TIFF, PNG, MOVなど)を使う事で共有する事もできる。

関連タグ

3D CG アニメーション

コメント