ピクシブ百科事典

Creepypasta

くりーぴーぱすた

海外の都市伝説の名称。
目次[非表示]

詳しい情報については個別の記事で説明。
ネタバレ注意。

概要

ネット上でささやかれている海外の都市伝説、または物語の名称である。英語の「Copy paste」(コピペ)から来ている。
日本の洒落怖に近いが、洒落怖と違う点は作者がはっきりしている作品も多い所である。なので都市伝説というよりも、創作に近い所がある。
既存作品の都市伝説、UMAや怪物、物語風等まとめられている物の種類は多様。有名な物ではスレンダーマン(Slenderman)など。

始まりも既に都市伝説として有名なものから、4chanやYoutubeから等様々である。
コピペやYoutubeで広められたり、二次創作やその他作者による派生ストーリーや音読等、インターネット社会独自の経緯を辿った作品が多い。

こちらでまとめられている。
Creepypasta
Creepypasta Wiki

ホラーだけでなく、ゴアやグロテスクな表現も多いので注意。

Pixivでは

キャラクター化や二次創作も多数されており、Pixiv上ではスレンダーマン(Slenderman)やジェフ・ザ・キラー(Jeff_the_killer)などの投稿が多い。
海外のSNS「deviantART」(日本のPixivのような所)はさらに盛んで、Creepypasta OCというオリキャラも多数投稿されている。

表記揺れで「creepypasta」や「creepy_pasta」などがあるので投稿する際には注意していただきたい。(2015/7/18時点で投稿数が多い方のタグが「Creepypasta」なので)
キャラクター名に関しても表記揺れタグが多いので注意。

また作者がいる作品の二次創作に関しては、公式のプロフィールが変更されている場合もあるため一度確認する事を推奨する。

Jeff_the_killer

Sweet Dreams


顔が白く、唇は真っ赤で裂けていて、瞼が無い、殺人鬼の少年。
就寝中に現れ「Go to sleep」の言葉とともに人を殺す。
恐怖画像としてよく使われるあの画像の人物なので、検索するときは注意。NNN臨時放送やビックリ系動画等で見かける事が多い。
Creepypastaではスレンダーマンとならんでかなり人気のキャラである。

スレンダーマン

Slender


異形の怪人。森の奥に現れ、顔がなく白色で、痩せていて身長は高く手脚も異常なまでに長い。背中から触手らしき物を出す事も。スーツ姿で描かれる事が多い。

また、「Proxy」というスレンダーマンの手下キャラもいるらしい。Proxyで有名なのは「Marble hornets」というYoutubeのシリーズのMaskyとHoodyなど。

Eyeless_jack

eyeless jack


青い仮面の殺人鬼。アイレスジャックという名の通り目は無い。腎臓が好物らしい。
Pixivではフードつきパーカーを被った茶髪の少年(?)として描かれる事が多い。

BEN

Ben Drowned


BEN DrownedというCreepypasta。とあるお爺さんから貰ったゼルダの伝説シリーズのムジュラの仮面をプレイしていた時の話である。BENはぬけがらリンクのような姿をしており、ゲームの中やCleverbotでいたずらをたくさんする。
以前に近所でベンという名前の少年の事故があったらしく、その少年の幽霊がゲームに乗り移ったのではという説もある。
イラストでは反転目のリンクで描かれることが多い。

smiledog

SMILE JK BLACK FOX(redlightoff )


Smile.jpgという犬の画像。初期のインターネットから掲示板やチェーンメールで広められ、見た者に悪夢や様々な症状を引き起こすと言われている、呪いの画像の話である。
夢に出てきて、"Just spreading the word"と伝える。
ハスキー犬のタイプと赤い犬のタイプがある。二次創作では赤い犬の方が描かれている事が多い。
かわいい画像ではないので検索するときは注意。

Laughing_Jack

Laughing Jack


白と黒の不気味なピエロ。手が長く、三角錐の鼻にゴムのような肌。飴を貰うと恐ろしい遊園地の悪夢を見せられる。作者によって彼の前日談も書かれている。

Sally

Creepypasta


Kiki-Hyuga氏によるCreepypasta「Play with me」の主人公。
茶色の長い巻き髪と緑の目をした、血まみれの幽霊の少女である。ボロボロに汚れたピンクのガウンを着ており、常に熊のぬいぐるみを持っている。(名前はMr. Death) 本名はSally Maryam Williamsだが本人はSally Maryam Dawnと呼ばれることを望んでいる。
酷い叔父に殺されてしまい幽霊として蘇った。血まみれになったのは逃げようとしたためと、その叔父に岩で頭を殴打され殺されたためである。
誕生日は4月5日。ちなみに見た目は8歳であるが中身は16歳らしく、プロフィールでは16歳に死亡と本編とは変更されている。8歳の時の姿でいることが好きである。

Homicidal_Liu

Homicidal Liu


Jeff_the_killerの派生二次創作。
ジェフの兄弟のリウ(Liu Woods)は最後で殺されたと思われたが、奇跡的に生きていた。その際臓器の殆どが機能できないほどボロボロになっていたが、手術の末なんとか一命を取り留める。
イラストでは顔がツギハギで、Jeffと共に描かれることが多い。

また、原作ではどちらが兄でどちらが弟かは明記されていないが、日本ではJeffが兄でLiuが弟であることが多い。

Jane_the_killer

Untitled


カールした長い黒髪と白いマスクを付け、黒い服を着た女性。ジェフを憎んでおり復讐しようとしている。
作者はMrAngryDog氏だがオリジナルとは違うReal storyの方が広まっている。Jeff_the_killerの派生二次創作。
普通の少女Jane Arkensawは引っ越してきたジェフを傍から見ていただけだったが、バス停の事件やリウの逮捕により変わっていく彼を気にするようになり、彼のために行動を起こしていく。パーティの事件の後彼は助かったと聞き安堵するジェーンだった。
しかしジェフは以前とは全く違っていた。パーティのために行った彼の家でジェーンが目を覚ますと、殺人鬼になったジェフにより家族や友人は食卓で無惨に殺されていた。さらに彼女は彼にガソリンと漂白剤を全身に掛けられ、そして火を付けられ家も燃やされてしまう。彼女は全身に大火傷を負ってしまった。
ジェーンは病院で助かったものの、鏡で自分の姿を見て愕然とする。髪はすべて抜け落ち、目の皮膚は茶色に垂れ下がってしまっていた。ジェーンは家族や友人を殺された事と変わり果てた自分の姿に酷くショックを受けて泣く。そんなとき一つの小包が彼女に届いた。中には目に黒いレースが付いた白いマスクや黒いタートルネックとドレス、黒い手袋やかつらと衣装一式が揃っており、鋭い包丁が入っていた。そして黒いバラの花束と共にジェフの手紙が入っていた。ジェフはジェーンを自分と同じように美しくしたかったが逆に台無しにしてしまったためお詫びとして送ったのだった。
ジェーンはそれをすべて着て病院を抜け出し、家族の墓の前に立って誓った。
復讐のために、この姿であのジェフを必ず殺す。そしてそのために生きると。

Herobrine

サンドボックスゲーム、「Minecraft」の都市伝説キャラである
見た目はマインクラフトのデフォルトスキンのスティーブに似てるが目が白目である

sonic.exe

Sonic.exe


MrJCHyenaという人物が制作したと言われる、ソニックシリーズの二次創作ゲーム。
詳しいバックストーリーなどは不明だが、黒い目に赤い瞳、さらにそこから血を流しているというおぞましい形相の怪物と化したソニックがテイルスやナックルズといったかつての仲間達を次々と惨殺していくという内容となっている。

Lost_Silver

ポケットモンスター金銀の都市伝説およびそれをもとにした二次創作ゲーム。
金欠の大学生が学年末にポケモンソウルシルバーをネットで購入したところ一週間かかると知り、久々にポケモンクリスタルを遊ぼうと思い立つ。
ところが手持ちのクリスタルと銀はセーブデータが消えたからと母親に捨てられていたので中古ゲーム店で銀の中古を10ドル(約1000円)で買ってきた。
起動してみるとゲームフリークのロゴでフリーズする。電源を入れ直したりボタンを押しまくったりしてるうちにどうにかメニューが出たので「つづきから はじめる」を選んで先代の持ち主のデータを見てみることにした。
名前は「・・・」で、プレイ時間もおこづかいもカンスト、果てはバッジはおろかずかんをコンプリートしていたためプロアクションリプレイで改造したかガチなプレイヤーだと思った。
そして手持ちのポケモンを見てみると、文字が合わせて「LEAVE」な5匹のアンノーンと「HURRY」と名付けられたヒノアラシだった。ヒノアラシはレベル5でHP残りはたった1、覚えているわざも「にらみつける」「フラッシュ」の2つのみだった。
「マダツボミのとう」らしき場所からなんとか脱出したものの、「アルフのいせき」で流れる謎のラジオのような曲が流れだしたのでポケギアでラジオをつけて別の曲にしようとしたところ「マップカード」以外の機能がなかった。
出てきた場所が真っ暗だったのでヒノアラシのフラッシュを使ったが何のメッセージもなかった。明るくした場所は真っ赤だったが下の方へ20歩ずつ歩くごとに暗くなっていった。
掲示板らしきものをみつけて調べると「いますぐ もどれ」と書かれていて直後に「はい」と「いいえ」の選択が出たので「はい」を選んだところ階段を昇降する音とともに曲がポケモンのふえのものに変わった。
移動した先も暗かったのでフラッシュを使ったら戦闘もせずどく状態でもなかったのに「HURRYは ちからつきた」と表示されたので手持ちを再確認すると、すべての手持ちが変わっていた。
6匹ともアンノーンで文字は「HEDIED」であった。
手持ちメニューを閉じると赤・緑のポケモンタワーのような墓地の中央の黒い部分にいたが何もできなかった。
改造しすぎて壊れてると思い買った中古ゲーム店で再び売ろうかと思っていたが好奇心からゲームを続行していた。主人公のステータスを確認してみると主人公の腕がなくなっていた。また、バッジの数が本来ならありえない24個に増えていた。
墓地の中央から数分後「あなぬけのヒモ」のように移動したが上ではなく下に沈んでいった。
着地した主人公は色が抜けて白くなっていて、ステータスで見ると両脚もなくなっており目からは血の涙が出ていた。
手持ちも確かめると文字が「DYING」なアンノーンと色違いのセレビィがいたが、セレビィは体が半分消えており脚・腕・眼が片方しかなかった。技も「ほろびのうた」しか覚えていなかった。
誰に話しかけても反応のない「マダツボミのとう」のような建物を通って行くうちに色がなく透けたレッドと戦闘が始まった。
後ろからみた主人公もやはり腕などがなく、レッドは色がなかった。「が しょうぶを しかけてきた!」としか表示されず、レッドには名前がないようだった。そして、互いに手持ちが1匹しかないように表示されていた。
こちらは半分欠けて鳴き声の壊れたセレビィをだし、レッドはレベル255の泣き顔のピカチュウをくりだしてきた。
いつもの「たたかう」「リュック」「ポケモン」「にげる」のメニューが出てきたが「たたかう」しか選ぶことができず、技もひとつしかなかったのでそれを選ぶ。ピカチュウはレベルが255なので当然先攻だった。
「ピカチュウの のろい こうげき!」‥‥本当に使えるかは定かではないが。
「セレビィの ほろびのうた!」‥‥他に選択肢がないのでやむを得ないが、3ターン後に両者倒れる。
ここまできてメニューに戻れなくなったため戦闘はひとりでに進んでいった。
「ピカチュウの じたばた!」‥‥ピカチュウは体力に余裕があったためたいした威力にはならなかった。
「セレビィの ほろびのうた!」‥‥すでに使った後なので何も起きなかった。
「ピカチュウの やつあたり!」‥‥セレビィの体力を残り10ほどにまで削った。
「セレビィの いたみわけ!」‥‥覚えてないはずの技をセレビィが使ったことは驚いたが、これで互いの体力は150ほどになった。
「ピカチュウの くろいまなざし!」‥‥何もないに等しかった。
ほろびのうたの効果でセレビィが倒れたが「セレビィは たおれた!」ではなく「セレビィは しんだ!」だった。
「ピカチュウの みちづれ!」
その後、ピカチュウも同様に倒れた。
戦闘終了後、主人公も透明になっており、ステータスで見ると頭しか残っていなかった。バッジも40個に増えていた。手持ちを調べると文字が「NOMORE」な色違いのアンノーンばかりだった。
気づけばワカバタウンの自室に戻っていたが動いてみると幽霊のように滑って移動していた。
部屋にあるものは何も使えず、下に降りてみると誰もいない上に、出口から外には出れずそのまま下の方に向かい続けると普段通りの主人公がいて、話しかけると「さよなら ・・・」と言い残し消えた。そして、すぐに「???の あくむ こうげき!」と出て主人公はさらに下へ回転していった。
ポケモンタワーのような場所の中央で自分の姿すらない状態であった。ステータスから姿は消えており、バッジの数もゼロで、ジムリーダーの顔もドクロに変わっていた。
手持ちを確かめると文字が「IMDEAD」なアンノーンしかいなかった。
そして、「やすらかに ねむれ ・・・」と書かれた墓があった。


関連タグ

都市伝説 ホラー

最後に

誰か記事を付け足すんだ(泣)
記事が少なめでしたので解る限りの知識を付け足させて頂きました。引き続きどなたか付け足しをお願いします。

pixivに投稿された作品 pixivで「Creepypasta」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2092324

コメント