ピクシブ百科事典

DE10

でぃーいーじゅう

国鉄がローカル線および入換用に製造した液体式ディーゼル機関車
目次[非表示]

国鉄DE10形ディーゼル機関車

1966年に新製開始された中型ディーゼル機関車。主に(ローカル線)における客貨列車の牽引や・操車場・車両基地等での入換業務を目的として設計開発された。牽引・制動力の確保と、軸重制限を両立させるため動軸は5軸となっており、そのため1端側(ボンネットが長いほう)の台車は3軸台車となっている。また3軸台車は、曲線区間で横圧が大きくなることを避けるため各軸が独立して首を振るように工夫がなされている。

バリエーションとして貨物ヤードにおける重入換業務に特化したDE11、除雪用機関車としての機能を付加したDE15形がある。

本線運用や入換業務に手頃な車両であったことから、1987年の国鉄分割民営化に際してはJRグループ全7社に承継された。単独形式としては唯一の例である。

どちらかといえば目立たない運用が多かったが、国鉄時代には寝台特急あかつき」や「日本海」の一部区間の牽引機を務めた時期があった。JR化後では1990年から1997年まで、JR東日本陸羽東線を経由して運行された寝台特急「あけぼの」の同線内での牽引機を務めている。また、各地で観光列車・イベント列車の牽引機としても運用されている(地方第3セクター鉄道でも譲渡機で同様な例が見られ、また専用鉄道では同型機が運用されていることもある)。

老朽化や車両需要の変化から現役両数は減少傾向にある。また、貨物以外の会社で廃車となった一部の車両がJR貨物に移籍している。

なお、近年は国内の1067mm軌間中古車輛の海外譲渡が目立つようになっているが、同系列の設計であるDD51やDD16と異なり、当形式は譲渡実績が全くない。これは3軸駆動台車部分が複雑な構造をしているため、敬遠されている結果と思われる。

関連イラスト

124レ 関川通過
No.90「春列車 奥出雲おろち号」


鉄道貨物の夜明け
DE10 1667 青更新色。



関連タグ

ディーゼル機関車 DL
DE11 DE15 DD13 DD51 あけぼの
HD300・・・入換業務の後継機関車

旧国鉄・JR以外で同形を所有する(していた)鉄道事業者一覧

秋田臨海鉄道:1250号機、1543号機。また、仙台臨海鉄道へ貸し出し中のDE65 2号機はDE10タイプ。
わたらせ渓谷鐵道:1537号機、1678号機
真岡鐵道:1535号機
西濃鉄道:DE10 148号機改めDE10 501号機。
嵯峨野観光鉄道:1104号機
東武鉄道:1099号機
樽見鉄道:DE10タイプのTDE10形、TDE11形が在籍した。退役済み。
衣浦臨海鉄道:DE10タイプのKE65形が存在。

pixivに投稿された作品 pixivで「DE10」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265636

コメント