ピクシブ百科事典

DMデッキ開発部

でぃーえむでっきかいはつぶ

DMデッキ開発部とは、タカラトミーの展開するTCG「デュエルマスターズ」が公式HP内で連載しているカードゲーム紹介記事である。
目次[非表示]

眠らない街、首都東京。
そこには、夜も眠らずにデュエル・マスターズのデッキを研究し続ける謎の秘密結社がある・・・
メンバーの名前も場所もすべてが不明の謎の組織。わかっていることは、
彼らの胸の奥には熱くたぎるデュエル愛がたっぷりと詰まっているってことだけだ。
その組織の名前は・・・DMデッキ開発部!!―――DMデッキ解説冒頭より

概要

名前のとおり、デュエル・マスターズをより盛り上げるために日々デッキを紹介し続けている連載記事である。
デュエルマスターズの「四つの弾毎にストーリーに区切りをつける」展開にあわせ、その度に呼称を変えている。
初期は主任による一人語りの(上記のような)ハイテンションなデッキ紹介記事だったが、神化編の発売に合わせタイトルを「DMデッキ開発部NEX」とした回から徐々に開発部内のメンバー(下記)が登場するようになった。
また、Vol.44ではエピソード2の主要種族、キング・コマンド・ドラゴンに関する設定の紹介も見られた。
タカラトミーモール限定でスリーブも販売されている(ちなみに初回のときにはDMデッキ開発部のTanruさんによる限定書下ろしイラストの描かれたストレージボックスがおまけでついてきた)。また、デュ円の交換でもらえるスリーブにもデッキ開発部のものが存在する(現在は交換不可)。
ブラック・ボックス・パック、スーパーレア100%パックでは何人かのメンバーがヒーローズ・カードの登場人物として登場している。
TCG専門雑誌であるカードゲーマーでは何回かデッキ開発部のメンバーの描かれたプロモカードが付録としてついたことがある。

コンテンツとしての特徴

このような公式企画としては珍しく環境で活躍中のガチデッキや上級者でも驚くようなコンボが搭載されたデッキをよく紹介する。
パロディネタも豊富であり、内容はカオスの一言に尽きる。しかし、デッキは十分に参考に値するレベルなので初心者から上級者まで楽しめるコンテンツであると言える。
しかし、エピソード3の時期から休載が目立つようになり、ドラゴン・サーガに入ってからは「更新されるほうが珍しい」というレベルにまで更新速度が落ちてしまった。


「NEX」以降の登場人物


メンバー紹介
エーツーくん火文明が大好きな開発部員。現在の開発部リーダー
八重子光文明が大好きな開発部員。レギュラーの面子では最強である。
アン自然文明が大好きな開発部員。開発部のムードメーカー
トモ水文明が大好きな開発部員。メガネが光る。バルス
シュウ滑り芸…もとい「闇文明の貴公子」担当。それが闇文明の美学
ハル闇文明担当。シュウくんの替え玉として派遣された。ま、僕はどっちでもいいんですけど

ケンジ闇を中心に様々なデッキに触れてきた。シュウくんの弟
ユウヤわぁい!水・自然のデッキを中心に色々なデッキを組上げた。シュウくんの弟
リリィゼロ文明が大好きな女の子。エーツーくんを「ふぃあんせ」と呼ぶ。シュウくんの妹
ヤギー正確にはデッキ開発部ではなく、広報部に所属している人。唯一八重子ちゃんに勝てる実力者。
主任K個性の強すぎるメンバーをまとめる進行役。

タイトルの変容

登場時期タイトル
神化編DMデッキ開発部NEX(ネックス)
覚醒編DMデッキ開発部XX(ダブルクロス)
エピソード1DMデッキ開発部DASH(ダッシュ)
エピソード2~3週刊!DMデッキ開発部DASH
ドラゴン・サーガDMデッキ開発部SAGA(サーガ)
革命編DMデッキ開発部レボリューション


それ以前は「DMデッキ開発部」で統一。

また、「DASH」と同時期に「DASH特選カード」がスタート。こちらはデッキ単位ではなく、カード一枚を語りつくす内容となっている。それにあわせ「開発部」本編も隔週から隔月へ縮小運営に

スピンオフ企画として、初心者にマナーやルールを解説する「ルール解説部」も不定期で連載された。

関連イラスト

アンちゃん「ダブル!」八重子ちゃん「クロス!」
「というわけで、つくりあげたのが、このデッキだ!」
エーツーくん・・・?



別名・表記ゆれ

デッキ開発部:←単にこのように表記する場合もある

関連タグ

デュエル・マスターズ TCG

外部リンク

週刊!DMデッキ開発部DASH

pixivに投稿された作品 pixivで「DMデッキ開発部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108112

コメント