ピクシブ百科事典

DoGA

どーが

(1)パーソナルCGアニメ振興団体 (2)同団体が配布するCGアニメ作成ソフト
目次[非表示]
  1. パーソナルCGアニメ振興団体『PROJECT TEAM DoGA』
  2. 同団体が配布するCGA入門システム『DOGA-L』シリーズ


本項目では主に後者について解説する。

概要


パーソナルCGアニメ振興団体『PROJECT TEAM DoGA』が配布するCGA入門システム。
一言で言ってしまえば「高度なブロック玩具」。あらかじめ用意されたパーツ(プリミティブな立方体、球体などからロボット、航空機用の翼までが用意されている)を組み合わせる事によって3DCGを作成する(動画関連の機能については本項目では省略する)。

  • 比較的簡易、かつ短時間でモデルが作成できる
  • 比較的要求スペックが低い
  • 簡易ながらレンダリングも可能であるため、別途レンダリング用ソフトを入手する必要がない
  • L2~L3はシェアウェアだが、静止画出力に関しては特に制限を設けていない(静止画出力に限れば実質フリーウェア)

  • これ単体ではパーツを自作する機能を持たず、パーツの自作には他ソフト(メタセコイアなど)の併用が必須となる
  • あくまでも動画出力を目的としたソフトであるため、プリセットされたパーツがローポリ気味
  • 「柔らかい物体」の表現を苦手とする。特に髪の毛、布などの表現には絶望的に向いていない

等の特徴を持つ。

手軽に3DCGを製作できる反面、「質の向上」を図る事は他の3DCGソフトと同様に(あるいはそれ以上に)難しい。

どうでもいい事だが、実はソフト名は「DOGA」である(起動画面を確認の事)。

DOGA-L1

・フリーウェア
・物体のデザイン、画像出力が可能

DOGA-L2

・シェアウェア(1000円)
・多間接モデルの作成が可能
・パーツにテクスチャの設定が可能(プリセットされた物から選択)
・マッピングが可能(同上)

DOGA-L3

・シェアウェア(3000円、L2購入者のみ1000円)
・より細かい光源設定が可能。モデルに「影」を付ける事が可能になった
・テクスチャに細かい設定が可能
・マッピングに自作画像を使用可、またバンプマップを使用する事が可能
・デカール機能(擬似投影マッピング)が可能
・擬似的にトゥーンシェードのような表現が可能

現行バージョン(Ver2008.7.9)には「rendopt.exeの設定が本体に反映されない」というバグがあり、レンダリングに細かい設定をしたい場合は前バージョン(LE3 Ver.2006.01.13β)の入手が必要になる。

関連タグ

3D  CG オリメダ パロメダ

pixivに投稿された作品 pixivで「DoGA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1309289

コメント