ピクシブ百科事典

E233系

いーにーさんさんけいまたはいーにひゃくさんじゅうさんけい

鉄道車両の形式の一つで、JR東日本が設計・新製し運用している一般形電車。
目次[非表示]

スペック

共通事項

編成
  • 10両編成
    1. (0番台中央線 貫通42本、分割17本 計590両)
    2. (1000番台京浜東北線 83本 計830両)
    3. (2000番台常磐緩行線 18本 計180両)
    4. (3000番台 33本 計330両)
    5. (5000番台京葉線 貫通21本、分割4本 計250両)
    6. (7000番台埼京線 31本 計310両)
  • 8両編成 (6000番台横浜線 28本 計224両)
  • 6両編成
    1. (0番台青梅・五日市線 11本 計66両)
    2. (8000番台南武線 35本 計210両)
  • 5両編成(3000番台 37本 計185両)
  • 4両編成(0番台青梅・五日市線 8本 32両)
営業最高速度番台別を参照
設計最高速度120km/h
起動加速度番台別を参照
減速度番台別を参照
全長20,000mm
全幅2,950mm(2000番台は2,800mm)
全高3,980mm
車体材質ステンレス
軌間1,067mm
電気方式直流1,500V(架空電車線方式)
主電動機三相かご形交流誘導電動機(出力140kw)
駆動装置TD平行カルダン駆動
歯車比97:16=6.06
制御装置IGBT素子VVVFインバータ制御
台車軸梁式ボルスタレス台車
制動方式
  • 回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキ・純電気ブレーキ
  • 抑速ブレーキ
  • 直通予備ブレーキ
  • 耐雪ブレーキ
保安装置
  • ATS-Sn(0番台・2000番台・3000番台・5000番台・8000番台)
  • ATS-P(0番台・3000番台・5000番台・6000番台・7000番台・8000番台)
  • D-ATC(1000番台・6000番台)
  • ATC-10(2000番台)
  • D-ATS-P(2000番台)
  • ATC-6(7000番台)
製造メーカー
  • 東急車輛製造
  • 川崎重工業
  • 新津車両製作所
  • J-TREC総合車両製作所(横浜事業所および新津事業所)


番台別

番台主な投入線区営業最高速度加速度減速度ドアエンジンVVVFのメーカー車内案内表示装置車内照明
0番台中央快速線100km/h3km/h/s5km/h/s電気スクリュー三菱LCD15インチ2画面(三菱)蛍光灯
1000番台京浜東北線95km/h2.5km/h/s5km/h/s電気スクリュー三菱LCD17インチワイド 2画面(三菱)蛍光灯
2000番台常磐緩行線90km/h(常磐緩行線)・100㎞/h(小田急線)3.3km/h/s4.7km/h/sリニアモーター駆動三菱LCD17インチワイド 2画面(日立)蛍光灯
3000番台東海道線120km/h2.3km/h/s4.2km/h/sリニアモーター駆動日立LEDスクロール蛍光灯
5000番台京葉線110km/h(外房・内房線)100㎞/h(京葉線)2.5km/h/s4.2km/h/sリニアモーター駆動三菱LCD17インチワイド 2画面(日立)蛍光灯
7000番台埼京線100km/h2.5km/h/s5km/h/sリニアモーター駆動三菱LCD17インチワイド 2画面(三菱)LED
6000番台横浜線95km/h2.5km/h/s5km/h/sリニアモーター駆動三菱LCD17インチワイド 2画面(日立)LED
8000番台南武線95km/h3km/h/s4.2km/h/s電気スクリュー三菱LCD17インチワイド 2画面(日立)LED


概要

老朽化・陳腐化し始めた首都圏の201系205系211系の置き換え用として、2006年から投入されたE231系の改良型。前面形状のほか、フルカラーLEDが前面・側面の案内表示に用いられているなどの変化がある。車体構造はJR福知山線脱線事故を踏まえて、軽量ステンレスを使用しつつも強度を向上させている。
先述の通り、首都圏を走る国鉄形車両の多くを置き換えるためにかつての103系を彷彿とさせる勢いで様々な路線に増備が進み、現在首都圏では最も両数が多い。現在103系の製造記録を破る可能性のある車両はこの系列だけである(ただし、すでに次世代のE235系導入は決定しており、2015年度以降のE233系の新規路線の投入発表がなく、記録更新は微妙な情勢となっている。但し、現在E231系0番台が担当している、常磐快速線の取手以南の直流区間のみを走る列車にもグリーン車を連結するのであれば、当然本系列が増備されるであろうから、可能性は0ではない)。
配備される線区が増える度に新番台が増える。その為E231系以上にナンバーのインフレが進行中。もっとも分かりやすさではこちらの方が断然上だが。もう既に使える(未使用)番号は4と9しか残っていない。しかし、国鉄時代から9は試作車、4は忌み番とされているので、番台区分が5桁になるかもしれない。

0番台

JR東日本 中央線


201系を置き換えるため、中央線中央快速線)に2006年12月から投入が開始された。豊田車両センターに10両貫通のT編成42本と4両+6両分割のH編成16本、青梅線五日市線用の6両編成12本、4両編成9本(全688両)が所属している。
他線区のE233系とは前面帯の配置が異なり、先に投入された常磐線向けE531系に似ている。
2020年度をめどに、グリーン車の導入が決定している。

1000番台

E233系1000番台


京浜東北根岸線用に2007年12月より投入開始、酷使により老朽化していた209系を置き換えた。さいたま車両センター(旧・浦和電車区)に10両編成83本(全830両)が所属している。現在は同線全列車がこの車両により運行されている。なお、当初は6扉車も計画されていたが、実現はしなかった。

2000番台

E233系2000番台


203系207系を置き換えるため、常磐緩行線東京メトロ千代田線直通)に2009年9月より投入開始。松戸車両センターに10両編成18本(全180両)が所属。別項目で詳説。

3000番台

RailSim E233系


東海道本線宇都宮線高崎線およびその3線間直通運転で運用中。

211系の置き換えを目的に増備され、合計基本(10両)33編成と付属(5両)32編成(全490両)が配置。2012年に東海道線の211系は全車定期運用を離脱した。その後宇都宮線上野口及び高崎線からも離脱し、埼玉県内からは(大宮への検査入場を除いて)撤退した。現在は両毛線及び2016年春から復活した宇都宮線乗り入れ運用で活躍中。

最初の各2編成は国府津車両センター所属のE編成であるが、以後の増備編成各14本づつは田町車両センター所属のNT編成である。これは、当時建設中であった東北縦貫線こと上野東京ライン【上野~東京間】の急勾配に211系がMT比の関係上から非常対応できない上に211系自体老朽化が始まったからである。後に田町車両センターの廃止で国府津へ移籍し、E編成に統合された。
その後引き続き高崎車両センターの211系を置き換えるべく基本17本と付属16本が製造され、宇都宮線の上野口運用全部と高崎線の大半の運用を置き換えた。

なお国府津車両センター所属のE233系の走行範囲は、東京から熱海までの区間で、分割併合がある運用やJR東海乗り入れ運用には使われなかったが、2014年3月のダイヤ改正でJR東海区間に乗り入れるようになった。

2015年3月14日のダイヤ改正から、上野東京ライン湘南新宿ラインでも運用を開始した。

5000番台

京葉線E233系5000番台


京葉線において2010年7月1日から運用を開始。同線の201系205系を置き換えた。
0番台同様10両貫通編成20本と4両+6両分割編成4本の合計24本240両が所属し、編成記号501からが10両貫通編成、551とF51からが4両+6両分割編成となる。

7000番台

おさがりください!最強(埼京)です!!ご注意ください!


埼京線川越線と乗り入れ先の東京臨海高速鉄道りんかい線向けの車両で、番台区分は7000番台となり、川越車両センターに配置されている。本番台区分(31編成310両)の投入により、同線で運用されている205系を順次置き換え、2014年2月末に予定の31編成の投入が完了した。なおATACS改造が予定されており、その関係で205系1本が当座の予備として残されている。
拡幅車体で定員が205系より約1割増加するため、6扉車は連結しない。

6000番台

【祝!】横浜線 E233系導入決定!


2014年2月16日から8月にかけて投入された横浜線向け車両。こちらも同線の205系の置き換え用。当初より投入が前倒しされ、8両28編成224両が投入された。
この番台では、先頭車正面と側面帯に「YOKOHAMA LINE」のロゴが、編成毎に横浜線・根岸線各駅の駅スタンプが先頭車側面に貼り付けられた。
横浜線用205系にも6扉車が連結されていたが、こちらも拡幅車体による定員増加のためE233系では連結されない。

8000番台

【鉄道】南武線E233系デビューおめ+100投稿記念!


2014年10月4日から南武線に投入された本系列ラストナンバーとなる予定の車両。205・209系の置き換え用。6両35編成210両が投入された。
この番台では6000番台に続き先頭車側面帯に「NAMBU LINE」のロゴが、先頭車側面ににシンボルマークが貼り付けられた。

E233系をベースとしたJR以外の車両

小田急電鉄4000形(2代)

小田急小田原線・江ノ島線・多摩線


東京メトロ千代田線直通に対応するため裾絞りはない。また、表面はすべてダルフィニッシュ(梨地)仕上げ(ステンレス光沢を抑えた仕上げ)としている。

相模鉄道11000系

鉄道の日記念~相鉄11000系(修正ver.


将来のJR直通用として製造された。前面部分など細かい点を除けばE233系0番台とほぼ同一である。

東京都交通局10-300形(3次車以降)

とある交通局の大妖精


都営新宿線向けに10-000形10-300R形の置き換え用として新造。
裾絞りはない。レールの幅が異なる点を除けばE233系2000番台とほぼ同一。
(ただし、台車と主電動機については従来の10-300形同様E231系と同型のものを使用している。歯車比も同様に7.07である。)

関連タグ

201系 203系 205系 209系
一般形電車 E217系 E231系 E235系
無人在来線爆弾

pixivに投稿された作品 pixivで「E233系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 563664

コメント