ピクシブ百科事典

E3系

いーすりーけい

JR東日本の新幹線直行特急用電車。
目次[非表示]

鉄道車両の形式の一つ。

JR東日本 E3系新幹線電車

JR東日本が設計・製造した新幹線直行特急用の電車1997年3月秋田新幹線こまち」として運用開始。1999年12月には山形新幹線つばさ」の新庄駅延伸開業対応で1000番台が、2008年には山形新幹線400系の置き換え用として2000番台がそれぞれ増備された。こまち用R編成は6両編成、つばさ用L編成は7両編成。
普通の新幹線車両より車体幅が小さいことにより東北新幹線区間ではホームとの間に隙間ができることからドア下に可動ステップを装備されている。

400系撤退後はJR東日本を走るミニ新幹線(新幹線直行特急)の全営業列車が本系列で運行されていたが、後継車両となるE6系が開発され、2014年3月には「こまち」の全運用をE6系に明け渡した。

基本仕様については「E2系のミニ新幹線対応版」と考えて差し支えない。制御装置や主電動機などの電気部品はE2系に近いものを使用している。このためE2系との併結時は性能の調整などは特に行っていない。座席はとれいゆ現美新幹線を除いてグリーン車・普通車共に4列配置となっている。

番台別区分

0番台

秋田新幹線向けに製造されたグループ。
車体は白をベースとし、灰色とピンクで塗装されており、また前面はブラックフェイスとなっている。・・・白・灰色・ピンク、そして前面に黒いアクセント・・・?なんかどっかの大乱闘ゲームで、スピード狂のアイツのカラーチェンジにこんなカラーリングがあったような・・・。

Thank you Series E3 Formation R1
秋田新幹線「こまち」


また、試作車と量産車は前面形状(特に灯火具)に差がある。
量産車は時にTGVユーロスターに似ていると言われるような、横長のコンビランプを採用しているが、試作車は400系のように前面上部に4灯の前照灯と標識灯を配置し、また前面中央部にも前照灯を設けている。
普通車のうち自由席車のシートピッチは910mm(国鉄特急形の普通席と同じ数値)と、かなり詰めた仕様となっている。2002年12月にこまちが全席指定となってもシートピッチは変わらなかった。
長時間走行する上に車両が小さいことから、ゴミ箱には圧縮機能がついている。
5両編成でデビューしたが、利用客の増加に伴い1年もしないうちに6両化されている。

秋田新幹線開業当初に配備された初期車(R1~R16編成)は400系と同様にJRではない会社(秋田新幹線車両保有(株))が、後期車(R17~R26編成)及び初期車の増結車はJR東日本が所有していたが、2010年にJR東日本に譲渡されすべてJR東日本の所属となった。
初期車はワイパーが1本 後期車は2本となっている。

0番代は秋田新幹線運用が終了し、このうち後期製造分の0番台4編成が山形新幹線向け1000番台2編成へ改造されたほか、0番台2編成が観光列車に改造(⇒700番台)。0番台2編成(R21 R22編成)がこまちのロゴを消したうえで東北新幹線内でE5系の増結用として「やまびこ」「なすの」で運用されている。
最高速度は275km/h。

1000番台

山形新幹線用の車両。1999年の山形新幹線新庄延伸開業時と2005年に投入。その後、寿命となった1999年製造分の代替に0番台後期製造分の編成が、改造により1000番台へ編入されている。登場時、車体は銀メタリックだった400系とは違い、車体上部を白、下部を銀、境界線部分に緑の帯が配され、このカラーリングは後に400系にも施された。現在の塗装は後述。

最高速度は当初400系と同じ240km/hに抑えられていたが、後述の2000番台により400系が置き換えられたのと東北新幹線での併結相手がE4系からE2系に置換えられたことで最高速度が275km/hに引き上げられた。
400系や0番台と異なりこちらは配備当初からJR東日本の所属である。

2000番台

1000番台と同じく山形新幹線用の車両。老朽化した400系の置き換えのために投入された。
1000番台との主な違いは、

  • 灯火具の形状の変更
  • 自由席車のシートピッチを(流石に不評だったのか)910mmから980mmに拡大
  • 最高速度を275km/hに引き上げ
  • アクティブ・サスペンション(11・17号車はフルアクティブサスペンション、その他の車両はセミアクティブサスペンション)の追加
  • 座席にPC電源用コンセントを追加 テーブルサイズの拡大
  • 空気清浄機の搭載
が挙げられる。

1000番台・2000番台の塗装変更

山形県知事の吉村美栄子の強い要望により、山形新幹線用のL編成(1000番台、2000番台)を紫を基調とした塗装(メイン画像)に順次変更がされている。新たなデザインは山形県出身の工業デザイナー奥村清行が担当している。しかし、紫を基調にしたド派手なデザイン、とれいゆが従来のつばさの塗装である緑を基調とした落ち着いたデザインから、ファンの間では「とれいゆと塗装を交換しろ」という声が上がっていたり。

700番台

秋田新幹線で運用されていた6両編成の0番台のうち、ジョイフルトレインに改造された編成。
改造種車は「とれいゆ」がR18編成、「現美新幹線」がR19編成。

詳細はとれいゆ現美新幹線の記事を参照

関連企画

秋田新幹線「こまち」十五周年誕生祭

【企画】秋田新幹線「こまち」十五周年誕生祭



関連イラスト

0番台

【20100322】秋田新幹線こまち、13歳
こまち


1000番台(左) 2000番台(右)いずれも旧塗装

伸びる"つばさ"が地域を拓く
山形新幹線つばさ



関連タグ

200系 400系 E1系 E2系 E4系 E5系 E6系 E7系
東北新幹線 やまびこ なすの
秋田新幹線 こまち
山形新幹線 つばさ とれいゆ
上越新幹線 現美新幹線

pixivに投稿された作品 pixivで「E3系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131404

コメント