ピクシブ百科事典

ED79

いーでぃーななじゅうきゅう

JRの交流電気機関車。急こう配・多湿の青函トンネル内を走行するための専用機として製造された。
目次[非表示]

概要

1985年に日本国有鉄道(国鉄)がED75 700番代から改造、もしくは1989年にJR貨物が新造した、1988年に開業した青函トンネル用として使用していた電気機関車である。JR北海道JR貨物が所有していた。

国鉄→JR北海道

急こう配・高速運用・高温多湿など特殊な環境である青函トンネルを通る特急電車以外の貨物、客車列車の牽引を目的として、当初はED75 700番代から改造され、元来牽引力ともども余裕のあるギア比をEF65同様の高速向けに振り向けED75 700後期製造車を改造・サイリスタ位相制御・回生ブレーキ装備、新幹線同等のATC搭載とした車両が基本番台(0番台)、貨物重連用にED75 700初期製造車のギア比のみを改造した単機自走不可能である補機の100番台とが存在した。JR化の際には全車JR北海道所属となった。

JR貨物

ED79 57


JR貨物所属車は50番台で、これは全車0番代同等仕様で新造されており、青函トンネル開業後の1989年にまとめて製造されている。初期製造の51~54号機までは当時のJR貨物標準色である車体上部が青の濃淡のツートン・下半分が極めて白に近いライトパープルであったが、55~60号機は製造時は台枠部分にに青帯が追加された。後の初回全般検査で全車初期製造車同様に統一された。

結果、EF60以降の電気機関車としては珍しい「新造車と他形式からの改造編入車が混在する」形式となった(先行の試作機だけが別形式だったEF66ED77ED78は除く)。同様の形式にEF61があるが、こちらは新造車と編入車では用途がはっきり分かれており(前者は旅客、荷物用、後者は瀬野八の補機用)、ほぼ同一の区間を走行する目的で作られた形式としてはこれが唯一である。

運用

当初は全車JR北海道所属だったことから、貨物列車もJR北海道が担当していたが、その後の貨物用ED79やEH500の投入で、貨物運用は基本的になくなり、また旅客列車も快速「海峡」や夜行列車の廃止などもあって、100番台が早くも消滅、50番台はすでに2015年2月に後継機のEH800に置き換え、もはや時代遅れである直流モーター車ゆえ転用先もなく廃車。
0番台は2016年の北海道新幹線開業時まで残った旅客運用のカシオペアはまなすの牽引機として活躍。列車廃止後は転用先もなく廃車となる。ここに50年以上続いたED75タイプの現役定期運用が消滅した。

余談

青函トンネル用機関車としてJR北海道はED76型500番台の一両を内部機器の大半を撤去しED79と同等の機器・性能に大改造の上、ED76 551として使用していた(既に廃車済)。
またJR貨物のED79の廃車については、青函トンネル北海道新幹線と共用となることで、電圧が現在の交流20000ボルトから25000ボルトに変更されるために、共用部分での走行が不可能となることが影響している。このため共用部分も走行できるEH800型機関車が開発された。

関連タグ

JR北海道 JR貨物 はまなす 海峡 電気機関車
カシオペア(列車) トワイライトエクスプレス 北斗星 日本海(列車)
青函トンネル EH800 ED75

pixivに投稿された作品 pixivで「ED79」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22356

コメント