ピクシブ百科事典

EF55

いーえふごじゅうご

鉄道省(日本国有鉄道の前身)が製造した直流区間用電気機関車。流線型の車体が特徴。
目次[非表示]

概要

鉄道省が昭和11年に3両製造した直流電化区間用電気機関車で、流線型の前後非対称の鋼体が特徴。鉄道省が製造を発注し、下記の企業が各1両ずつ製造して計3両製造された。


pixiv内投稿イラストでは当該車両を描いたイラストが大半を占め擬人化イラストは少数派。

歴史背景

製造当時は流線型がはやっていた時代で、EF55もそれに乗ったデザインとなっており、流線型の美しい形を損なわないために当時の先端技術であった電気溶接を駆使して製造されている。国内の電気機関車としては珍しく前位側(流線型のほう)と第2エンド側(切妻のほう)の形状も車輪配置も前後非対称(前位側は先輪が二軸だが、第2エンド側は先輪が一軸)となっている。また、第2エンド側の運転台は前位側と異なり、製造当初は構内運転に使う程度しか考慮しておらず本線上では実質的に片運転台型の機関車だった。

国鉄時代に入ってから・・・

整備や運用が大変ということで格納式であった前位側の連結器が固定式にされ、前位側スカートの撤去、第2エンド側の運転台の本線使用の対応改造などがされた。
その後、昭和30年代半ばからは廃車が進み3号機はED30形の部品取りにされた後解体、2号機も解体。1号機は中央鉄道学園の教習用として使われた。

復活・永久保存へ・・・

昭和53年に準鉄道記念物に指定され、既に撤去されていたスカートや連結器カバーを復元、昭和60年に機関車展示会において機関区有志の手により構内運転が可能な状態にまで整備された。翌年(昭和61)には本線走行可能な状態まで復元されて車籍も復活、その後イベント列車の牽引用として活躍した。その後車籍を残したまま静態保存されていたが、将来的な予定として発っていた永久保存をすべく動態運転引退から約9年後の2015年1月23日深夜にEF64牽引で高崎から大宮に輸送され、そして1月26日に正式に鉄道博物館での展示が決定。大宮総合車両センターで整備され、4月12日から鉄道博物館ヒストリーゾーンの転車台上に展示されている。また、毎日12時と15時の転車台回転時には汽笛を鳴らしている。
ちなみに、戦時中に機銃掃射を受けた跡(運転台の上の辺り)を残す太平洋戦争の生き証人でもある。

関連タグ

電気機関車 鉄道省 国鉄

あだ名関連のタグ

ムーミン
カバ ・・・昔のあだ名

pixivに投稿された作品 pixivで「EF55」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6911

コメント