ピクシブ百科事典

EVA弐号機

えゔぁにごうき

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の兵器、EVAシリーズのうちの一つ。EVAの量産を前提として作られたいわば先行量産機。赤い機体色と四眼が特徴。
目次[非表示]

なお、Pixivでは単に弐号機というタグで登録されているケースの方が多い。

TV・旧劇場版・漫画版

弐



NERVドイツ第3支部で組み立てられた。
搭乗者は惣流・アスカ・ラングレー、第弐拾四話のみ渚カヲル
コア(魂)はアスカの母親である惣流・キョウコ・ツェッペリン
第弐拾四話では、コアが心を閉ざしていたためカヲルが操ることができた。
エヴァシリーズ3号機以降の先駆けとして開発された正式量産タイプの壱号機。以後のエヴァシリーズの規格はこの弐号機をベースとすることとなる。

旧劇場版では9機のEVA量産機を相手に大立ち回りを演じるも、活動限界を迎えて停止、
直後に再生・復活した量産機達によってアスカを乗せたまま捕食されてしまう。

メインの搭乗者はアスカだが、ゲーム版や漫画版では、シンジやカヲルが単独で搭乗しての実戦も描かれた。

新劇場版(2号機

人造人間エヴァンゲリオン 正規実用型 2号機
闘争本能全開
EVA2号機獣化第2形態(ビーストモード)


ヱヴァンゲリヲン新劇場版におけるEVA弐号機。
名称が「2号機」に改められた他、頭部に短い角が追加され、カラーリングが変更された。
搭乗者は式波・アスカ・ラングレー真希波・マリ・イラストリアス
第10の使徒戦の際に裏コード「ザ・ビースト」が発動し、獣化第2形態に移行した。
さらに「Q」ではアスカが「コード777(トリプルセブン)」を発動。
牙が鋭く変化して上顎と比べて下顎の犬歯がサーベルタイガーよろしく大きく伸び、四肢の関節変型や尻尾が生えるなど、ネコ科のような特徴が随所に出されたより獣らしい姿に変身できるようになっている。
バトルスタイルにおいても荒々しいところが目立つ「ザ・ビースト」とは打って変わって敵の首周りに飛びつき、襟巻きのように巻き付いて後ろから喉笛を食い破るなどネコ科に近い身体のしなやかさや俊敏さを利用したものになっている。
ちなみに同作中で最も損傷した機体であり、その度に不正規外部補修パーツによってツギハギされていた。
最後はMark.09を巻き込んで自爆・大破。残骸はEVA8号機の修復に使われた。

エヴァンゲリオンANIMA

エヴァンゲリオン弐号機Ⅱ式
エヴァンゲリオン弐号機二式アレゴリカ(頭部下書き)
弐号機II式弐号機II式・アレゴリカ


TV・旧劇場版と同じEVA弐号機。
原作の3年後のif世界を描いた本作では、様々なバリエーション機が登場する。

  • 弐号機F型
  • 弐号機II式
  • 弐号機II式・アレゴリカ
  • EUROII・ウルトビーズ (ヨーロッパ製EVA。搭乗者は洞木ヒカリ
  • アスカエヴァ統合体

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン ヱヴァンゲリヲン新劇場版
惣流・アスカ・ラングレー 渚カヲル 真希波・マリ・イラストリアス 洞木ヒカリ
表記揺れ:エヴァ弐号機 弐号機  エヴァンゲリオン弐号機 EVA2号機 エヴァ2号機 エヴァンゲリオン2号機 2号機

pixivに投稿された作品 pixivで「EVA弐号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 444321

コメント