ピクシブ百科事典

F/A-18

えふえーじゅうはち

アメリカのマクドネル・ダグラス社が開発した戦闘攻撃機。
目次[非表示]

概要

愛称は「ホーネット(=スズメバチ)」。
元々はF-15の数を補う戦闘機を開発する空軍の計画、LWF(軽戦闘機計画)で「F-17」(メーカー名称:P-530「コブラ」)として提案したが、不採用。あちこち手直しして今度は海軍の計画に応募し、こちらは見事に採用となる。アメリカ海軍以外にも多くの採用国がある。

なお、アメリカの軍用機命名規則では記号の使用を禁じており、正式には「FA-18」である。

機体解説

あゆみ

元はアメリカ空軍のコンペティション。
ノースロップ社はF-5が海外的な成功を収めたが、国内では採用を勝ち取れずに失敗したことを反省し、今度は更に近代的な構成を試みた。『小型・軽量で扱いやすい戦闘機』という主眼はそのままに、最新式レーダーを搭載し、更に最新の空力設計(ブレンデッドウィングボディ)も取り入れたのだ。

こうして空軍のLWF(軽戦闘機計画)向けに完成したのがYF-17だったのだが、短い航続距離に加えて実績の無い開発中のエンジンを使用していた事、更にF-16のコックピット形状による視界の良さがパイロット達に好印象だったことがあって、ジェネラル・ダイナミクスのYF-16が制式化されてしまう。

一方その頃、YF-17は双発式の新型艦載機を欲していたアメリカ海軍に着目され、これを艦上運用むけに改修した上で採用する。その後、電子機器の発展で戦闘機にも攻撃機にも使える見込みが立った為、この2種類を統合して戦闘攻撃機という新しいカテゴリを生み出す事になった。この『同じ機体で様々な任務に対応させる』という考えは冷戦後の軍事事情にも合致し、ヨーロッパにも多用途化の風を吹かせる事になる。実際にミラージュ2000Su-27はその後に改修で対応し、タイフーンラファールでは設計から対応する事になった。

なお、ノースロップ社には艦上戦闘機の開発経験が無かった為、海軍はやむなく主契約社をマクドネル・ダグラス社に変更、ノースロップ社はその下請けに甘んじるという結果になった。ノースロップで最後に制式採用を勝ち取った戦闘機は、お株を奪われてしまったのだった。

これまでに正式採用されたノースロップ社製の戦闘機

P-61ブラックウィドー
F-89スコーピオン
F-5タイガーⅡアグレッサー機として採用)
以上の3機種のみであり、社運をかけて競作に挑んだことを窺わせる。

スタイル

スレンダーなボディに双発のエンジンを載せた特徴的なシルエットにはファンも多い。
艦載機として空母に搭載される他、アメリカ以外の採用国では地上運用もされている。

再設計型のF/A-18E/Fでは機体のサイズが従来よりも大型化している為、本来の戦闘攻撃機としての能力を拡張する以外にもEA-6Bを代替する電子戦機型のEA-18Gも製造されている。勿論、KA-6Dの任務も代替している為、バディポッドを搭載する空中給油機にまで使い回せる。正に万能航空機である。

活躍など

ハリウッド映画インデペンデンス・デイ』では反攻の狼煙を上げる米軍の主力機として、「エイリアン共をファック」していた。
また、同じくハリウッド映画である『GODZILLA』(1998年度版)では、F/A-18の放ったハープーンミサイルがハリウッド版ゴジラを撃破している。
ゲームエースコンバット』シリーズでは、毎回大規模な対地(対艦)攻撃作戦が展開される直前のあたりで長距離対地対艦ミサイルと共に使用可能になる為、お世話になったプレイヤーも多い事だろう。

バリエーション

F/A-18E/Fスーパーホーネットの配備によって在来型となった下記のバリエーションは非公式にレガシーホーネットの呼称が与えられている。

  • F/A-18A/B
本機の初期型。C/Dと比べ、垂直尾翼のフェアリングの数や胴体上部のアンテナなどが異なる。(後にA+としてアップグレードされた機体がある。こちらはCに応じて改造されている為、尾翼のみが異なる。)
  • F/A-18C/D
A/Bのアップグレード型。上記に比べ、様々な違いが見とれる。(D型の一部にはATARSが取り付けられている)

F/A-18E/Fスーパーホーネット

再設計機。
詳しくは→F/A-18E/Fの記事へ。

EA-18Gグロウラー

上記のF型の派生型。
詳しくは→EA-18Gの記事へ。

アドバンスド・スーパーホーネット

上記のE型の派生型。
発表当初は「発展型F/A-18 インターナショナル・ロードマップ」と呼ばれていた。
外見は機体背部のコンフォーマルタンクや外装式のウェポンポッドが特徴。
それらによって更にステルス性が向上しており、空気抵抗が軽減した事により航続距離も向上している。
機首下には新たにIRSTが、コクピット後方にはミサイル警戒用センサーが増設されており、コックピット内部はF-35のような統合タッチパネル大型液晶に変更され、エンジンもGE-F414EPEに換装されて従来型より20%推力が向上している。
国際共同開発仕様となっており、装備をユーザーのニーズに応じて開発する方針となっている。
非公式で「サイレントホーネット」と呼ばれている。

採用国

  • アメリカ海軍:仕様機種:F/A-18A~F


  • アメリカ海兵隊:仕様機種:F/A-18A~D

  • カナダ統合軍:仕様機種:F/A-18A/B(CF-188/CF-18)

  • オーストラリア空軍:仕様機種:F/A-18A/B(AF-18A/B)

  • スペイン空軍:仕様機種:F/A-18A/B(C.15&CE.15)

  • クウェート空軍:仕様機種:F/A-18C/D(KAF-18C/D)

  • スイス空軍:仕様機種:F/A-18C/D

  • フィンランド空軍:仕様機種:F/A-18C/D

性能諸元

F/A-18A/B/C/D

全長17.07 m
全高4.66 m
全幅11.43 m
翼面積37.2m
重量12,973 kg(C/Dは10,810 kg)
最大離陸重量21,888 kg(C/Dは23,542 kg)
搭載エンジンF404-GE-400(C/Dは402)
乗員A/C.1名/B/D.2名

関連タグ

戦闘機 攻撃機 戦闘攻撃機 
アメリカ合衆国 アメリカ海軍
F-4F-14A-6A-7:主だった前任機。湾岸戦争まで活躍。
A-1:前任の前任。愛称「スカイレイダー」。朝鮮戦争からベトナム戦争末期まで活躍したレシプロ機。戦闘機、攻撃機、爆撃機、雷撃機とまさに万能機と呼べる活躍をした。また、ジェット戦闘機を2機撃墜した記録もある。

pixivに投稿された作品 pixivで「F/A-18」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159661

コメント