ピクシブ百科事典

Gキャノン・マグナ

じーきゃのんまぐな

F71BGキャノン・マグナは機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91に登場したアナハイム・エレクトロニクス社の試作MS。
目次[非表示]

概要

アナハイム・エレクトロニクスがシルエット・フォーミュラ・プロジェクト(SFP)に於いて開発したAE社製Gキャノンの改良型。
機体のカラーリングは一年戦争時に活躍したガンキャノンに近い赤を主体とした物となっている。
主なパイロットはカール・シュビッツ。月の裏側にあるゼブラゾーンにて、シルエットガンダムなどと共にテスト運用された。

本機は当時、モビルスーツの基本設計や開発の主権をサナリィに奪われていたアナハイムがクライアントである地球連邦軍に対しての技術的なアピールの一環として開発したとも言われ、非合法にサナリィより入手したデータを元にアナハイム独自の技術が投入されている。
主な改良点として、サナリィから新たに入手したデータを基に開発した新型の小型熱核反応炉が搭載されている点が挙げられ、肩部ビームキャノンに関してもヴェスバーのノウハウが活かされており、通常型のGキャノンと比べて格段に性能を向上させている。
肩部ビーム・キャノン以外の武装はGキャノンと共通。設計上ダブルビームガンにヘビーガンのシールドをマウント可能と思われるが、詳細は不明。

専用武装

ビームキャノン

両肩に搭載された本機のメインウェポン。新型の小型熱核反応炉の搭載によるメガ粒子の可変速制御・集束距離の高速変換が可能であり、ヴェスバーに近い機能を有する。非使用時には背部に移動させる事もできる。

バリエーション

Gキャノンスーパーデストロイ

本機の強化火力支援タイプ。

関連項目

機動戦士ガンダムF91 シルエットフォーミュラ91
ガンキャノン

pixivに投稿された作品 pixivで「Gキャノン・マグナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4790

コメント